1
/
5

打席に立たせ続けてくれるのがAIGATE、失敗を恐れずに奔走する25歳管理部メンバーの想い

コンサルティングからフロントオペレーションまで一気通貫で顧客企業の事業を支援するAIGATE。25歳にして創業メンバーである管理部 中村へのインタビューを通してAIGATEとの出会い、2年間の歩みについてご紹介します。

【プロフィール】
中村 颯(なかむら・はやと)
大学在学中にAIGATEグループに参画。社長直下で広告運用や管理業務を担当。その後AIGATE管理部にジョインしデッドファイナンスや監査法人対応、証券会社対応、取締役会・株主総会の運営など管理業務全般を担う。

東京大学経済学部卒

「そんな生き方をするな」竹尾との出会いで決意したAIGATEへの参画

ー中村さんは在学中からAIGATEに参画されていますが、どんな学生時代を過ごしたのですか
中村:大学一年生の頃からマーケティング企業でインターンとして働いていました。その会社では新規事業における市場調査やインサイドセールス、オウンドメディアの運営なども経験しました。高校時代から「働くこと」にモチベーションがあったかというと、そういうわけではありませんでした。打ち込めることを探したいという思いで、インターンを始めてみて、仕事の楽しさに気が付いたんです。それまでは学校で勉強して、良い点をとって...という世界だったのに対して、仕事って「出来ないこと」ばかりなんですよね。すぐ壁に直面しました。ただその「出来ないこと」が努力と経験によって「出来ること」になっていく、そんな螺旋のような経験がひたすらに楽しいなと思うようになりました。

ーAIGATEとの出会いは
中村:そうして仕事に熱中していくなかで、段々と物足りなさを感じるようになりました。そんな頃に地元の同級生から「会社を立ち上げたから手伝ってほしい」と誘いを受けまして。当時、大学二年生の頃でした。後から聞くところによると、代表の竹尾が出資した会社で(後にAIGATEにて吸収合併)、彼が松村に対して「知り合いで一番優秀な人を連れてこい」と言ったことがきっかけだったそうです。

大学三年生の頃にAIGATE設立となったのですが、その際に竹尾から「管理部をやってほしい」と声をかけられ、社員として働くようになりました。それからは大学に行くのは週に2日計4時間ほど、残りの時間はほとんど働いてました。とにかく働くことに明け暮れて、就職活動はほとんどしませんでした。AIGATEであれば事業としても自分自身のキャリアとしてもうまくいく、という確信めいたものがあったのかもしれません。

ー竹尾さんと初めて会った日のことは覚えていますか
中村:最初に竹尾と話した時に「やりたいことは何か」と聞かれたのですが、その時の僕は答えられなかったんです。ぼんやり将来について考えることはあっても、自分が何をしたいか真剣に考えたことはなかったので。竹尾からは「そんな生き方をするな」と怒られました。自分を形作っている「運」や「縁」を私物化してるんじゃないか、と言われたんです。初対面の方にそこまで言われるとは思わなくて、衝撃を受けると同時にその言葉に腹落ちしている自分がいました。

AIGATE参画の理由はただ一つ、竹尾に強烈な魅力を感じたからです。「この人の生き方ってかっこいいな」と、純粋に思いました。数々の事業再生とバリューアップを行ってきた竹尾ですが、心の底から「ひとのため」「社会のため」ひいては「日本のため」という嘘偽りの無い覚悟があるんですよね。その印象は出会ってから数年経った今も変わりません。

自分が「ラストマン」になる覚悟でどんな物事にも向き合う

ーAIGATEではどのような仕事をしてきたのですが
中村:2018年3月にAIGATEが設立して、2019年8月に取締役の安岡が参画するまで、デッドファイナンスや監査法人対応、証券会社対応、取締役会・株主総会の運営など管理業務全般を竹尾直下で経験しました。AIGATE設立当時から上場準備がはじまったので、規程整備なども担当しました。

ー仕事をするうえで大切にしていること、やりがいを教えて下さい
中村:必要な情報と知識をキャッチアップするために、まずは経験のある方にちゃんと聞くようにしています。みんな親身になって答えてくれるので、それを自分の知識にしてきました。そして、とにかく考え抜くこと。考え方の基礎は安岡にレクチャーしてもらっています。「解くべき問いはなにか」「問を解くために必要な情報はなにか」を常に考えることで、最短のステップ、ソリューションを実行する癖が身に着いたと思います。また、課題が発生したら対処療法ではなく、そもそもなぜその問題が起きたのかの根源について目を向けられるようになりました。自分のなかでも思考の質が変わってきた感覚があります。

そして一番大切にしているのは「プロフェッショナリズムを持ち、やりきること」。それもAIGATEで教わりました。

例えば証券会社や銀行向けの資料作成や説明は僕が担当してたのですが、もし資料にミスがあったり伝わりにくい説明をしてしまったとしても、隣には安岡がいる安心感があります。一方でそうした心持ちで準備をしたり会議に臨むと、アウトプットのクオリティが極端に下がってしまうんですよね。以前、何度か仕事でミスが続いてしまったことがあったのですが、安岡から「ラストマンシップをもって仕事をすること。誰かがなんとかしてくれると期待してはいけない。」と言われました。それ以来、アウトプットの最終責任は自分にあると考えて行動するようにしています。今では僕から他のメンバーにもこの話を伝えるようになりました。近くに信頼する上司がいると安心から気が緩んでしまうこともあるかもしれませんが、この意識を持って働けるようになったことは僕にとって大きな財産だと思っています。

一般的な管理部のイメージとして、「やることが全部決まっていて、誰がやっても同じアウトプットになる」と考える方は多いかもしれません。しかしAIGATEはまだ整っていない部分が多く、管理部では業務を設計する段階から取り組んでいます。自分の頭を使って会社を一から作っていけるのが、非常に面白いしやりがいを感じますね。自分が「ラストマン」になる覚悟でどんな物事にも向き合う

ーAIGATEではどのような仕事をしてきたのですが
中村:2018年3月にAIGATEが設立して、2019年8月に取締役の安岡が参画するまで、デッドファイナンスや監査法人対応、証券会社対応、取締役会・株主総会の運営など管理業務全般を竹尾直下で経験しました。AIGATE設立当時から上場準備がはじまったので、規程整備なども担当しました。

ー仕事をするうえで大切にしていること、やりがいを教えて下さい
中村:必要な情報と知識をキャッチアップするために、まずは経験のある方にちゃんと聞くようにしています。みんな親身になって答えてくれるので、それを自分の知識にしてきました。そして、とにかく考え抜くこと。考え方の基礎は安岡にレクチャーしてもらっています。「解くべき問いはなにか」「問を解くために必要な情報はなにか」を常に考えることで、最短のステップ、ソリューションを実行する癖が身に着いたと思います。また、課題が発生したら対処療法ではなく、そもそもなぜその問題が起きたのかの根源について目を向けられるようになりました。自分のなかでも思考の質が変わってきた感覚があります。

そして一番大切にしているのは「プロフェッショナリズムを持ち、やりきること」。それもAIGATEで教わりました。

例えば証券会社や銀行向けの資料作成や説明は僕が担当してたのですが、もし資料にミスがあったり伝わりにくい説明をしてしまったとしても、隣には安岡がいる安心感があります。一方でそうした心持ちで準備をしたり会議に臨むと、アウトプットのクオリティが極端に下がってしまうんですよね。以前、何度か仕事でミスが続いてしまったことがあったのですが、安岡から「ラストマンシップをもって仕事をすること。誰かがなんとかしてくれると期待してはいけない。」と言われました。それ以来、アウトプットの最終責任は自分にあると考えて行動するようにしています。今では僕から他のメンバーにもこの話を伝えるようになりました。近くに信頼する上司がいると安心から気が緩んでしまうこともあるかもしれませんが、この意識を持って働けるようになったことは僕にとって大きな財産だと思っています。

一般的な管理部のイメージとして、「やることが全部決まっていて、誰がやっても同じアウトプットになる」と考える方は多いかもしれません。しかしAIGATEはまだ整っていない部分が多く、管理部では業務を設計する段階から取り組んでいます。自分の頭を使って会社を一から作っていけるのが、非常に面白いしやりがいを感じますね。

社員のことも成長させたいという思いが浸透しているのが、AIGATEの強さ

ー創業期からAIGATEを見てきた中村さんですが、この二年でAIGATEは変化しましたか
中村:事業が成長しているのはさることながら、組織の変化が目覚ましいと思っています。一言でいうと「めちゃくちゃ会社が良くなってる!」と感じています。安岡や樋口をはじめ経験豊富な経営陣が参画したことはやはり大きいです。竹尾だけでなく柱となる経営陣が参画したことで、非常に良いバランスで意思決定ができる組織になったのかなと思います。会社の制度等も整備されてきて、細かいことも含めた積み重ねで良くなってきているなと日々感じます。


ーこれから事業も組織も拡大していくなかで、守りたいものはありますか
中村:成果を出すためにとにかく愚直にやる、そして失敗が評価されるカルチャーは守っていきたいです。AIGATEでは何かに挑戦した結果が失敗だったとしても、挑戦したこと自体が評価されます。目標がかなりストレッチなものであること、うまくいってもいかなくてもフィードバックを与えてくれる環境であることもAIGATEの魅力だと思います。どんな失敗をしてしまっても本人が諦めない限り、絶対にチャンスを与え続け、打席に立たせ続けてくれる組織です。会社だけでなく社員のことも成長させたいという思いが浸透しているのが、AIGATEの強さだと思います。

ー今後AIGATEでどんなことに挑戦していきたいですか?
中村:まずは当初からの目標である上場を成し遂げたいですね。そのために乗り越えなければならない壁がいくつかあるので、着実にクリアしていきたいと思います。

個人的には担当する領域が日々広がるなかで、仕組みづくりや課題解決をしながら大局の戦略策定ができるように経験を積んでいければと。そして僕は飽き性なので、常に新しいこと、現状維持にならないように日々チャレンジしていきたいです。幸いAIGATEの環境は日々めまぐるしく変わるので、それが今とても楽しいですね。

実はこのままだと器用貧乏になるのでは…と不安に思ったことがあり安岡に相談したことがあるのですが、「何でもできる”スーパーマン”になればいいじゃん」と言われました。今は一つ一つの精度を高めて「スーパーマン」になれればと思っています。

ー最後に、AIGATEに興味がある方へメッセージをお願いします
中村:世の中にある仕事を課題解決を軸に考えた時に、大きく3つの分類されると思います。1つ目は「問いを解く仕事」、2つ目は「問いの解き方を考える仕事」、3つ目は「問いそのものを考える仕事」です。

3つ目の「問いそのものを考える仕事」は非常に難易度が高いと思うのですが、AIGATEでは日々そうした課題に向き合うことが求められます。経験豊富な経営陣を間近に見ながら、失敗を恐れず挑戦し続けられる環境がAIGATEにはあります。卓抜したスキルを身に付けたいと思う成長意欲のある方、ぜひお待ちしています!

AIGATE株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング