1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【オルタナティブなKojima log 】Azure Fukuoka Baseリリース!

◯Azure Fukuoka Baseを運営します

こんにちは、オルターブースの小島です。

今日は10月14日に無事リリースされたAzure Fukuoka Baseについてお話しようと思います。



これは何かというとMicrosoftが提携しているイベントスペースです。

コワーキングスペーススペースやリモートワークスペースという形で全国にあって、企業のオフィスの一部屋をMicrosoftが拠点として借りているものもあります。



Azure Fukuoka Baseに関しては弊社が入居しているガレージ感溢れるビルの一室を借りてやっています(笑)

Azure Fukuoka Baseが目指すのはMicrosoft Azureの配信基地

Microsoft Azureの情報を我々のような企業やコミュニティから福岡、そして九州全域に向けて発信していく。

そのためにコンテンツを配信する部屋、仕組みが必要なんですが、それがAzure Fukuoka Baseなんですね。

なので、皆さんの中でMicrosoft AzureやMicrosoftの技術を発信したい、もしくはコミュニティから情報発信をしたい方がおりましたら、ぜひご相談ください。



このスペースは無料で開放しますので、YouTubeの配信、ポッドキャストの収録、編集作業など、自由にお使いください。

それから、この部屋は超高性能なホワイトボードテレビが備え付けられています。

Surface Hub 2Sと言って、それを使って例えばオンラインハッカソンのようなインタラクティブコンテンツを配信したいなと考えています。

そういう企画もどんどんやっていきますので、ぜひ楽しみにして頂きたいです。

◯なぜ僕らはAzure Baseをやるのか?

このAzure Fukuoka Baseをなぜ僕らがやることになったのか。

きっかけはいくつかありますが、一つはMicrosoft Azureの啓蒙なんですね。

そのミッションを企業の力を使ってやってみようと。

もう一つはマーケティングです。

リモートワークの広がりも影響して、今や動画、音声コンテンツがどんどん盛り上がっています。

そういう流れに一早くキャッチしてマーケティングをやってみたい方はいるはずで、そうした方たちと一緒にやれたら面白い。

僕ら自身も動画配信を頻繁にやっているんですが、経験があるだけで別にノウハウというレベルのものがあるわけじゃないです。

一緒に発信活動をやりながら、オンラインコミュニティができていけばいいなと思っています。

◯アプリ、使ってみてください

Azure Base Fukuokaで一つのアプリを提供しています。

「デジタル会員証」と言って、Azure Fukuoka Baseに入室する際に、入室された方を管理するアプリサービスなんですが、それをオルターブースで提供しています。

なので、もしAzure Fukuoka Baseにいらっしゃったら、ぜひそのサービスも使って頂きたいなって思っています。

ちなみにそのサービスは弊社のテックリードのMLBお兄さんが丹精を込めて作ったものなので、

今後の配信でMLBお兄さんからアーキテクチャーの説明をして貰うといったコンテンツもできたらいいなと考えています。



もちろん特許に絡む部分の話はできませんけど、技術的な部分の開示はいつもでもします。

どういう風にこのサービスを作ったのかといった話も全然お話しできますので、楽しみにしていてください。

あともう一つ予告すると、オルターブースは近々ポッドキャストを始める予定です。

日常をだらだら喋ったり、うちの社員にインタビューしたりと、楽しげにやりますので、こちらもリリースしたらぜひ聴いてください。

以上になります。

ということで今日はFukuoka Azure Baseのお話でした。

☆本記事は2020年10月30日に配信された弊社代表・小島のVlogをもとに再構成しています。

☆配信動画をご覧になりたい方はこちらから!

株式会社オルターブースでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング