1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【人材業界出身の私が、Arinosでコンサルティング業界に飛び込んだ理由】

こんにちは!コンサルティング事業部の淀川です。

この5月にArinosに入社した、社会人3年目。北海道出身です。

前職では約2年間、とある人材系企業で求人サイトの営業を行っていました。

昔から好きなことに没頭しやすい性格で、

週末は好きな映画や漫画にまつわるスポットや歴史について調べ、思いを馳せています。

(中学生の頃から、土方歳三さんに首ったけです笑)

そんな私のこれまでの経歴や、Arinosへ入社した経緯について紹介していきたいと思います!

■自分を変えたい、だから私は家を出る

好き嫌いで物事への取り組み方が大きく変わる性格だった私。

「大好きな日本史の授業ではニコニコしながら教科書に出てくる人物名をマーキング」

「苦手な数学はいつも憂鬱&赤点ぎりぎり…」 というような学生生活を過ごしていました。

「大好きな近現代史を学びたい!」と文系大学に進学した後は

ひたすら関心のある分野を学んでいました。

しかし、就活をすすめる中で

「一人前になってお世話になった人にその姿を見せたい」

「苦手なことを避けてしまう性格を変えたい」

「自分の関わる人に役に立つ人になりたい」という思いが芽生え、

(逃げ道を断つために)地元を離れ東京で働くことを決意。

「一人前」という状態をイメージした際に、自分に足りない「世の中の仕組みにまつわる知識」

「どんな状況下においても食いっぱぐれないスキル」を習得できる会社を探した結果、

様々な業界の企業にサービスを提供している点や社員の方々の考え方に魅力を感じ

前職(人材系企業)への入社を決めました。

■酸いも甘いもたくさんの経験を得た2年間

入社後は、中途求人情報サイトの営業として、探客~提案~掲載原稿のコンセプト作成~掲載中のサポートという一連の業務を担当しました。

(特に1年目は)辛いな…と思うことも多々ありましたが、素敵な先輩・同僚やお客様に恵まれたおかげで、仕事へのスタンスや業界知識など様々なスキルを身に着けることができました。

2年目以降からは、自身が考案したコンセプトをもとに作成した原稿によって採用が成功した際など、

お客様から「ありがとう」と仰っていただける機会が増え、仕事の楽しさを知りました。

■転職しようと思ったきっかけ

「お客様の状況に応じて提案を行うこと」「提案の結果、お客様の求める人を採用できたこと」に

やりがいを感じていた私。

一方で、採用以外の場面でその会社にかかわる機会がなく、「本当に役に立てているか」に

疑問を感じるように。

「このまま同じ仕事を10年続けたとしても、人材業界以外で働くスキルが身につくのか…」と

いう思いから、転職を考えました。

■なぜArinosだったか

「どんな状況下においても食いっぱぐれないスキル」を改めて考えた結果、

「仮説思考力」「課題解決能力」がそのスキルのうちの一つではという結論に。

そして、それらのスキルを磨ける仕事をしよう!とザックリとした軸を元に、転職活動を行いました。

そんな中で出会ったのがArinosです。

正直、コンサルティング業界に対してあまりいいイメージをもっておらず、

「なんかやたら横文字で会話して、ドライな人が多くて、弱肉強食なんじゃないか…?」と

とても失礼なことを思いながらも、面接を受けることに。

しかし、面接を進める中で、業界に関することやArinosのコンサルティングの特徴、

社員の方々のスタンスを伺い

「この会社だったら、食いっぱぐれないスキルを身に着けられる」と思い、入社を決意。

結果、入社してみてどうだったかというと……

【Arinosに入社して、よかった~~~~~~~~!!!!!】 と実感する毎日です。

日々の業務の中で、コンサルタントとしての基礎を身に着けられているのは勿論、

スキル習得には必要だと考えている「自ら考え動く機会」「議論する機会」が非常に多く

Arinosでコンサルタントとしての第一歩を踏めてよかったと感じています。


「変わりたい」「こんな風になりたい」そんな思いを抱えている方には、

ぜひ一度Arinosを覗いてほしいです。お会いできるのを楽しみにしております。

株式会社Arinosでは一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう