1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【将来の夢?素敵な女性になること!!!な私がArinosを選んだ理由】

はじめまして。Arinosで人事をしています、鈴木美穂と申します。

ありふれた名前なのですが、名字から名前まで一発変換ができる名前ですので、皆様のお手間を取らせず名前を打つことができます。それが故に何かあったらいつでも相談いただけるような存在になりたいと思います!!

★人材業界を選び、今の私を創った1社目

私はArinosで3社目になるのですが、それまでの1社目、2社目は人材業界で営業として勤務しておりました。就職活動を始めた大学3年生の冬、私には「こんな仕事がしたい!」というものは全くなく、大学卒業したら働かなきゃいけないし、自分で生計を立てないとだからとりあえず正社員になろう!という気持ちで就職活動を始めたことを覚えています。

特に何がやりたいというものがなかったのですが、漠然と「素敵な女性になりたいな!」とだけは考えていました。もしこの先やりたいことがでてきた時のために営業という職種で経験を積んでおこうとだけ決め、かっこよさそうなイメージの業界の説明会にひたすら参加しておりました。

その中で、人材業界かつ新卒の会社を選んだ理由は

・働くという、人生において大事な決断に関わりたい

楽しい学生生活に終止符を打つと、大抵の人は人生の中で働く時間が一番長くなります。自身の就職活動を通しても、これからの自分の人生に関わることを簡単に決められない、でもだからこそその大事な決断の支援がしてみたい!と思うようになりました。

・働いている人がキラキラして、成長ができそう!

業界としても働いている年齢層が若いこともありますが、人事の方が若いのに魅力的な説明会をしており、面接を重ねていく中で社員の皆様が元気よくはつらつと話をしてくださったので、「こんな人たちになりたい!かっこいい女性になれそう!」と思い入社を決意しました。

実際に入社してからは想像以上に大変なことが多く、しんどいなと思うことも多々ありました。ただその時に徹底的に学んだ基礎や働くことへの考え方が今の私を形成してくださったので本当に感謝していますし、素敵な同期や先輩後輩に恵まれ、とにかく目の前のことをがんばろう!という気持ちで日々奮闘してました。

★人材業界でさらに修行を重ねた2社目

1社目では当時の業界の中でトップシェアを誇っていたこともあり、教わった通りにやれば誰でも成果が出せるよという、良くも悪くもマニュアル化された状態でした。そのため同じ業界でも、もっと小さくて自身が学んだことはもちろん、仕組み作りにも関われるようなところで働いてみたいなと思い転職を決意しました。

転職してみると、予想通りマニュアルなどはほとんどゼロの状態で、「自分で考えてやってね!」みたいなスタンスで仕事が始まりました。

今までにはなかった自由を手に入れた感覚でした。成果を出した人に話を聞いてマネしてみたり、「こういうのはどうですか?」と小さな会社で距離が近い分意見も出しやすかったと思います。

「こんな方法もあるんだな~」「こんな働き方もあるんだな~」とそれぞれの会社を経験することで学べました。

★人事目指すきっかけ

求職者の方と転職の相談をさせていただいている際に「あなた自身が楽しいや充実感を感じていないと良い仕事はできないですよ」という話をすることがよくあったのですが、話をしながら自分にもその言葉が返ってきていました。

私自身はありがたいことに毎日不満もなく楽しく仕事していたのですが(入れ替わりが激しい業界ではあると思うのですが)、会社の中で不満の声を耳にすることや実際にたくさんの人たちが会社を去っていく姿を目の当たりにして、悲しい気分になっている自分に気が付きました。

1日の3分の1以上の時間を働くことに費やしているのだからにせっかくなら楽しく働きたいし、そういった人たちが増えることで会社がもっとよくなるのではないかなと思い、綺麗ごとかもしれないけれど、働いている人がここで働いてよかったと思える組織やそういった仕組みづくりに関わりたいと思い、人事という仕事を目指そうと思いました。

★Arinosに人事として入社した理由

人事の仕事がしたいと思ったものの、前職に人事というポジションがなかったので転職を決意しました。思い立ったが吉日ということで、人事がしたい!という想いを握りしめ、業界や会社は選考を受けながら考えようといった感じであまり細かくは絞らずに転職活動を始めました。

その中で出会ったのがArinosです。

聞いたこともない会社、かつコンサル業界についても無知な状態でしたが、募集があったので受けてみようという大変失礼なスタンスで面接に臨みました。

ただ、面接を受け終わった時には「ここで働きたい!」と思っている自分がいました。まず、面接でこんなに業界のこと、会社のこと、今後のビジョンを詳しく説明していただいたことはなく、初めて質疑応答の際に「聞きたいことや説明いただだきたいことは面接中に全てお話いただいたので質問はないです」と回答しました。

面接を重ねていく中で、みなさんが会社をより良くしていこうという想いを伝えてくださり、Arinosで働く覚悟を何度も問われました。

そうした中でArinosで人事として会社を成長させていく一員になりたいと思うようになりました。何よりも現在上長にあたる松山さんに「僕は鈴木さんを成長させられるよ」と言われたことが忘れられず、「この人と仕事がしたい!この会社で働きたい!」と思い入社を決意しました。

今回Arinosに入社したことが私の目標である素敵な女性になるための新たな一歩だと思っています。

こうなりたい、変わりたい、現状のままでいいのかなって悩んでいる方にはぜひ一度Arinosを覗いてほしいです。素敵な女性になりたいという抽象的すぎる夢を掲げている私がみなさんの夢を叶える場所を教えます。少しでも興味が湧きましたら何でもご相談ください!

よろしくお願いします!

株式会社Arinosでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう