1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ベンチャー新卒入社~この1年でタイムマネジメントの大切さに気づいた

こんにちは!広報の山本です。

今年度も残りわずかとなりました。4月から就職する方もたくさんいらっしゃると思います。

今回は、アメリエフに2019年4月に新卒入社してくださった木本さんに、どんな1年だったのかインタビューしてみました。

山本:木本さんは、当社で初のインターンからの正社員登用社員ですね。アメリエフに入社しようと思ったきっかけは何ですか?

木本:インターンを2ヵ月やらせていただき、アルバイトを経て、正社員のお話を頂きました。その時は、大学院試を受けていたタイミングだったのですが、バイオインフォマティクスの未来に将来性を感じ、就職することにしました。

山本:入社して1年経ちますが、どのような仕事に携わってきましたか?

木本:いくつかありますが、まず、バイオインフォマティクストレーニングで使用する資料準備や改良があります。既に科目となっているオーソドックスな科目の資料を見直したり、お客様の研究に合わせてカスタマイズするトレーニングの場合は、一から資料を作ることもあります。

僕自身、技術的な勉強会などにいくつか参加しているのですが、その時の資料と比べると、アメリエフの資料は内容が濃いので丁寧に作るように心がけています。

次に、製品開発です。業界で使われている技術は日々新しくなっていくため、既存の自社製品を日々アップデートしています。また、お客様のご要望に合わせたシステム開発にも取り組んでいます。仕様を満たすだけでなく、仕様変更やアップデートの際でも迅速に対応できるような、後から見てもわかりやすい構成でコードを書く必要があるため、エンジニアとしての腕が試されます。
最近では、希少疾患に関する変異検出レポートを出力するようなレポートシステムの開発にも携わっており、ゲノム医療という最先端の仕事に関われる魅力を感じています。

最後に、受託解析です。アメリエフでは一般的な受託解析企業が受けないようなカスタマイズ性の高い解析も引き受けているため、ニーズのヒアリングが重要です。お客様とのコミュニケーションを丁寧に進めています。最新の解析技術のため社内にノウハウが少ない場合は、論文ベースの調査から始まるため論文を効率的に読むよう心がけています。

ベンチャーには期待していなかった意外な働きやすさ

山本:アメリエフで働いてみていいな、と感じているところはありますか。

木本:一番いいなと感じているのは、スーパーフレックス制度で業務の開始と終了時間を自分の裁量で決められる点です。その分、自分で時間の管理しなければならないので、ある程度マネジメント能力が必要となります。

山本:エンジニアの方は納品の出張で勤務時間が長くなったり、繁忙期にどうしても長時間勤務が必要な時があるので、働いた分を別の日に割り振れるところがいいですよね。

木本:あと、学習する環境が整っていることです。会社として社員に参加を推奨している学会もありますし、必要だと認められれば外部のセミナーなども自由に行かせてもらえます。

学会などでアメリエフの名前を出すと、ゲノム解析のアメリエフさんで働いているんですね、って一目置かれています。

山本:そうなんですね、それはうれしいです(笑)

タイムマネジメント力を身に付け成長を実感

山本:ご自身が成長したと感じているところはありますか?

木本:個人的にタイムマネジメントの大切さに気付きました。さっき紹介した業務は一つ一つ与えられるわけではないので多い時は4件くらい案件を持つことがあります。常にマルチタスクなので時間の使い方をマネジメントできないと、業務がどんどん立て込んでしまいます。

入社したての頃は納品の前日に焦って作業を終えることもあったのですが、上長からのアドバイスで、ゴールから逆算してスケジューリングを行うようにしました。これにより、余裕を持って案件をこなすことができるようになってきました。

山本:最後に、今後やりたい仕事はありますか?

木本:ライフサイエンス分野の進展に貢献できるようなサービスを作りたいです。「技術は社会に還元されてこそ価値が出る」と思っているので、その実感が湧くような仕事に携わりたいですし、そういう会社にしていけるように貢献したいです。

山本:会社としても、今後は、製薬会社、外食・食品メーカーなど多種多様な業種ともコラボレーションして、まだ世の中にない面白いアイディアを社会実装させたいという思いがあるようです。開発に情熱を持っている木本さんに好ご期待!ですね。

アメリエフ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう