1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

CEATEC 2020 ONLINEにて 小田原市マイクログリッド構築事業の内容を発表しました!

10月20日(火)から開催される、アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクスの総合展示会『CEATEC 2020 ONLINE』内、京セラのオンラインブースにて、本マイクログリッド構築事業の取り組みが紹介されます。コンソーシアムメンバーパートナーである京セラ、REXEV、A.L.I.の三社代表による対談形式の動画にて、最新の技術を活かした、ニューノーマル社会に向けて貢献可能な取り組みとして、各社の役割や事業詳細が紹介されます。


写真:左から、京セラ・草野吉雅様、A.L.I.・渡慶次道隆、REXEV・渡部健様

■実証事業におけるA.L.I.の取り組み
(1) 環境価値取引プラットフォームの提供
(2) 新たな再エネファイナンス手法の提案
(3) 演算サーバを活用した新たな調整力の創出
(4) ブロックチェーンを活用したスマートメータのデータ基盤検証


■CEATEC 2020 ONLINE
会期: 2020年10月20日(火)~23日(金) 10:00~17:00
公式サイト: https://www.ceatec.com
入場: 無料(全来場者登録入場制) ※入場にはオンラインでの登録が必要です。
主催: CEATEC実施協議会
概要: 「CEATEC – Toward Society 5.0 with the New Normal(ニューノーマル社会と共に歩む CEATEC)」をスローガンに掲げ、オンライン上に「ニューノーマルエリア」、「企業エリア」、「Co-Creation PARK」の3つの展示エリアと、「コンファレンスエリア」、「公式イベントエリア」を加えた5つのエリアで構成するIT技術とエレクトロニクスの国際展示会。

■京セラ株式会社出展ブース
出展エリア: 「企業エリア(General Exhibit Area)」
ブース: https://online.ceatec.com/event/92/booth/1061
概要: “デジタライズでスマートな世界へ”をブーステーマに、京セラの最新テクノロジーを、モビリティ、5G/IoT、スマートファクトリー、エネルギーの4つのカテゴリーで紹介予定。また、各製品ページでは、先進技術やアプリケーションの事例に加え、共創の取り組みなどがプレゼンテーションや動画で紹介されます。

■参考リリース
神奈川県小田原市における再生可能エネルギーを活用した地域マイクログリッド構築事業に関する採択について

株式会社A.L.I.Technologiesでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう