1
/
5

コロナ禍の中、私が業界最大手企業を辞めてまでArinosを選んだ理由

初めまして。Arinos BusinessDrive事業部の榊理宏です。

いつか素敵なシックスパックを手に入れるためジムに通いつつ、今日もウーバーイーツで二郎系ラーメンを注文する、そんな矛盾した28歳です。

Arinosに入社した理由は、常に「真の顧客主義」を追求している会社だからです!

新卒入社した業界最大手の信用調査会社

就活時、「会社の看板ではなく自身の力で勝負したい」「経営者と仕事がしたい」「仕事を通して様々な業界知識を得たい」といった軸で会社を探す中、出会った会社が、新卒入社した業界最大手の信用調査会社でした。

入社後は本社の業務推進部門で営業事務に4年間従事し、その後希望していた調査部へ異動となりました。

調査部では、毎日複数の経営者に対し、事業内容や財務状況を取材する中で、ヒアリング力や文章作成力、多岐に渡る業界知識など、得られたものは非常に多かったと感じます。

◆コロナ禍で変わった自身のキャリア感

調査部での仕事にも慣れてきた頃、直撃したのが新型コロナウイルスの感染拡大でした。
仕事はリモートワーク、外出は原則禁止となり、通常業務そのものが困難となったことで、自身のキャリアを考える時間が大きく増えました。

「会社の看板で仕事をしていないか?」
「自身が本当にしたい仕事は何か?」
「もっと成長できる場所ないか?」

考えれば考えるほど気持ちは大きくなり、出てきた答えが、以前から興味のあったコンサルタントへの転職でした。

◆Arinosとの出会い

転職活動では外資から内資まで、様々なコンサルティング会社と面談を重ね、内定もいくつか頂戴していました。そんな時、知り合いに転職の相談をしたところ、Arinosを紹介してもらいました。

その後、弊社の役員との面談を通じ、「真の顧客主義」に対する熱い想いをお話しいただきました。

顧客以上に顧客の事業について考え抜き、社長をはじめ、そこで働く人々やその家族に至るまで思考を巡らすこと。常にベストな提案を追求し、パートナーとして伴走支援すること。お話を伺う中で、ここしかない!と即断し、入社を決めました。

周りからは、流石にフットワークが軽すぎると言われましたが、今ではこの選択で良かったと実感しています!

◆Arinosでの仕事

現在、顧客の既存業務のシステム化と業務フロー構築の案件に従事しています。
周りの方に頼りっぱなしで、自身の力不足を実感する毎日ですが、日々着実に成長している実感があります。

四六時中、顧客の元で働く方々の顔を想像しながら、
「この提案はお客様にとってベストか?」
「Arinosとして、もっと良い提案はないか?」
「その提案を実現するためにはどうすればよいか?」

こんな事を考えつつ、日々全力で仕事に打ち込んでおります。
現代は何かと不安定で、コロナ禍でさらに厳しい情勢下にあります。

個のスキルを磨き、生き抜いてゆく為にも、弊社で真の顧客主義の追求しながら、一緒に成長していきませんか?

株式会社Arinosでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう