1
/
5

《AQUA INTERVIEW #2》営業→動画エディターへキャリアチェンジ。アニメーションから実写まで手掛ける、アクアの動画エディターとは。

こんにちは!株式会社アクア採用担当の小澤です。
こちらの記事ではアクアで働く社員を紹介していきます。

本日も、クリエイティブ職から。
映像一筋!映像ディレクターの大滝さんにお話しを聞きました!

―PROFILE
大滝 賢一(おおたき けんいち)
大学卒業後、メーカーの営業からキャリアチェンジし、映像制作の世界へ。2020年アクアに中途入社。
デジタルワークス部にて、アニメーション制作の経験を活かし、動画エディターとして映像制作に従事。

―大滝さん、本日はよろしくお願いします!

よろしくお願いします。大滝と申します。簡単に自己紹介させてください。
自分は小さい頃は、絵を描くことやアニメ、ゲームが好きで、気がつくと空想ばかりしている子供でした。高校からは音楽好きが高じて、ベースギターを始め、大学卒業までバンド活動をしていました。
卒業後は生活用品メーカーで営業職として働きましたが、ミュージックビデオや映画などにハマったことをきっかけに、「映像に関わる仕事がしたい!」と思い立ちました。
そこからアニメーション制作会社に入社し、映像業界へはいります。
Adobeすら知らないド素人でしたが、ひたすらネット検索をしたり、周りに聞きまくって知識と技術を得ていきました。そしてアクアへ動画エディターとして入社し、今年で2年目になります。
プライベートでは昨年、第2子誕生し、2児の父として元気な子供と格闘する日々です…!

―アクアにはどのような経緯で入社されたのですか?

まず転職動機は、前職の業務の中で、テレビCMやWeb動画などに携わり、広告分野をメインでやりたいと考えていました。
転職活動をする中で、イラストレーターが多く在籍し、イラストを使ったアニメーション動画を制作しているアクアのことを知りました。アクアでは、私のアニメーション制作の経験がフルで活かせると考え、動画ディレクターで応募しました。しかし、結果は不採用。いや、絶対マッチングしているはず!との確信があった私は、動画エディターで再応募し、晴れてアクアに入社することができました。

―なんと!そのような経緯だったのですね、アクアへの愛を感じました・・・!
入社してからはどんな仕事を担当されていますか?

入社後は、主にAdobe After Effectsを使い、Web広告動画やテレビアニメなどの案件で、イラストを動かしてアニメーション制作をしています。またクライアント企業の研修や採用説明会などの実写映像の編集も行っています。現在は、企画段階から入り、動画の企画案や演出の考案などにも携わるようになりました。その他、エディターの作業進行管理や作業振り分けなどの管理系の業務を上長と共に行っています。入社して特にギャップを感じたことはないですが、社員がとにかく性格が良いということですね。人間関係で悩んだことはないです。

―やりがいを感じる瞬間はどのようなときでしょうか

クライアントの要望を形にすることができ、一発OKが出た時です。クライアントを取り巻く状況が変化することもあり、一発OKはなかなか難しいことですが、制作前に完成イメージを確認し、予算感も把握しながら制作を進め、クライアントのイメージからズレないようにすることを心掛けています。

―現在アクアでは中途採用を積極的におこなっていますが、大滝さんはどんな人と働きたいですか?

相手の足りない部分をフォローする姿勢がある方と働きたいですね。アクアは若い社員が多く、新しい事業に挑戦している企業なので、混沌とした状況に出くわすことがあると思います。そういう時に前職の経験を活かし、フォローできると案件やプロジェクトがスムーズに進んで、みんな幸せです。

―アクアを一言でいうと、どんな会社ですか

「変化を恐れない」会社です。理由は、絵コンテ制作の会社から始まり、イラスト、Web、IC、動画など、新しい分野に挑戦しながら、変化し続けている会社だと思うからです。

―大滝さんからみて、今後アクアのクリエイターとして求められていくものは何だと思いますか?

先ほども話しましたが、アクアは常に変化し続けている会社なので、その変化に適応できる人が求められると考えています。アクアだけでなく、クリエイティブの分野は技術が常にアップデートされ続けているので、私自身も新しい知識や技術を身につけて向上していこうと日々感じています。

―最後にこの記事を読んでくれた方に一言お願いします!

アクアにとって、実写、アニメーション、3DCGなどの映像分野はまだまだこれから…といった段階なので、一緒に強化したいぞ!という方がいたら、ぜひ入社していただきたいです!

大滝さん、ありがとうございました!


ー株式会社アクアでは一緒に働く仲間を募集しています

映像ディレクター
クリエイティブの力で世界中の人々の人生を彩る会社で映像ディレクターを募集!
1991年に絵コンテ制作の有限会社アクアを設立して以来約30年。 コンテ・イラストといえば「アクアスター」と言われるほど、高い信頼と実績を築いてきました。 近年では、ゲームや動画、絵文字やLINEスタンプなどのノンバーバルコミュニケーションも発展し、当社の手がけるビジュアルコミュニケーション制作案件は年間6万点を超えています。 世の中は新型コロナウイルスによりビジュアルコミュニケーションの領域もデジタル化が加速しました。特に2019年はデジタルトランスフォーメーションがさらに進み、デジタルを起点にした既存メディアとの統合ソリューションも進化し、広告業界の転換点となりました。弊社はこのような事業環境の中、デジタルクリエイティブ事業としてビジュアルコンテンツサービスとデジタルソリューションサービスを展開しております。 <ビジュアルコンテンツサービス> アクアスターは社内にイラストレーター、デザイナー、クリエイティブディレクター、エンジニアなどのクリエイターが複数属しており、長年の経験からの技術・ノウハウを活用したクリエイティブを展開しております。 クオリティはもちろん、スピードも重視し、ビジュアル領域のパートナーとして顧客が求める成果を最大限高めていくことを実現するため、独自のオペレーションと品質管理を徹底しています。 近年ではスマホゲームや広告などで人気のアニメや漫画などを活用した企画やイベントが多くなっており、版権キャラクターのイラスト案件も増えてきています。 <デジタルソリューションサービス> コミュニケーション課題が複雑化しているクライアントに向けて、強みであるクリエイティブ力とデジタル、マーケティングを掛け合わせたソリューションを提供しています。 webプロモーション領域に向けてのソリューションとしては、ビジュアルによる視覚化の有効性を活用したクリエイティブからSNSインフルエンサーマーケティング、拡張体験と顧客データの取得を可能とするテクノロジーコンテンツまでの設計から実行、アナリティクス分析を元にした改善までのビジュアルコンテンツマーケティングをWEBプロモーションのソリューションとして提供してまいります。
株式会社アクアスター
映像ディレクター
アニメ・CGクリエイター募集!幅広く映像制作をしたい方を歓迎します
1991年に絵コンテ制作の有限会社アクアを設立して以来約30年。 コンテ・イラストといえば「アクアスター」と言われるほど、高い信頼と実績を築いてきました。 近年では、ゲームや動画、絵文字やLINEスタンプなどのノンバーバルコミュニケーションも発展し、当社の手がけるビジュアルコミュニケーション制作案件は年間6万点を超えています。 世の中は新型コロナウイルスによりビジュアルコミュニケーションの領域もデジタル化が加速しました。特に2019年はデジタルトランスフォーメーションがさらに進み、デジタルを起点にした既存メディアとの統合ソリューションも進化し、広告業界の転換点となりました。弊社はこのような事業環境の中、デジタルクリエイティブ事業としてビジュアルコンテンツサービスとデジタルソリューションサービスを展開しております。 <ビジュアルコンテンツサービス> アクアスターは社内にイラストレーター、デザイナー、クリエイティブディレクター、エンジニアなどのクリエイターが複数属しており、長年の経験からの技術・ノウハウを活用したクリエイティブを展開しております。 クオリティはもちろん、スピードも重視し、ビジュアル領域のパートナーとして顧客が求める成果を最大限高めていくことを実現するため、独自のオペレーションと品質管理を徹底しています。 近年ではスマホゲームや広告などで人気のアニメや漫画などを活用した企画やイベントが多くなっており、版権キャラクターのイラスト案件も増えてきています。 <デジタルソリューションサービス> コミュニケーション課題が複雑化しているクライアントに向けて、強みであるクリエイティブ力とデジタル、マーケティングを掛け合わせたソリューションを提供しています。 webプロモーション領域に向けてのソリューションとしては、ビジュアルによる視覚化の有効性を活用したクリエイティブからSNSインフルエンサーマーケティング、拡張体験と顧客データの取得を可能とするテクノロジーコンテンツまでの設計から実行、アナリティクス分析を元にした改善までのビジュアルコンテンツマーケティングをWEBプロモーションのソリューションとして提供してまいります。
株式会社アクアスター
オープンポジション
ビジュアル × デジタル 成長企業で一緒に成長してくれる方募集!
1991年に絵コンテ制作の有限会社アクアを設立して以来約30年。 コンテ・イラストといえば「アクアスター」と言われるほど、高い信頼と実績を築いてきました。 近年では、ゲームや動画、絵文字やLINEスタンプなどのノンバーバルコミュニケーションも発展し、当社の手がけるビジュアルコミュニケーション制作案件は年間6万点を超えています。 世の中は新型コロナウイルスによりビジュアルコミュニケーションの領域もデジタル化が加速しました。特に2019年はデジタルトランスフォーメーションがさらに進み、デジタルを起点にした既存メディアとの統合ソリューションも進化し、広告業界の転換点となりました。弊社はこのような事業環境の中、デジタルクリエイティブ事業としてビジュアルコンテンツサービスとデジタルソリューションサービスを展開しております。 <ビジュアルコンテンツサービス> アクアスターは社内にイラストレーター、デザイナー、クリエイティブディレクター、エンジニアなどのクリエイターが複数属しており、長年の経験からの技術・ノウハウを活用したクリエイティブを展開しております。 クオリティはもちろん、スピードも重視し、ビジュアル領域のパートナーとして顧客が求める成果を最大限高めていくことを実現するため、独自のオペレーションと品質管理を徹底しています。 近年ではスマホゲームや広告などで人気のアニメや漫画などを活用した企画やイベントが多くなっており、版権キャラクターのイラスト案件も増えてきています。 <デジタルソリューションサービス> コミュニケーション課題が複雑化しているクライアントに向けて、強みであるクリエイティブ力とデジタル、マーケティングを掛け合わせたソリューションを提供しています。 webプロモーション領域に向けてのソリューションとしては、ビジュアルによる視覚化の有効性を活用したクリエイティブからSNSインフルエンサーマーケティング、拡張体験と顧客データの取得を可能とするテクノロジーコンテンツまでの設計から実行、アナリティクス分析を元にした改善までのビジュアルコンテンツマーケティングをWEBプロモーションのソリューションとして提供してまいります。
株式会社アクアスター
株式会社アクアスターでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング