1
/
5

《AQUA INTERVIEW #8》故郷を離れ日本へ、日本でやりたかったイラストレーターという仕事とは

こんにちは!株式会社アクア採用担当の小澤です。
こちらの記事ではアクアで働く社員を紹介していきます。

本日も、クリエイティブ職から。
ネコ好きなパンさんにお話しを聞きました!

―PROFILE
龐 微萍(ぱん うぇいぴん)
大学を卒業し、2020年10月にアクアに中途入社。
ゲームやアニメなどの版権イラストを担当する、ビジュアルワークス部 第2クリエイティブユニットに所属。

―ぱんさん、本日はよろしくお願いします!

はじめまして、龐 (ぱん)と申します。
2019年に来日しまして、2020年10月からアクアに入社しました。
元々日本のアニメが好きで、日本に留学したいと思っていたので、今、日本で働けて夢がかないました!

―アクアにはどのような経緯で入社されたのですか?

2016年に大学を卒業して、一度中国でゲーム会社に就職しました。
ゲームの開発や運営をしている会社で、キャラクターデザインや、技、武器とかのデザインをしていました。
ゼロから生み出さないといけなかったので、大変でしたね。
日本に来てからは、日本語学校に通っていましたが、早く働きたいと思っていたときに、人材エージェントから紹介を受けまして、奇跡的にご縁をいただけてうれしかったです。

―そのような経緯でアクアに入社されたのですね。アクアに入社してからはどんな仕事をされていますか?

入社してもうすぐ1年ですが、少年漫画系のイラストや女性アイドル系のイラストなどを描く機会が多いです。
自分としては、女性キャラクター、かわいい女の子を描くのが得意なので、そのような案件に関われて幸せですね。
アクアでは、新規案件が来た時に、まずはマネージャーなどの案件窓口の担当者を通して、振り分けられるのですが、「この案件やりたい人いる?」というような流れで、やりたい人は手を上げられるので、自分がやりたいタイトルがあった際には、うれしいですね。
もちろんかなわないときもありますけどね(笑)


―アクアの仕事はこれまでと比べて違いはありますか?また、どのようなときにやりがいを感じますか?

中国のゲーム会社で働いていたころは、1年間ずっと同じタイトルに携わることが多かったので、同じゲームタイトルの同じタッチでイラストを描くことが多かったです。
それはそれで、やりがいもあったのですが、アクアの仕事はプロジェクトごとに異なるタッチでイラストが描けますし、いろいろなタイトルの作品と出会えるのでそこがよかったなと思います。

小さいころから見本の絵を見て似せて描く、というようなことが好きでいろいろなイラストを描いていました。それはアクアの仕事にも近しいところがあるので、自分に合っているのかなと思います。
あとは、やりがい、、、とは違うかもしれませんが、求められるクオリティが高いほど、クライアントが納得するイラストが描けたときに感じる達成感は高いと思います。
求められるレベルが高いのでその分描き直しも多かったり、大変なこともありますが、自分の成長にもつながるので、やってよかったと思うことが多いですね。

―現在アクアでは中途採用を積極的におこなっていますが、ぱんさんはどんな人と働きたいですか?

やはりイラストレーターという職種柄、イラストが好きな方が多いですが、アクアでのイラストレーターとしては、イラストを描くと時にクライアントから求められるタッチをしっかりと表現できる方がいいなと思います。
私が所属している第二クリエイティブユニットは特に、キャラクターに似せて描くということが多いですが、「似ている」だけではだめで、キャラクターの雰囲気やタッチ「そのもの」に表現しなければなりません。
私自身もいろいろなタッチの絵が描けるよう、日々練習していますが、そのような努力のできる方だといいなと思います。

―ぱんさんからみて、今後アクアのクリエイターとして求められていくものは何だと思いますか?

そうですね・・・難しい質問ですね(笑)
私自身は今後3Dなども学んでみたいなと思っていますが、常に自分の能力を上げていく努力は必要だと思います。
世の中に求められるものも日々変わっていると思いますし、イラストの流行もどんどん変わっています。
自分も置いて行かれないようにインプットは続けていきたいなと思っています。

―最後にこの記事を読んでくれた方に一言お願いします!

アクアはイラストレーターとして仕事をするうえで、いろいろなタッチで仕事ができるところがよいと思います!あと昼食補助や、オフィスグリコもあります。
フレックス制度を使えますし、勤怠管理もシステムで行われているので、中国で働いていたときより、働きやすいです。
興味があれば是非募集も見てみてください!

ぱんさんありがとうございました!

ー株式会社アクアでは一緒に働く仲間を募集しています

イラストレーター
イラストレーター募集!広告・アニメ・イラスト・ゲーム好きな方歓迎します
1991年に絵コンテ制作の有限会社アクアを設立して以来約30年。 コンテ・イラストといえば「アクア」と言われるほど、高い信頼と実績を築いてきました。 近年では、ゲームや動画、絵文字やLINEスタンプなどのノンバーバルコミュニケーションも発展し、当社の手がけるビジュアルコミュニケーション制作案件は年間6万点を超えています。 世の中は新型コロナウイルスによりビジュアルコミュニケーションの領域もデジタル化が加速しました。特に2019年はデジタルトランスフォーメーションがさらに進み、デジタルを起点にした既存メディアとの統合ソリューションも進化し、広告業界の転換点となりました。弊社はこのような事業環境の中、デジタルクリエイティブ事業としてビジュアルコンテンツサービスとデジタルソリューションサービスを展開しております。 <ビジュアルコンテンツサービス> アクアは社内にイラストレーター、デザイナー、クリエイティブディレクター、エンジニアなどのクリエイターが複数属しており、長年の経験からの技術・ノウハウを活用したクリエイティブを展開しております。 クオリティはもちろん、スピードも重視し、ビジュアル領域のパートナーとして顧客が求める成果を最大限高めていくことを実現するため、独自のオペレーションと品質管理を徹底しています。 近年ではスマホゲームや広告などで人気のアニメや漫画などを活用した企画やイベントが多くなっており、版権キャラクターのイラスト案件も増えてきています。 <デジタルソリューションサービス> コミュニケーション課題が複雑化しているクライアントに向けて、強みであるクリエイティブ力とデジタル、マーケティングを掛け合わせたソリューションを提供しています。 webプロモーション領域に向けてのソリューションとしては、ビジュアルによる視覚化の有効性を活用したクリエイティブからSNSインフルエンサーマーケティング、拡張体験と顧客データの取得を可能とするテクノロジーコンテンツまでの設計から実行、アナリティクス分析を元にした改善までのビジュアルコンテンツマーケティングをWEBプロモーションのソリューションとして提供してまいります。
株式会社アクア
イラストレーター
働く場所を問わず働きたい!そんなイラストレーターをWANTED!
1991年に絵コンテ制作の有限会社アクアを設立して以来約30年。 コンテ・イラストといえば「アクア」と言われるほど、高い信頼と実績を築いてきました。 近年では、ゲームや動画、絵文字やLINEスタンプなどのノンバーバルコミュニケーションも発展し、当社の手がけるビジュアルコミュニケーション制作案件は年間6万点を超えています。 世の中は新型コロナウイルスによりビジュアルコミュニケーションの領域もデジタル化が加速しました。特に2019年はデジタルトランスフォーメーションがさらに進み、デジタルを起点にした既存メディアとの統合ソリューションも進化し、広告業界の転換点となりました。弊社はこのような事業環境の中、デジタルクリエイティブ事業としてビジュアルコンテンツサービスとデジタルソリューションサービスを展開しております。 <ビジュアルコンテンツサービス> アクアは社内にイラストレーター、デザイナー、クリエイティブディレクター、エンジニアなどのクリエイターが複数属しており、長年の経験からの技術・ノウハウを活用したクリエイティブを展開しております。 クオリティはもちろん、スピードも重視し、ビジュアル領域のパートナーとして顧客が求める成果を最大限高めていくことを実現するため、独自のオペレーションと品質管理を徹底しています。 近年ではスマホゲームや広告などで人気のアニメや漫画などを活用した企画やイベントが多くなっており、版権キャラクターのイラスト案件も増えてきています。 <デジタルソリューションサービス> コミュニケーション課題が複雑化しているクライアントに向けて、強みであるクリエイティブ力とデジタル、マーケティングを掛け合わせたソリューションを提供しています。 webプロモーション領域に向けてのソリューションとしては、ビジュアルによる視覚化の有効性を活用したクリエイティブからSNSインフルエンサーマーケティング、拡張体験と顧客データの取得を可能とするテクノロジーコンテンツまでの設計から実行、アナリティクス分析を元にした改善までのビジュアルコンテンツマーケティングをWEBプロモーションのソリューションとして提供してまいります。
株式会社アクア
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう