1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【転職活動中の方へ】東証一部上場企業にいた私がカンボジア移住を経てベンチャーで働くわけ

こんばんは! アニマライフの洲脇です。

みなさん残暑の暑さにバテてませんか?
私は今年の4月までカンボジアに住んでいたこともあり、日本の暑さに対して暑さ耐性を発揮中です(笑)

さて今日はタイトルの通り、
東証一部上場企業で働いていた私がカンボジアに移住し、
帰国後なぜいまアニマライフで働いているか?をご紹介させていただきます。

あ、ちなみにカバー写真は私がカンボジアから連れて帰ってきた愛しの猫様たちです♡


話は戻りますがみなさん就職する時、転職する時、何を軸に転職先を探しますか?



私にとっては「ワクワクすること」が大事でした。

「抽象的なことを言いやがって!」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、
人間って最終的には感情で生きる生き物だというのが持論です。


どんなに論理で理解できても感情的に受け入れられないことってありませんか?
例えば誰かに告白されて、すごく良い人で自分が理想とする条件には当てはまってるけど、
この人じゃないの!!という経験をしたことのある方は多いはず。


私にとって「仕事」とは「人生を楽しむため」のツールであり、目的ではありません。
もちろん給与をいただけなければ生きていけませんが(笑)

それでも「毎日ワクワク楽しく過ごすこと」が重要であり、それはまさに自分の人生における幸福度を高めることです。

結果私は東証一部上場企業よりベンチャーを選びました。
だってワクワクするから。
もっと具体的に言えばベンチャーにいると会社の成長を自分ごとと捉えやすくて、ワクワクできるからです!

私が考えるベンチャーの良さは...

・裁量が広い/決済権限が広い/自らが考えたアイディアが採用されやすい=自分が事業を動かせる
・会社名が弱い=自分次第で強くしていける
・決まり事が少ない=自分次第で色々な制度を決めていける
・会社の成長を目の前で感じられる=ワクワクできる


結果、「毎日ワクワク楽しく過ごすこと」を大事にしている私にとってはベンチャー企業がベスト!という結論に至りました。



みなさんはどう思われましたか?


ちょっと長くなってしまいそうなので、今回カンボジアの話は割愛します(笑)

もしアニマライフや洲脇に興味を持っていただけたら、是非直接ご連絡orアニマライフの募集ページからご応募ください♪
特に営業さんとエンジニアさん大募集中!一緒にお仕事できる仲間が増えるのを楽しみにしています!!


参考:ちなみに私が上述の感情的な持論に到るきっかけになったのは、
カンボジアで受けていた「経営の原理原則」を学ぶ井崎塾でした。
決して宣伝ではないし勧誘もしませんが、井崎塾は大手チェーンストアの経営者になったかの有名人たちが学んでいたペガサスクラブ(渥美俊一創設)の教えを継いだ経営塾です。

株式会社アニマライフでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう