1
/
5

CTOを交え、エンジニア座談会を実施! 〜アイディオットが求めるエンジニア像とは〜

こんにちは。

アイディオットで総務/マーケティングを担当している田中です。


今回は、CTOも交え、アイディオットのエンジニア4名をお呼びして、
オンライン座談会を実施しました✒️


#登場人物

取締役 CTO 小倉文翔
【プロフィール】現在36歳、千葉工業大学卒業
鹿島建設株式会社→IT業界に転職し、複数社でWebサイトやゲームなどの開発や保守に携わり今に至る
主に開発業務に従事。
趣味:ツーリング、キャンプ、ゲーム

中途入社 エンジニア 勅使河原良
【プロフィール】現在30歳
バックパッカー二年→帰国後にエンジニアとなる
顧客折衝から開発まで担当。
趣味:一眼レフ、プログラミング、サバイバル、釣り

アルバイト エンジニア 竹内晴貴
【プロフィール】現在22歳、慶應義塾大学在学中
主に開発業務に従事。
学科は数学系。
趣味:ゲーム、読書、睡眠

中途入社 エンジニア 山本翔人
【プロフィール】現在29歳
プログラミングスクール卒業後→web系受託開発会社→現職
主にプログラマー、保守業務に従事。
趣味:ドラム、アウトドア、アニメ鑑賞

新卒入社 総務/マーケティング 田中秀三
【プロフィール】現在23歳、首都大学東京卒業
主に総務兼マーケティング業務に従事。
趣味:洋画/海外ドラマ、漫画/アニメ、お笑い



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q.アイディオットで働く魅力は何ですか?

小倉:
アイディオットは上場という目標を掲げています。困難ですが、大きなリターンが期待できる目標だと思っています。
目標達成には、それぞれがアイデアを出し合っていくことが必要で、アイディオットはスタッフ各々が仕組みやルールに対して意見を出すことを評価していて、自ら会社の環境を作っていきたいと思える人にとってはとても良い環境だと思います。

勅使河原:
色々なこと(上流から下流まで)を任せてもらえることです。
入社直後からお客さんと交渉するような、陽の当たる、責任ある仕事をやらせてもらえています。

竹内:
学生のうちに上場を目指してる環境で働けることです。
学生なのに社員の方と全く同じ立場でガッツリ開発させてもらえているので、とても恵まれていると思います。

山本:
良くも悪くも急かされることで、スピードが身に付くことですね。
自分を追い込めます。


Q.入社したきっかけを教えてください

小倉:
現在アイディオットの技術顧問をされている方からの紹介で入社しました。以前私が働いていた職場の上司で、誰に対してもためになるアドバイスを提供してくださる方です。

勅使河原:
元々は友人が受けていたからでした。笑
決め手は、モダンな技術(Laravel, Vue.js等)を使用されていて、技術力を伸ばせると思ったからです。

竹内:
特段スキルがあった訳では無いのですが、
「エンジニアになりたい」という意気込みを見込んで、採用していただきました。

山本:
アイディオット社員の、勅使河原さん(プログラミングスクール時代の同期)の紹介ですね。


Q.今後新たに求めるエンジニア像(どんな人、スペック等)はありますか?

小倉:
2, 3年程度の経験が欲しいですね。お客さんに逆提案等ができると、尚良しです。
あとは人の上に立つことを意識しているような、教育力のある方が理想です。
技術面で言うと、PHP, Laravel, Vue.js, Nuxt.jsなどは使えて欲しいですが、オールマイティ(フルスタック)であれば言うことなしですね。

勅使河原:
特徴で言うと、探究心が強い人、好奇心旺盛な人、経験年数の長い人、自分から考えて動く人などですね。
技術面で言えば、PHP、あとはサーバーサイド・フロントエンド含めた、幅広い技術を持っている方に来て欲しいです。

竹内:
小倉さんみたいな、技術力も高く、教え方も上手い人ですね。
あとは、コードを綺麗に書く意識を持っている方や、テストコードをしっかりかける方だと助かります。

山本:
社員メンバーと肌感の合う人がいいですね。というのも、オンラインでのエンジニア座談会は日常的に行われているので、それに抵抗がない人の方が合っている気がします。
座談会の話題としては、今現在進行しているプロジェクトでの問題点の相談や、新しい技術の話題などです。他愛もない話で盛り上がったり、ライトな感じでもあるので積極的に参加して欲しいなと思っています。
また、責任感の強い人、根性のある人とは働いてみたいですね。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【インタビューの感想】

田中:
アイディオットで今後どんなエンジニアが求められているのか、見えてきました。

今回の記事を通して、アイディオットに少しでも興味をもってくださった方、
ぜひお気軽に、オンラインでカジュアル面談しませんか?

絶賛メンバー募集中です!!

株式会社アイディオットでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう