1
/
5

コスト見直しのチェックポイントとは?

こんにちは!Buyingの堀田です。

11月に入り、
2020年も残り2ヶ月になりました。
(きっと、あっという間に年末ですね・・・)

今月は、
明日と24日が祝日でお休み。

年末年始は最大17連休という話もあり、
今年の営業日はあと・・・

40日を切りました!

私たちのメルマガも年内はあと40回ほど、
であると残りの機会を意識して、

引き続き、みなさまのお役に立てるような
情報発信を心がけていきたいと思います!

さて
本日お伝えしたいのは、

コスト見直しのチェックポイント

についてです。

普段から営業をしていても
よく聞くのですが、

先週もお客さまから

「うちはコストの金額も小さいし、
 削減の効果もたかが知れてると思う」

という声を聞きました。

仮に、
削減の効果は小さくとも、

現状をよりよくするため
のヒントになればと思い、

①契約の縛りがあるコスト
②契約の詳細が不明なコスト

の見直しについて、

私たちのご支援の事例を交えて
お話をする機会がありました。

そのお客さまが「参考になった」と
おっしゃってくれたこともあり、

本日は、みなさまにも
その内容をご紹介したいと思います!

====

まず、
①契約の縛りがあるコスト
についてです。

これは、

“縛り” = “足かせになる条件”

を見直すという内容です。

縛りをイメージしやすいものは
電気代や携帯代などでしょうか。

電気代における
“縛りがきつい”例でいうと、

・契約の期間が長い(2年以上)

・解約の違約金が高すぎる

・他の契約がセットになっている
 (電気保安、デマンドコントローラーなど)

などです。

縛りがきつい場合、

コスト削減ができないのか、

というと
そんなこともありません!

違約金を払ってでも
電力会社を変更することで
削減メリットを得られる
こともあります。

また、
私たちのご支援では、

電力会社を変えることなく
交渉によって削減ができた

という事例もあります・・!

もし、
見直しを検討した結果、
すぐに削減に繋がらなかったという場合も

違約金がかからない
契約満了のタイミングを狙って交渉する

など、次の計画を立てておくこと
をお勧めします!

続いて、
②契約の詳細が不明なコスト
です。

自分たちの法人内に”詳しい人”がいない、
業者さんとの契約書が見当たらない、
といったコストが当てはまります・・・

私の経験では、
清掃やビル管理、機械警備の費用など
で比較的よくあるように感じます。

ここに着目する理由は、

業者さんへ確認をおこなう過程で、

・必要以上のサービスを受けていた

・契約当時より価格の相場は下がっている

・導入時の設備の償却が終わっている

など、
見直しの材料が見つかることがあるためです。

ただし、1つ注意があります。

それは、
反対に、業者さんから値上げの要望がくる
可能性もあることです。

そのため、

事前にできるだけ法人内の確認や市場調査をすること、
値上げに対する切り返しの準備もしておくこと、

は必要です。

====

まずは、

・契約の縛りがきつい

・契約の詳細が不明

といったコストがないか
契約内容をチェックしてみてください!

本日の内容が参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

株式会社砺では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう