1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

みんなの夏休み

マスク着用の夏、いかがお過ごしでしょうか?
コロナ対策がいまやスタンダードになって、暦の上では目前の秋。
ほとんどのイベントやお祭りが中止・延期となり、遠くに家族がいるひとたちは、帰郷を控える人が多いようですね。

弊社は夏休みとして指定されておらず、代わりにリフレッシュ休暇といって基本5日間の連続した休暇を、自由にとれる制度があります。
夏のお盆の時期に取得する人もいれば、ゴールデンウィークなどの連休に繋げる人、年末年始をゆっくりする人、休日がない時期をねらって混雑をさけた旅行を計画する人など、さまざまです。

さて、連休とお盆がありましたね。
例年よりも静かな夏をどのように過ごしたのか、聞いてみました!

Q お盆は帰省しましたか?

今年はみなさん帰省を控えていたようです。
お盆は毎年帰省している人も、都内からでることに少なからず後ろめたい気持ちを持ったのではないでしょうか。

オンライン帰省をした人からこんなコメントがありました。

・zoomでリモート帰郷!家族大集合で楽しかった!
・オンライン帰省しました!地元の友達ともzoomで話せて楽しかったです。

ビデオ通話アプリは顔が見れるだけじゃなく、みんなで集まれるのも魅力ですね!
すでに実家にいる人や、帰省せずに家族とゆっくり過ごした人も多いようです。


Q もし、いつもの夏休みだったら、どんな予定でしたか?

・コミ◯参戦!
・ビアガーデンとかに行きたかった
・友達とフェスに行く予定でした!
・地元の長岡花火大会にいく予定でした
・花火大会やフェスに足を運びたかったですが、軒並み中止か延期...それでもオンラインで楽しめるライブとかも多くて十分楽しんでます!
・キャンピングカーを借りて家族旅行をする予定でした。キャンセル料が結構かかりました。。
・減量
・帰省してお墓掃除とか、従兄弟たちと花火や晩酌、サイクリングとかしたかったです。
・子供生まれたばっかりなのでどっちみち家にいたと思います。

やはり夏といえば大型イベント!半数が、コミケ、花火大会、フェスの予定を立てていたようです。
友人や家族との、ビアガーデン・キャンプなどのライトなイベントも、今の情勢では思いっきり楽しむことはまだまだ難しそうです。
今年は残念ですが、来年無事に開催できることを期待したいですね。

そんな中、お子様が産まれてパパになった人がいました!
まわりも笑顔になれるようなニュースは、どんどん増えてほしいですね。


Q あなたの夏エピソード教えてください!

・兄の家に行った時、ちょうど予告なしの多摩川花火大会の日でした。
・最近教わってはまったルアー釣りを週末に楽しんでいます!
・地面を歩くセミの幼虫を見ました。抜け殻ではない幼虫は初めて見たのでテンションが上がりました。きっと羽化のために登れる木を探していたのだと思います。
・FUJI ROCK配信を遠隔で友達と観ました。楽しかった〜!!
・ホラー映画を何本か見た
・お盆の期間とそこに向けて仕事が忙しかったので、ずっと家にいて今年は夏を感じられてないです!
・タネを蒔いたオクラに、花が咲きました。

夏らしいエピソードがたくさんありますね! 過密にならない場所でも十分に夏を満喫できているようです。 今年は花火大会を諦めた人も多い中、偶然打ち上げ花火を見れるなんて、とってもラッキーでしたね! セミの幼虫を発見することも、都会で暮らしているとなかなか体験できないことですよね。


Q あなたのゾッとした話を教えてください・・・

・何気なくTシャツを着たら背中に違和感、慌てて脱いでみたらなぜかムカデが....
・緑地の公園で、足に蚊が一度に6匹止まりました。
・部屋にセミが入ってきました。
・玄関開けたらセミが!
・アパートの共用廊下に夜になるとヤモリが出てきます。屋根から降ってくることも...
・健康診断によるとコロナ太りしてました!
・夜、部屋を暗くしてホラー映画鑑賞中にインターホンが鳴ったこと(大家さんだった)
・夜中、物音が聞こえたのでカーテンをそっと開けたら、ベランダに知らない人がいました。そっとカーテンを閉めました。

虫に襲われる人が続出しているようです。
どれもゾッとしますね・・・
コロナの影響でゾッとしている人たちのコメントも、他人事ではありません・・・
自宅はリラックスできる場所なので、不意打ちはびっくりしてしまいますね。
特に夜は隙を突かれやすいのでしょうか。
気を張り続けるのは疲れてしまいますが、用心するに越したことはなさそうです。


Q 自粛とはいえ、せっかくの夏休み!どう過ごしましたか?

・都内のホテルが格安になっていたので息抜きがてら一泊
・都内のホテルでゆっくりしてきました。
・あまり遠くには行けないので、神奈川県小田原市に旅行しました。子供と一緒に大きい公園や海に行ったり、渓流釣りなどをして楽しみました。城には行きませんでした。
・海を見に行きました。
・山奥にある管理釣り場にマス釣りに行きました。天候が悪かったせいか、魚の姿は見えているのに釣れず、悔しい結果になったのでリベンジしたいです!
・森をハイキングして、葉っぱの後ろに隠れているカマキリを見つけたり、倒木に群生しているキノコを見つけたりしました。コロナ騒動とは関係なく普段の生活を送っている、人以外の世界を覗かせていただき、とても有意義な時間となりました。

ほとんどの人が近くにおでかけを楽しんでいるようでした!
都内近郊でも、旅行気分は存分に味わえますね。
普段の日常からはなれて、自然に触れあうことでリフレッシュできていいですね。


Q スイカ食べた?


Q かき氷、何味派?

どれも美味しそうですが、宇治抹茶に票が集まりました!あんこ・練乳はセットですね。
次いで、みぞれ派が僅差で迫りました!
かき氷屋さんの特製シロップは格別に美味しいので、納得の順位です。
単独票ながら、屋台に必ずあるラインナップは鉄板です!カラフルで夏を食べている感覚になりますね。
ベロ何色になった〜?

自粛や制限のある中でも、みなさん十分に楽しんでいるようです。
経済をまわすためにも、それぞれができることをできる範囲で、工夫して豊かさを共有していけたらいいですね。
元の生活スタイルが戻るのを待つのではなく、うまく距離をとって生活していく意識が大事だと思います。

株式会社add moreでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう