1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【若手社員インタビュー】自身の成長のため、オルコネに転職。決め手は「同世代の仲間と競い合える環境」と「評価制度」

こんにちは、オールコネクト採用戦略部の南里です。
今回は2016年4月入社、R.Mさんへのインタビューしてきました!

はじめに、簡単に自己紹介をお願いします。

R.Mです。2016年4月にオールコネクト(以下:オルコネ)に中途入社しました。入社後はコールセンター(インターネット回線の契約窓口)に配属され、現在はMVNOのカスタマーサポート担当として働いています(ここではインターネット回線もMVNOも、以下:商材とします)。
趣味は旅行で、近年は国内だけでなく海外にも行くようになりました。

高校を卒業してから、オルコネに出会うまでの経緯を教えていただけますか?

2009年3月の高校卒業と同時に、地元の製造会社へ就職しました。従業員が多いので、コミュニケーションを取りながら楽しく働けると思いましたが、実際は従業員同士の会話は少なく、業務もマニュアルに沿って淡々と作業をこなすばかり。さらに、作業場の温度が40度を超えており、暑さで体調を崩してしまうこともあったので、1年半で退職しました。
その後は国内外の旅行やアウトドアの趣味など、自分の好きなことに時間を使いたいと思い、勤務時間やシフトの融通が利くアルバイトとして、接客業を中心に2年半働きながら生活を続けました。
そして高校を卒業して4年が経ったころ、高校時代の同級生が大学を卒業して正社員として働きだし、「私もそろそろ正社員として働こう」と思い、コンタクトレンズの販売を行う会社に正社員(接客販売の担当)として入社しました。もともと人と話すことが好きだったので、お客様に合う商品をオススメして感謝されたり、会話を通して常連のお客様と仲良くなれたりと、楽しく仕事をしていました。しかし、明確な目標がなかったことや、仕事を通して経験できることも多くはなかったので、自分の成長を考えた時に仕事を続けていくことが良いことなのかと悩むようになっていました。
そんなとき、たまたまオルコネで働く友人に出会ったことで、私に転機が訪れました。

同世代の仲間と競い合うことでより成長できると思った

オルコネに興味を持ったきかっけや、入社を決めた理由は何でしたか?

友人からオルコネの話を聞いたことがきっかけです。
当時友人はオルコネのコンタクトセンターで働いており、20代のスタッフが多く活躍していることや、若くても成果を出せばキャリアアップできるという実力主義の社風であることなど、たくさん話をしてくれました。中でも、1カ月単位や1日単位で目標が明確に設定されていたり、目標に対しての達成状況がリアルタイムで見られるモニターが設置されていることにはとても驚きました。
そして同時に、目標もなく人と競い合うこともない自分の職場環境へ危機感を覚え、自分も同世代の仲間と切磋琢磨できる環境で働きたい!と強く思い、友人の紹介でオルコネへ入社しました。

現在の仕事内容について教えていただけますか?

入社してから2年間は、自社のWebサイトから問合せいただいたお客様に電話をかけて、商材の概要や料金プランをお伝えし、お申込いただく業務を担当していました。
現在はカスタマーサポートの業務を担当しています。契約後のお客様から商品やサービスの不明点について問合せいただいたり、商材の不具合についてのご指摘や解約の希望をいただくこともあります。お客様の話を聞いたうえで感情と事実を切り離して「何が問題(悩み)なのか」を聞き取り、冷静に対応することが求められます。そのため、私はお客様が話しやすいようにお客様の声のトーンや大きさ、スピードに合わせて応対したり、認識のズレを失くすために、話を聞き終えてから5W1Hに沿ってお客様の悩みを整理しながら確認したりしています。

仕事のやりがいや面白みは何ですか?

一番やりがいを感じるのは、お客様から感謝の言葉をいただけた瞬間です!
電話を切る際に、お客様から「あなたの説明のおかげで商材のメリットが理解できたから、契約を続けてみます!」など、感謝の言葉をいただけたときは「お客様の悩みを解消できて良かった!」って心底思えるので、その瞬間が嬉しくてたまりません。

実際に働いてみてどうですか?

目標に対しての達成状況で自分の成長を感じられることがとても楽しいです。
日々の目標が設定されているので、目標を達成することや、前日の自分の目標を超えることに集中して取り組めていると思います。
また、嫌なことやミスがあったり、目標を達成できない日があっても、反省はしますが寝て忘れられるタイプなので、翌日になるとまた今日もやるぞ!という常に前向きな気持ちで仕事ができるので、オルコネのコールセンターの仕事は性に合っていると思います。

それ以外に、働き方について何か感じていることはありますか?

以前の職場と比べて、有給休暇が取得しやすくなりました。友人と予定を合わせて旅行や買い物に出かけられるので、有給休暇が取りやすいことは嬉しいですね!ただ、欲を言うと長期休暇がほしいです。海外旅行へたくさん行きたいので!(笑)

人生一度きり、やりたいと思ったことは挑戦したい

ご自身の中で大切にしていることはありますか?

人生一度きりなので、直感で思いついたことは積極的に挑戦するようにしています。例えば2019年の秋には、何となく「インドに行ってみたい!」と思い、友人と一緒に1週間ほどインドへ行ってきました。テレビで観たことあるような観光スポット以外にもいくつかの地域を回りましたが、身につけている衣服や家の造りなど、地域や個人によって違いがたくさんあり、テレビで見ていた光景とは全く違う世界もあって衝撃を受けました。もちろん日本でも違いはありますが、私たちの生活における“普通”や“当たり前”という感覚はとても幸せなことなんだと、身をもって実感することができました。
また、入社3年目からは本を読むことも大事にしています。昔から読書は苦手でしたが、何となく「本を読んでみよう!」と思い、友人に本を借りました。1冊目は何となく文章を読んでいただけでしたが、2冊目以降は内容を楽しみ、理解しながら読めるようになっていました。今ではだいたい月に1冊のペースで本を読めるようになり、今まで知らなかった語彙や表現を知ることもできました。

最後に、今後の目標を教えていただけますか?

仕事では、ひとりでも多くのお客様の悩みを解消できるよう、応対品質は維持したまま電話1件にかかる時間を1分でも削減したいと思っています!時間を1分削減するだけで、だいたい1日5人のお客様の対応を増やせますし、他の業務や他のスタッフのサポートに時間を使い、全体の応対品質を向上させることもできます。そのためにも、読書で学んだ言い回しや語彙を活用し、少しでも説明が分かりやすくなるよう努力していきます。
また、私生活では世界各国に行ってみたいです!行ったことがある国はまだ4カ国だけですが、20~30代のうちにできるだけ数を稼いでおきたいです(笑)。近い目標だと、バンジージャンプやスカイダイビングなど、経験したことのないことに挑戦して、自分の世界観を変えたいですね!
株式会社ALL CONNECT(オールコネクト)では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう