This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

内部統制感

私は「想いは必ず実現する」という言葉が大好きです。エージェントゲートの目標は絵に描いた餅ではなく、必ず実現させます。好きな言葉はと聞かれて真っ先に思いつく言葉ですね。夢をかなえる第一歩はまず「夢を持つこと」だと思います。

そして、次の一歩が「その夢が実現するんだと信じること」です。自分は出来るんだと信じることはものすごく大事なことです。自分ができるかどうかの判断のことを少し難しい表現で「内部統制感」と言います。自分は必ずできるんだという思い込みがある人を内部統制感の強い人と呼びます。

先日読んだ本にアメリカの刑務所の話が出ていました。刑務所ですから、当然、囚人は非常に管理された状態で暮らすのですが、その刑務所は椅子を自由に動かすことすら認めなかったそうです。その結果どのようなことが起こり始めたかというと・・・囚人の多くは「自分には何もできない」という思い込みを持ってしまい、非常に無気力で何も手がつかない精神状態に陥ってしまいました。

それを見かねた刑務所側が、囚人に椅子を動かす権利とテレビのチャンネルを変える権利を与えたそうです。椅子を動かす権利ってなんだそれと思いますが、私たちから考えれば笑ってしまうような権利でも、この2つの権利によって囚人たちは「自分にも何かができる」という気持ちになって健康を取り戻した・・・そんな記事が紹介されていました。

人間が「できる」と思うことはそれほど重要だということですね。「自分にはできない」と思いこんでいては出来ることも出来なくなってしまいます。

株式会社エージェントゲートでは一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる