1
/
5

今日は、家計の見直しにつながるお話です!

こんにちは!Buyingの堀田です。

あけましておめでとうございます!

新年最初は何を書こうか・・・
色々と考えたのですが、

やっぱり、コスト削減のことにしよう!
と決めました。


ただ、いつもとは視点を変えて、
家計の見直しをテーマに

我が家の電気について

少しご紹介したいと思います。笑


というのも、

お正月、妻の両親や兄弟など親戚に
我が家の電気の話をしたところ、
意外と興味を持ってくれて・・・


中でも、
私が契約している新電力の「あしたでんき」
のことを話すと、

・そのサービスいいね!

・ウチも見直しを考えようかな?

と、思ったより良い反応だったためです。


多くの方にとって身近なコストの1つ、
自宅の電気代に関すること。

ぜひ、何か参考になればと思います!

私は東京で2LDKのマンションに
妻と2歳半の娘と3人で住んでます。

昨年3月、今の家に引っ越してきました。
そのとき、「あしたでんき」と契約。

あと、引越してすぐ電球はLEDに替えてます!


妻は専業主婦でほとんど家にいて、
私も完全テレワークなので、
平日は常に家で電気を使う生活。

さらに、コロナで外出自粛。
休日も家で過ごすことが多くなり、
電気の使用量は明らかに増えました。

ちなみに、
1ヶ月の電気代は〇〇円ぐらいで・・・


※6月~11月の半年分の実績を平均したら、
 1ヶ月あたりの電気代は7,099円でした。


ーーー


こんな感じで、
我が家の電気のことを親戚にも話しました。


すると、

「あしたでんき」って良いの!?

と、そこに質問が集中!



私があしたでんきを選んだ理由が
その質問への回答になります。

理由は大きく2つ。

---------------------------------------------------------------

①単価一律の分かりやすい料金プラン

②料金を気にせずアンペア数を決められる


---------------------------------------------------------------



「①単価一律の分かりやすい料金プラン」について。


下の画像をご覧になれば一目瞭然です!
(あしたでんきのHPより抜粋)





私は標準プランなので、

・基本料金  : 0円
・電力量料金 : 26円(1kWhあたり)

です。


電気の使用量が増えれば増えるほど、
東電に比べてメリットが出ます。



続いて、
「②料金を気にせずアンペア数を決められる」について。


東電の場合、
アンペア数を上げると、基本料金も上がる仕組みです。
(詳細は上の画像を参照)

私と同じような家族構成や家の間取りだと、
アンペア数と料金のバランスを考えて、
30Aや40Aの家庭が多いと思います。


一方、あしたでんきの場合は、
そもそも基本料金の考え方がありません。

最大の60Aでも、料金は変わらず0円のまま。
なので、私も60Aにしました。


60Aにするメリットは、
ブレーカーが落ちるリスクを減らせること。


エアコン、ドライヤー、電気ケトルなどの
同時利用を気にしなくても良くなる!

とも言えます。

結果的に、
あしたでんきのメリットを中心に
お話する形になってしまいました・・・笑


本日ご紹介したことを

電気の契約を見直すときの参考や
電気の使い方を考えるきっかけに

していただけたら嬉しいです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました!

株式会社砺では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう