1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新卒で入社した企業を半年で辞めて、Arinosでコンサルタントをしてるワケ。

皆さん、こんにちは!

3月の春真っ盛りに生まれたのに花粉症がひどくて、鼻セレブが手放せない佐藤大介です!

花粉ってなんで存在してるんでしょうね。

ぜひともどなたか花粉症を無くすものを創っていただきたいと願う毎日です。


という話は置いておきまして、最初にお伝えしておきますと、

私は第2新卒としてArinosに最近入社しており、まだ新卒1年目のペーペーです。笑


なので、コンサルとは?みたいな話ではなく、

「なんで新卒1年目で転職したの?」

「前職を辞めた理由は?」

「Arinosに決めた理由は?」

のような私だからこそお話しできるものを少しでもお伝えできればと思います。

新卒入社先で悩む毎日

Arinos入社前は、人材企業で営業をしていました。

お仕事を探している方と、採用を考えている企業の橋渡し役をしていたので、

「佐藤さんのおかげです、ありがとうございます!」

と求職者の方や企業担当者の方に感謝の言葉を言っていただけるときは、やりがいを感じました。


元々やりたかったことと現状のギャップを感じていたり、人間関係に悩んでいた私は、ある日仲良くしていた元同期と久しぶりに飲みに行くことになりました。

そのとき、元同期には「後悔しない決断をしたほうがいい。仮に転職するとしても、大介を求める企業はいくらでもあるよ」と言われました。


後悔しない選択、か。うーん…

転職して新たなことに挑戦したい気持ちはあるけど、まだ新卒1年目だし。どうしようかなぁ…よく3年は続けるべきっていうし。


頭の中で整理がつかないまま帰宅し、お風呂に入っているときふと思いました。

入社前って仕事にポジティブに捉えて、楽しもうとしてたな、と。いまって日々淡々と仕事をこなすだけ、怒られないようにするためチャレンジもしてないし、学生時代から何も成長してない。

むしろ学生時代のほうがインターンだったり、イベント開催をしたり、主体的にいろんなことに取り組んでて、退化しちゃってる…?なんて思ったり。

このままこの会社で働き続けたら、自分はどんなスキルを身に着けた社会人になるんだろう。万が一会社が倒産したとき、リストラされたときに、自分の力で生き抜くことができるのだろうか。今のままだとスキルの幅が狭く、頼りがいのない社会人になるんじゃないか?


どんな時代でも求められる力を身に着けたい!

そう強く思った夜の翌日。上司に離職したいと報告しました。

(大学4年生の時、当時前職の内定者と一緒に就活イベントを開催している様子。人を集めるのって大変なんだなぁと実感しました。)

偶然か必然か出会ったArinos

転職活動。何とかなるでしょ、と思っていたら何ともならなく焦りましたね。笑

何社も面接を受けているうちに、「面接で自信満々に将来的にこれやりたいんです!って言ってるけど本当にこれなのかな…」って思い始めてきたんです。

そのときに、「あぁ、これ面接のために無理やり将来の夢って思いこませてるだけのやつだ」と気づきました。

そこからは夢じゃなく、自分の理想とする人間になるために、今どうすべきか?という思考のもとで転職活動をしていきました。


将来どんな人間になっていたいかは、「ビジネスパーソンとして」「個人として」の2つで考えています。

ビジネスパーソンとしては、前の話でちょっと触れていますが、「会社の看板に頼ることなく、“佐藤大介”として社会に求められ、価値提供ができる人になりたい」というものです。

これを思ったきっかけとしては、上記で述べた転職理由もそうですし、あとはキングコングの西野亮廣さんが、「これからの時代、お金を稼ぐのではなく、“信用”を稼ぐべき」と仰っていたのを見てからですね。



(西野亮廣さんの『革命のファンファーレ~現代のお金と広告~』に詳しく載ってます。めちゃくちゃ面白いですし、価値観をガラッと変えられる書籍なので興味ある方はぜひ!)


個人としては、「自らに関わる人から、第一に頼られるような人になりたい」というものです。

転職活動をしているときにこれまでの人生を振り返っていたのですが、結論いろんな人に支えられて生きてきたなぁ、と思ったわけです。その一方で、関わってきた人を支えることができていたかな、と考えてみると…。

一番思っているのは、将来結婚をして、奥さんや子供が何かに困っているとき頼りにされないのは悲しいなぁって思ったりしてます。笑

なので、将来の奥さんや子供はもちろん、同僚・友人など関わる人から頼りにされる人間になっていたいと強く願ってます。。

(ちょっと自分語りが長くなりました、すいません。元の話に戻ります。笑)


そしてこのように方向性が定まりつつあったとき、ちょうどWantedlyで「未経験者 第2新卒 コンサルタント求む!」というArinosの応募を見つけ、秒でエントリーボタンを押しました。


Arinosに入ろうと決断した理由は3つありまして、

1.未経験でもコンサルタントとしてのチャンスがあること

2.若い組織で、チャレンジすることを認め、称える文化があること

3.社長の古家と一緒に仕事をしたい!と感じた(圧?パワー?がすごいです、ほんとに笑)

基本として、理想とする生き方・人間になるためにこの企業がマッチングしているのか?という視点は持ちつつ、上記3つの理由から入社を決意しました。

論理的に考えつつも、最後の最後はやはりフィーリングでした。笑


(話とはあまり関係ないですが、大学卒業前に東京~京都でヒッチハイクしたときのもの。社長の古家は大学にヒッチハイクで通ってたそうです、すごいですよね笑)

Arinosはまさに自分の理想とする組織だった!

今は教育メディアを運営している企業に常駐し、WEBサイトのページ閲覧数を増やすための施策を考案しております。

やはりコンサル未経験ということもあり、慣れない部分はまだまだありますが、日々新鮮で充実した毎日を送ってます!


Arinosのいいところは、いい意味でフラットな組織なところです!

社長の古家が目の前の席で、スマホゲームをやりだしたときには思わず笑ってしまいました。

(前職では、社長と会う機会すらほぼ無かったので、余計びっくりしました。)


(入社後の一幕。なんといっても3人お揃いがポイントです。)

最後になりますが

自分の理想と現実のギャップが大きく仕事に悩みを抱えている人、将来やりたいことははっきりしていないけど、現状にモヤモヤを抱えている人、たくさんいらっしゃるかと思います。

私もその一人で、悩みながらもArinosとの出会いがきっかけで、大きく人生が変わりました。

悩みを取っ払って、新たな仕事に挑戦したい!というやる気の満ち溢れた方ぜひお待ちしております。一緒にこの会社を盛り上げていけたらうれしいです。

皆さんにお会いできる日を楽しみにしてます!

株式会社Arinosでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう