1
/
5

「日々信頼を得られていくというところにやりがいを感じる」 adishメンバーインタビュー/セールス事業部 塚本賢介

こんにちは!
アディッシュ株式会社採用担当の村山です。

adishメンバーインタビューシリーズ第3弾✨
(adishで働くメンバーについて紹介していきます!ぜひ、チェックお願いいたしますm(__)m)

今回は、セールス事業部でrelationとして、 既存クライアントの売上拡大を担当している、塚本さんにインタビューしました(^^)/

▼プロフィール
2019年10月入社

新卒では、証券・先物会社に入社。営業の基礎をこの業界、会社で学ぶ。
その後、IT企業で不動産ポータルサイトの立ち上げとセールス行う。
IT、BPO、損保企業でセールス/マネジメント、空間再生事業会社での新規事業立ち上げ/セールス/マネジメントなどを経験し、 2019年10月にadishにジョイン。
モニタリングサービスの新規セールスチームの立ち上げ、現在は、relationとして、既存クライアントの売上拡大を担当。

Q:アディッシュに入社した理由

「つながりを常によろこびに」を面接時に、みなさん体現されているのを感じたからです。
私が、いままで在籍した会社では、お飾りのビジョンを掲げていることが多く、普段の会話でもアクションでも、ミッション、ビジョンに基づいたものがなかったのですが、アディッシュはそれを体現していると感じました。

Q:現在の仕事内容

現在は、セールスの中でも、「relation(リレーション)」という役割で、主に担当クライアント様とのやり取りの中で、いかにアップセル、クロスセルを行なっていくか、がミッションとなります。
そのため、運用のチームとも密にコミュニケーションをとり、継続して、 インサイトセールスを行う、というイメージでしょうか。 より、クライアント企業様と密にやり取りを行うので、日々信頼を得られていくというところにやりがいを感じて取り組んでいます。

Q:仕事をするうえで気を付けていること、心がけていること

仕事上は、サービス提供後、クライアントはどのようになっていくのか、というところを 心がけるというか、意識しています。 売上が上がっていくのか、効率化されてコスト削減になるのか、そういったところをクライアント担当者様と一緒に伴走することでより、パートナーとして、選んでいただけると考えています。

Q:現在の仕事のやりがい

やはり社会貢献性が高いところでしょうか。
例えばわたしのクライアントは、動画/Live配信プラットフォーム事業者様がいらっしゃいます。便利に配信ができるからこそ、公序良俗に反しないとか、そのサービスの健全性をより高めることで、社会貢献のやりがいは感じるポイントではあります。

Q:セールスチームはどんなチーム?

一言で、カジュアルな雰囲気です。

Q:どんな方と一緒に働きたい?

お互い未来を語れる方がいいかな、と思います。
現在を大事にしながら、どのようにしていきたいか、みたいな思考の方が活躍される環境だと思います。

Q:最後に一言!

新しい仲間、お待ちしています!

セールス事業部では、新たな仲間を募集中です!
カジュアルな形の面談からでOKです(^^)/気になる方は、「話を聞きに行きたい」ボタンをお願いします

アディッシュ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
26 いいね!
26 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング