1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【就活生向け】IT業界の5分類とAPCの位置づけ

「IT業界って広くてよくわからない……」「SIerってなに?」

そんな疑問を抱かれる学生さんは少なくないと思います。社会人でもイメージしにくい業界なので、学生さんや未経験の方であればその疑問は当然です。

そこで、APCに少しでも興味を持ってくださった皆さんに向けて、IT業界を5つに分類してご紹介するとともに、APCがどこに位置づけられるのかをご説明します!

<IT業界の5分類>
 1.SI・情報処理サービス業界
 2.通信サービス業界
 3.ハードウェアベンダ業界
 4.ソフトウェアベンダ業界
 5.インターネット・Web業界

それぞれの業界は密接に関連しており、1つの分野に特化している企業もあれば、複数の分野をまたいでいる企業もあります。

1.SI・情報処理サービス業界

APCはこの「SI・情報処理サービス業界」に属します。
SI(System Integration)業界は情報処理サービス業界とも呼ばれ、ITシステムの設計、開発、運用、保守を担います。こういった企業をSIer(System Integrator)と呼びます。

新しいサービスを始めようとしたり、社内システムを変革しようとする時、ITシステムは必要不可欠ですが、このITシステム作りや運用には、高いIT技術の知識やスキル、経験が必要となります。
お客様の社内にこういったエンジニアが十分にいる場合は良いのですが、いない・足りない場合はSIerの出番です。
IT技術に精通したスペシャリストである私たちSIerが、お客様のITシステム作りやITシステム運用をサポートします。

SIerにとってのお客様は企業様ですので、SIerは企業が企業向けにサービスを提供する”BtoB(Business to Business)企業”に分類されます。(一般消費者にサービスを提供するのは、BtoC(Business toConsumer)と言います)

携わるITシステムは、官公庁や金融系、公共交通機関といった社会インフラを担う企業様の大規模なシステムから、企業内で使われる業務系システムまで様々です。

当社はITシステムの基盤となるITインフラ(ネットワーク・サーバ・ミドルウェアなど)を得意としているため、お客様は大手通信サービス業者様や大手SIer様が多くいらっしゃいます。

2.通信サービス業界

私たちは生活の中で、当たり前のように電話やインターネットを使っています。
その当たり前を支えているのが、この「通信サービス業界」。昨今話題になっている「5G」も通信サービスの一つです。
IT社会において通信サービス(インターネット・ネットワーク)は必要不可欠なものであり、SIerが携わるITシステムにとっても欠かせない要素の一つです。

3.ハードウェアベンダ業界

ハードウェアとはスマホやパソコン、サーバー、ネットワーク機器など、実際に手に取ることができる機械のことを言います。ハードウェア業界はこれらを製造する企業を指します。
ハードウェア企業の中には、製品知識を活かしてITシステム作りを行い、SI業界に進出している企業もあります。
(ベンダ:製品やサービスを直接販売する会社)

4.ソフトウェアベンダ業界

ソフトウェアとは、皆さんが普段スマホで使っているアプリや、パソコンで使うExcelやWord、またパソコンやスマホ自体を動かすWindowsなどのオペレーティングシステム(OS)、パソコンなどをウィルスから守るセキュリティソフトなど、ハードウェアを便利に使うためのプログラムのことを言います。ソフトウェア業界はこれらを製造する企業を指します。
ITエンジニアというとまず「プログラマー」が思い浮かぶと思いますが、彼らが一番多く活躍しているのがこの業界です。

5.インターネット・Web業界

インターネットを活用してBtoB(企業向け)向け、BtoC(一般消費者向け)向けに様々なサービスを展開する企業です。サービスの内容は、Googleなどの検索サイトやAmazonなどのECサイト、SNSの制作や運営……など様々です。
皆さんの生活にとって、最も身近な業界だと思います。

* * * *

だいぶ「SI・情報処理サービス業界」に偏った説明になってしまいましたが、なんとなくでもイメージは沸きましたか?
実はSI業界の中にもいくつか種類があるので、次回はそれを解説したいと思います。

株式会社エーピーコミュニケーションズでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
今週のランキング