1
/
5

CUT&RUN-seqの受託解析サービスを開始しました

CUT&RUN (Cleavage Under Target & Release Using Nuclease) は、DNAとタンパク質の相互作用を解析する技術です。2021年1月に開催したCUT&RUN-seqに関するセミナーも非常に多くの反響をいただき、バイオインフォマティクストレーニングもご好評をいただいております。 このたび上記の反響を受けて、「CUT&RUN-seqの受託解析サービス」を開始する運びとなりました​ので、お知らせいたします。

CUT&RUN-seq 受託解析・バイオインフォマティクストレーニング | amelieff
CUT&RUN-seqのデータ解析での困りごと CUT&RUN-seqデータ解析の、受託解析およびバイオインフォマティクストレーニングサービスを通して、 お客様が抱えるお困りごとを解決します。 サービスの特徴 ・受託解析 ・解析条件の擦り合わせを行い、 お客様のニーズにあわせた解析を実施します。 ・中間・最終報告を実施し、 解析結果を解釈も含め丁寧にご説明 します。 ・バイオインフォマティクストレーニング ・CUT&RUN-seq解析について、 豊富なデータ解析経験を持つエンジニアが講義します。 ・公開シ
https://amelieff.jp/cutandrunseq/

【サービスの特徴】

・お客様の研究目的に沿って「モチーフ検出(別途有料オプション)」などの高次解析にも対応致します。

・CUT&RUN-seq解析の実績豊富な専門家が中間・最終報告を実施し、解析結果を解釈も含め丁寧にご説明いたします。

【メリット】

・CUT&RUN-seqの高次解析をすることで、論文用の図表作成にご活用いただけます。

・中間報告では、解析結果をもとに最終的な解析方針を確認するため、想定通りの報告書を得ることができ、再依頼による時間・金銭的コストがかかりません。

・最終報告で解釈を含めて丁寧にご説明いたしますので、「結果の見方がわからない」といった困りごとを避けることが可能です。

ご興味のある方は、こちらよりお気軽にご連絡ください。

CUT&RUN-seq 受託解析・バイオインフォマティクストレーニング | amelieff
CUT&RUN-seqのデータ解析での困りごと CUT&RUN-seqデータ解析の、受託解析およびバイオインフォマティクストレーニングサービスを通して、 お客様が抱えるお困りごとを解決します。 サービスの特徴 ・受託解析 ・解析条件の擦り合わせを行い、 お客様のニーズにあわせた解析を実施します。 ・中間・最終報告を実施し、 解析結果を解釈も含め丁寧にご説明 します。 ・バイオインフォマティクストレーニング ・CUT&RUN-seq解析について、 豊富なデータ解析経験を持つエンジニアが講義します。 ・公開シ
https://amelieff.jp/cutandrunseq/
アメリエフ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう