This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「映像を起点に、コミュニケーションの可能性を拡げたい」大滝 洋平 映像ディレクター

「自分が楽しみながら、人を喜ばせることが好き」と話す映像ディレクターの大滝さん。 映像表現の可能性を拡げるために入社したアマナで目指す、将来のディレクター像を聞きました。

Q:アマナでの仕事内容は?

映像ディレクターとして2017年に入社しました。主にアマナの各部署の営業、プロデューサー、 プランナーから仕事の依頼を受けていて、企画・提案・演出・編集まですべてを任せてもらっています。

仕事をする上で大切にしていることは、クライアントを好きになることと、一緒に仕事をするスタッフを置いていかないことです。自分の作りたい映像を作るためには、自分一人ではできないことが多々ありますし、自分の企画や成果物を皆に楽しんでほしいんです。クライアント、営業、プロデューサー、若手の後輩達、案件に関わる皆が楽しんで能動的に仕事ができたら、いいものが生まれないわけがない。 作る人それぞれの楽しさが化学反応を起こしてポジティブな連鎖が拡がっていく。それが理想のディレクションだと思っています。

Q:これまでのキャリアは?

東京農業大を卒業して造園会社に入社。外構造園工事の現場監督を1年半程経験しました。やりたいことを決めてそれまでの人生を生きてきたわけではありませんでした。「自分は何がしたいんだっけ?」と 考えたときに、テレビと図工が好きだったなぁと思い、造園会社を辞め専門学校に入り、制作ソフトを 広く学ぶことにしました。その中の映像の授業で、たまたま編集ソフトを触ったとき、直感的に 「あ、面白い」と思えたことがディレクターを目指したきっかけです。

卒業後に小規模の映像制作会社に素人で入社して、雑務をやりながら映像制作の仕事を基礎から学ばせてもらいました。PM(プロダクションマネージャー)の仕事ができるようになり、徐々にディレクター らしいことを任せてもらえるようになりました。

この映像制作会社で、フィルム時代を経験している監督達から、映像制作の基本や撮影に対する緊張感 などを学べたことがディレクターとしてのベースにあります。もっと振り返ると、職人と施主の板挟みでメンタルを鍛えられ、陰の努力をきちんと評価してくれる上司がいた造園会社が、私の社会人としての アイデンティティを形成しています。少し遠回りしていますが、無駄なことは一つもなかったと思って います。 そして、30歳のときに新たな環境を求め転職しました。

Q:アマナを選んだ理由は?

規模の大きいところで自分の力を試し、視野を広げたいと思っていました。現在の上司と話をしたとき、アマナは新しいところにグイグイいく会社だとわかり、映像を届ける手法やメディアもたくさん経験できそうだと感じました。当時、プロジェクションマッピングやVRなど、テレビモニターにとどまらない映像の表現手法が増えていたので、そういったところに挑戦できることや、自分のディレクションの幅を拡げられると思い、アマナに入社しました。

Q:入社して感じるアマナの人や職場環境は?

とにかく自由で裁量を持たせてもらっています。入社後の研修中から企画の依頼がきて、自分で好きなように考えて提出すると、「この企画いいじゃん」と言われ、アマナに入ったその日から一人のディレク ターとして期待してもらえました。研修が終わったらすぐに、米ラスベガスで開催されているCES*の出展ブース用映像の企画・構成を考えてほしいなど、入社して間もないのに次々と仕事が入ってきたのはありがたかったですね。 *毎年1月にラスベガスで全米民生技術協会 (CTA) が主催する電子機器の見本市

配属先はディレクターしかいない特殊なユニットで、よくも悪くも皆自分のスタイルで好き勝手にやっています。いろんな価値観を持った人がいる環境は自分にとって居心地がよく、同世代のディレクターの 作品からも刺激を受けることが多いです。

Q:これからアマナで目指したい自己実現は?

映像は総合クリエイティブだと思っています。グラフィックスや音、CG、美術、写真的なアングルの  切り方など、いろんな要素が混ざり合っているコンテンツです。それをプロの世界で作ってきたから  こそ、映像だけにとどまらず、もっといろんなコミュニケーションができるはずだと思っています。  実際に、映像のコンセプト提案から企業のブランディングにつながったり、WEBデザインとも連携したりと、映像で培ってきたノウハウや技術を起点にコミュニケーションの幅が拡がっていく手応えは感じています。アマナには様々な知見を持った一流のクリエイターがたくさんいるので、もっと可能性を拡げていけると思っています。

自分は物語を紡ぐことが得意でかつ好きなので、映像を起点としてあらゆる表現手法を駆使しながら人を喜ばせたいと思っています。もちろん自分も楽しみながら。                   「大滝さんに頼んだら、なんか楽しくなるよね。」とか言われたらうれしいですね。(2019年12月取材)

株式会社アマナでは一緒に働く仲間を募集しています
「映像を起点に、コミュニケーションの可能性を拡げたい」大滝 洋平 映像ディレクター
Noriko Tanigaki
株式会社アマナ / コーポレート・スタッフ
8 いいね!
8 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう