1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【Vol. 12 <ゲーミングカルチャーデザイン事業部>荒井さん】突撃!!社員インタビュー!!

こんにちは!すーちゃんです!!

この記事はふとした瞬間に社員を捕まえてインタビューをするという企画でスタートしましたが、今は誰にインタビューするか予定を立て普通にインタビューしています!(笑)


12人目は業界未経験で入社し、現場にてエンジニアとしての経験を積んだ後、昨年12月から社内で自社サービス「cogme」の開発を担当している荒井さんです!未経験からどのようにエンジニアになったのかを含め、色々質問していきたいと思います!!

cogmeとは?

こちら↓

https://akspot.game/?p=4284



それではいってみましょーう😆

プロフィール

<名前>
荒井さん (23歳) / 女性

<AK入社日>
2018/6/18

<趣味>
セルフネイル、ゲーム ←いつも綺麗にネイルしてます!女子力

<好きな食べ物>
お刺身

<好きなゲーム>
刀剣乱舞



すーちゃん「荒井さん、よろしくお願いします!」

荒井さん「よろしくお願いします!」

すーちゃん「さっそくですが、AKに入社したキッカケはなんだったんですか?」

荒井さん「Webエンジニアをやりたいということは決まっていたので、中途採用してくれる所をいくつか探していました。当時見たAKの求人は正直少し怪しかったのですが...(笑)「面白そうだから行ってみよう!!」と思って応募しました。」

すーちゃん「怪しかったのに応募した荒井さんもチャレンジャーですね(笑)どうしてwebエンジニアになりたいと思ったんですか?」

荒井さん「昔サイトを作って自分のイラストを載せていた時期があって、その時の経験から「こういう仕事なら出来るかな?」と思ったのが理由です。」

すーちゃん「昔からイラスト制作とかやられていたんですね!実際に入社してみて、AKはどんな会社でしたか?」

荒井さんゲーマーの多さを推しているだけあって、ゲーム以外でも趣味をオープンにして楽しんでる人が多い印象です。SESという業態のため普段は顔を合わせる事が少ないのですが、趣味がきっかけで社員同士の交流が生まれたり、業務外でも緩い繋がりを持っている所が良いと思います。

すーちゃん「同じ趣味の人が多いと自然と交流が増えている感じしますよね。私はこの業界は初めてですが、SES事業を行なっている会社の中では社員同士の交流が多いほうだと聞きました!荒井さんは未経験で入社したと思いますが、最初はどんな業務をしましたか?」

荒井さん「入社後、最初の現場で半年間ほど販売職をしてました。」

すーちゃん「目指しているエンジニアの仕事とは違う業種ですが、正直その時はどんな気持ちでした?」

荒井さん「あまり向いていなかったようで、「早くエンジニアの現場に行かなきゃ...」という思いで勉強を頑張った記憶があります。」

すーちゃん「本音は早くエンジニアになりたいですよね。そのために入社したんだし。でも仕事をしながら勉強もしないといけないのって大変ですよね。荒井さんはどう両立させていましたか?」

荒井さん「勉強は主に動画と書籍で昼休みに勉強して、平日がお休みの時はAKのオフィスに行ってました。今思うと勉強が仕事の息抜きになっていましたね。さらにちょうどその頃AKのコーポレートサイトのリニューアルプロジェクトがあって、勉強も兼ねて関わらせてもらいました。」

すーちゃん「きっと、勉強が息抜きと思えるところがエンジニアに向いてるんですね。エンジニア案件に転換後の現場ではどんな仕事をしていましたか?」

荒井さん「HTMLコーダーというもので、デザイナーさんが作成したデザインカンプをHTML・CSSで再現する仕事でした。念願叶ってWebのお仕事が出来た事は嬉しかったです。現場ではエンジニアの先輩方やデザイナー職の方と関わることができて、業務以外でも学ぶ事が多かったです。」

すーちゃん「希望のwebのお仕事に転換できて本当良かったですね!初めてのランチmtgがその頃の荒井さんだった気がします!!現場で働きながらAKとはどう関わっていましたか?」

荒井さん「社内の勉強会に参加したり...社内の人とLP制作もやりました。AKはSlackを使ってるので、職場が異なっても技術的な質問や息抜きの雑談など社内の人と気軽にコミュニケーション出来るのがよかったです。

すーちゃん「荒井さんは積極的に勉強会に参加してますもんね!エンジニアになってからも勉強を怠らないところがさすがです。そんな中でcogmeの開発に携わることになったきっかけはなんだったんですか?

荒井さん「入社時からお世話になっていたフロントエンジニアの方から自社で開発中のcogmeの開発に呼んでいただきました。スキル的な不安はありましたが、デザインも担当させて貰えるという事と、現場で同じ業務を続けるより思い切ってcogmeに飛び込んだ方が成長できそうだなと思いお受けしました
それまで触った事のない技術に触れることが出来て日々刺激をもらっているので、cogmeに参加して正解だったと思っています。」

すーちゃん「日頃の仕事に対する姿勢やスキルアップに貪欲なところが評価されたんですね!cogmeの開発では主にどんな業務を担当してますか?」

荒井さん「UI制作と、アプリ内の画面の実装をしています。」

すーちゃん「なるほど。荒井さんの出社時の1日のスケジュールをざっくり教えてください!」

(現在はテレワーク)


荒井さん「日の流れとしてはこんな感じですかね。cogmeのタスクは基本Githubで管理しているので、issueをチェックして担当の作業を確認してます。担当の作業に沿って、コードを書いたり要件を元にデザインを組んだりと色々細かい作業をやっています。」

すーちゃん「全部大変そうに見えますが、その中でも何が一番大変ですか?」

荒井さん「これまでは静的ページしか作ったことがなかったのですが、cogmeはReact等を使用したWebアプリなのでそこの違いに日々翻弄されてます。コーダーの時はプログラミング的な事をほぼしていなかったので、頑張って頭を回転させてます。」

すーちゃん「前現場よりも高いスキルが求められているんですね。では今の業務で気をつけていることは何かありますか?」

荒井さん「ユーザーが直接触る部分を作っているので、より使い易く自然な動作で操作が出来ることを目指しています。ユーザーの動き方や画面遷移などを想像したり、製作メンバーとしっかり相談しながら作業しています。」

すーちゃん「実際に使ってくれる人の事を一番に考えていると......開発する際に非常に重要な部分だとよく耳にします。その業務の中でどんなところにやりがいを感じますか?」

荒井さん「技術的な成長に繋がること、ユーザーの存在を感じられること。特に後者はこれまで考えた事がなかったので、ユーザーの声やご要望等を聞く度にワクワクします。」

すーちゃん「自分が作った物の反応を直接知れるのは確かにやりがいに繋がりますね!わたしもcogmeを通じて交流ができるようにいろんなゲームにチャレンジしようと思います!荒井さんの今後の目標を教えてください!」

荒井さん「UIの設計からフロント側の実装まで一通り行えるように...ということで日々教わりながら頑張っております。デザインとエンジニアリング両方の知見を深めて、グラフィカルだったりとか、より伝わりやすい物を作れるようにしていきたいです。AKには優秀なエンジニアが沢山いますがデザインを専門にしている人は少ないので、スキマ需要を感じています!!」

すーちゃん「デザインも出来るというのはすごく強みだと思うのでどんどんスキルアップしていってください!わたしも頑張らないと。最後にプライベートでの目標とか聞いてもいいですか?」

荒井さん人生を楽しみたい!!! 趣味を再開したり、ライブに行ってみたり、自分が燃え上がることをしたいです。」

すーちゃん「良いですね!!今はコロナで出来る事が限られてしまいますが、落ち着いたら仕事だけじゃなく趣味やライブ楽しんでください!インタビューを受けていただきありがとうございました!!」


運営メンバー「すーちゃん」からのコメント
勉強熱心で、向上心が高い荒井さんは社内交流にもとても積極的に参加してくれます!いつもセルフで綺麗にネイルをしているので、毎回見るのを楽しみにしてます!cogme無事リリースお疲れ様でした!これからがさらに大変かと思いますが体調に気をつけて頑張ってください!

株式会社エイプリルナイツでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう