1
/
5

株式会社MatrixFlowとの2社合同セミナーに代表井上の登壇が決定!

こんにちは!

この度、株式会社MatrixFlowとの2社合同セミナーに、代表井上の参加が決定いたしました!

 本イベントは、ノーコードAIツール『MatrixFlow』にアイディオットの『未来データ』を掛け合わせた強化データを用いての、超短期・内製で高精度な不動産の価格予想を行うAI構築の一例を、デモを交えながらご紹介する2社合同セミナーとなっております!
弊社からは代表の井上が登壇いたします。

詳しくは、以下をご確認ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


■イベント名

『社内データだけじゃもったいない!外部データでAIの精度を爆上げする方法(実演あり)』
~未来人口データ活用による都心不動産の将来価格予測~

■開催日時・場所

日時:2021年9月30日(木) 17.00~18.00
場所:オンライン

※申し込み方法等、詳しくはこちらをご覧ください。
 ⇒社内データだけじゃもったいない!外部データでAIの精度を爆上げする方法(実演あり)~未来人口データ活用による都心不動産の将来価格予測~ | Peatix


■内容

 不確実性の時代において、多くの日本企業が新規事業の立上げ、業務効率化のためにDXの推進を始めています。そのような中、最小限の支出によって最大限の利益を生み出すためには、社内データに留まらず、外部データも素早く利活用し、データドリブンな経営・マーケティング・セールスのプロセスを確立していくことが大きなポイントになります。
今、AI導入によるデータ利活用を躊躇し、従来の安定事業に依存してしまうことは、数年後に競合企業と縮めることが困難な大きな差を生じる原因となり、有能な人材の確保・育成やデジタル活用によるビジネス機会を失うことにもなってしまいます。
 本ウェビナーでは、ノーコードAIツール『MatrixFlow』にアイディオットの『未来データ』を掛け合わせた強化データを用い、超短期・内製で高精度な不動産価格の予測を行うAIを構築するという一例をデモを交えてご説明いたします。

✅このような方には特におすすめ
・データドリブン経営・マーケティング・セールスへの取り組みにご関心をお持ちの方
・不動産領域、店舗開発、エリアビジネス等にAIを活用して売上をUPしたい方
・エリア毎の詳細な人口推移データを用いて新規事業を立上げたい、または業務効率化を図りたい方
・AIツール(AutoML)を検討しているものの、ビジネスパーソンにも使い勝手の良いものが見当たっていない方
✅このような方にも勿論おすすめ
・業界・業種かかわらずDX推進にAIを活用したいが「AI構築ってすごくお金がかかるのでは?専門家がいないと無理
 なのでは?」とご不安な方
・AIを活用したいが社内に十分なデータがないかも知れないとお感じの方
・まずはノーコードAI構築ツールを試してみたい方
・まずは利活用可能な外部データにどのようなものがあるのか知りたい方
・社内でAI人材を育成したいが何から始めれば良いかわからずお困りの方

■プログラム

(1)株式会社アイディオット(代表取締役:井上智喜)
  ①会社紹介
  ②DP2、未来データ紹介
  ③活用事例紹介

(2)株式会社MatrixFlow(CEO:田本 芳文)
  ①会社紹介
  ②ノーコードAIツール『MatrixFlow』紹介
  ③本日のデモ概要

(3)株式会社アイディオット&株式会社MatrixFlow
   未来データを用いたMatrixFlowデモンストレーション

■登壇者

 ・会社名:株式会社アイディオット
 ・役 職:代表取締役
 ・氏 名:井上 智喜
 ・プロフィール:
  東京都立大学在学中に、株式会社アイディオットを創業。
 人工知能とソフトウェアの開発事業を展開し、独自のルートで顧客を開拓。
 DX支援事業とデータ売買のプラットフォーム『DP2』を軸として事業を構築している。
 趣味:筋トレ、将棋、サウナ、バスケットボール

 ・会社名:株式会社MatrixFlow
 ・役 職:CEO
 ・氏 名:田本 芳文
 ・プロフィール:
  大学・大学院で素粒子物理学を研究。新卒でWebエンジニアとしてベンチャー企業に入社し、
 その後独学でデータサイエンスと機械学習を学び、AI系ベンチャーに転職。
 データサイエンティストとしてR&DとAIサービスの開発に従事。
 2018年10月に株式会社MatrixFlowを創業。株式会社MatrixFlowでは、AIの民主化・内製化を促進して
 いる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆さまのご参加、心よりお待ちしております!

株式会社アイディオットでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう