1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

アディッシュあるある ~お財布に優しい会社の○○編~

こんにちは!HR企画部の松下です。

社内の”あるある”を、「Sympathy(シンパシ)」というツールで見える化して、アディッシュのカルチャーを紹介しています。

今回のお題は、「お財布に優しい会社の○○」です。


まずは、こちら!


アディッシュには、東京本社、仙台センター、福岡センター、そして沖縄に子会社のアディッシュプラスがあります。
そのすべての拠点に、ウォーターサーバーや給茶機が設置されています。
お水も毎日買っていたら、費用がかさみますのであると地味に嬉しいですよね。
ちなみに、私は、たくさんお水を飲む派です。1日に、タンブラー3~4杯は飲めてしまいます(笑)
みなさんはいかがですか?

フリードリンクは、紅茶のパックやインスタントコーヒー、梅昆布茶、ココア等が用意されています。給湯室には冷蔵庫、電子レンジ、電気ポットなどもあります。

お弁当を持参して、休憩室で食べているメンバーも多いです。


社内には自動販売機が設置されています。

コンビニや外の自動販売機で買うよりも、少しだけ...安い!
最近、スマホで決済ができるようになったのも嬉しいですね。社内では財布を持ち歩かないので、常に携帯しているスマホですぐに買えます。

その他には、休憩室にオフィスコンビニもあります。小腹が減ったら、こちらでサッとおやつを買うこともできます。拠点ごとに設備の種類は異なりますが、基本的にはどの拠点もバランスを見ながら設置しています。



最後のあるあるはこちら。


Toms Coffeeというのは、社内のメンバーでコーヒー好きの”Tom”さんが、本格的なコーヒーを決まった時間に淹れてくれて、みんなでコーヒーブレイクをしている時間のことです。

コーヒー部始めました~社内コミュニティを持続的に運営するために意識したい4つのこと

他のメンバーもお菓子を持ち寄ったりして、おしゃべりできる時間が良いですね!
残念ながら現在は休止中ですが、また機会があったら復活してほしいです!(私も隠れファンのひとりです)
ちなみにTomさんは日本人メンバーで、海外カスタマーサポートチームの愛称として「Tom」と呼ばれています。

このほかにも、あるある化はしていませんが以下の意見もありました。
・年間5万円まで利用できる学習補助制度
・他のエリアよりはランチが安い(東京拠点)

以上、「お財布に優しい会社の○○」でした!

引き続き、「アディッシュってどんな会社?」がお伝えできるような、アディッシュあるあるをご紹介していきたいと思います。

アディッシュ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう