1
/
5

株式会社アイディオットのSDGsにおける取り組みについて

こんにちは!

さて、本日は、弊社のSDGsへの取り組みについてご紹介させていただきます。

早速、ご紹介させていただくその前に、「そもそも“SDGs”って聞いたことがあるけど何なんだろう?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はSDGsのご説明と併せて、弊社で取り組んでいることについてご紹介させていただきます。

それでは見ていきましょう!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


・そもそもSDGsとは?

 SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、人と地球の未来のために2030年までに解決すべき17の目標の事を指します。
近年では国際社会で普遍的に適用されるこれらの目標を達成するために、企業への期待も高まっています。

アイディオットではマテリアリティ(重要課題)への取り組みを通し、SDGsの達成に向けて貢献していくべく、ひとりひとりの“生きがい”を大切に、全てのお客様、社員、さらに社会課題に向けてさまざまな取り組みをしています。


・具体的にどんなことに取り組んでいるの?

 アイディオットでは大きく4つの目標について、特に力を入れて取り組んでいます。

① 質の高い教育をみんなに (目標4)

⇒データサイエンス(AI・統計・プログラミング)を中心としたテクノロジー技術を 包摂的かつ公正な質の高い教育を、 社員・お客様をはじめとしたいろいろな人に提供・促進します。

  • オンライン研修
  • 資格取得 援助
  • 未経験者の採用


② 働きがいも 経済成長も (目標8)

⇒お客様およびアイディオットの継続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、 生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進します。

  • 顧客成長率の意識
  • フレックス制度
  • 社内規定・評価制度


③ 産業と技術革新の基盤をつくろう (目標9)

⇒強靭なインフラ構築、DX推進のためのデータ・テクノロジーなど 包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図ります。

  • 計算処理技術
  • データサイエンス
  • プログラミング


④ 作る責任 使う責任 (目標12)

⇒テクノロジー産業において、使われない製品を作るのではなく しっかりとお客様の現場オペレーションで活用のできる状態とした使われる製品を作ります。

  • 業界知識の理解
  • 非エンジニア向け教育
  • 最大限の効率化


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

このように、株式会社アイディオットではSDGsの目標達成と持続可能な社会の実現に向け、事業を通じて社会の課題解決に取り組んでいます。

詳しくは弊社HPにも記載しておりますので、是非一度ご覧ください。
⇒ SDGsにおける取り組み|株式会社アイディオット - aidiot -

最後まで目を通していただき、ありがとうございました!


株式会社アイディオットでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう