1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

最近の社内勉強会のネタ紹介!徳丸本/Kaggle/Atcoder/Bitcoinサトシ論文

こんにちは、エンジニアマネージャーの惠上です!
弊社ではDev・Biz問わず不定期で社内勉強会を行っています。開催スケジュールはいろいろで、シリーズ物を毎週開催したり、そのとき発表したいネタがある人が発表したりしています。わりとみんな発表したがりなのでネタは尽きず、だいたい毎週やっているような感じです。最近はコロナの影響で完全リモートになっていますので、必然勉強会もテレカンで行っています。ということで、最近の勉強会ネタのご紹介です!

徳丸本



最近Web開発初心者の新しいメンバーが加わったので、みんなの復習も兼ねてセキュリティの基本をテーマに行いました。教材に使ったのは『体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践』いわゆる徳丸本です。1回1章ずつまとめて来て発表してもらいました。あらためて、初心者が最初にやるには非常に良い教材だなぁと実感しました。XSS、CSRFや文字コードなど経験者にはお馴染みのテーマではありますが、徳丸本の例は昔ながらのサーバーサイドでHTMLを生成するものを扱っているので、SPAの場合はどうなんだっけ?Nuxt等でリバプロしてる場合はどうなんだっけ?など楽しいディスカッションが色々ありました。

Kaggle


こちらのテーマは「Kaggle のイントロダクション」。個人的にkaggleにチャレンジしているエンジニアインターン生が発表してくれました。機械学習に馴染みがない人にはとっつきにくそうなイメージのkaggleですが、実はそんなことないですよというのが今回の趣旨。

  • コンペにも色々タイプが別れていて、初心者が入りやすいタイプの紹介
  • コンペを選んだ後の始め方
    • 土台となるようなnoteを探してフォークして始める
    • 基本を整理したnote、実際に計算モデルを紹介しているnoteなどを組み合わせてオリジナルのnoteを作る

などなど、意外とぽちぽちやるだけでスルッとコンペに加わることがわかってkaggle参加へのハードルがぐっと下がりました。

Atcoder


こちらも個人的にatcoderにチャレンジにしているエンジニアインターン生が発表してくれました。Atcoderの色々な問題を紹介して実際にみんなで解きながら進めました。
主要なアルゴリズムごとに問題を見繕ってもらい、問題の考えかたの紹介と同時にアルゴリズムの勉強も兼ねて行いました。業務では触れないようなアルゴリズムや実はよく使っているけど名前は知らなかったアルゴリズムなどを知るいい機会になりました。

Bitcoinサトシ論文


https://bitcoin.org/files/bitcoin-paper/bitcoin_jp.pdf
https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

一体何度目なんだ!(笑)って感じですがでもやっぱり新しい人が入ってきてブロックチェーンを何から手を着けますかといったらサトシナカモトのホワイトペーパーになりますよね。みんなで1章ずつ読みながらディスカッションする形式で数章ずつ計3回行いました。

ついでの紹介にはなりますが、このホワイトペーパーはタイムスタンプサーバーに着目するとわかりやすいという趣旨の記事を以前書きましたのでご参考までに。


ガリガリコード書きたいエンジニア募集中です!

Aerial Partnersが開発・運営するGtaxは仮想通貨の税金計算にとどまらず、暗号資産取引所やDapps事業者、暗号資産取引を行う法人の方々に使っていだだける会計システムとして進化し続けております。

有り難いことに様々なお客様からお問い合わせいただいており、まだまだ開発リソースが足りておりません。ゼロから仕様を起こしてガリガリ形にしていくのが好きなそこのあなた!ご応募お待ちしております!具体的にどんな課題があるのか等ラフにお話させていただければと思います。お気軽にお声がけください。

株式会社Aerial Partnersでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう