1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

2019社員旅行は「台湾」に行ってきました!!

こんにちは、ディレクターチームの橋本です。
2019年の社員旅行では、今注目の「台湾」へ行ってきましたので、その模様をお伝えします!
社員旅行を通してadd moreの社風なども感じていただけるかと思いますので、読んでいただけると嬉しいです。

社員旅行のしおり♪

【DAY 1】

14:00|迪化街(テキカガイ) 散策
16:30|士林夜市(シーリンヨイチ) 散策
19:40|臺北戲棚(タイペイ・アイ) 観劇

【DAY 2】

9:30|龍山寺(ロンシャンスー) 散策
10:30|西門町 散策
15:00|九份 散策 / お茶屋さん(茶芸館・海悦楼茶坊)
20:00|夜ご飯(欣葉 シンイエ)

【DAY 3】

9:30|自由行動
13:30|ホテル集合 荷物受け取り・空港へ

DAY 1 | 迪化街(テキカガイ)散策

台北に着いて、軽く腹ごしらえをしてまず向かったのが、乾物屋・飲食店・工芸店など様々な店が軒を連ねる大観光地「迪化街」です。
みずみずしいフルーツが山盛りに乗ったかき氷を食べたり、現地の作家が作った工芸品見て回ったり、カフェに行ったりなど、各々の目的の場所を自由に散策しました!


DAY 1 |士林夜市(シーリンヨイチ)散策

迪化街で沢山歩いた後は一旦ホテルに戻り身支度を整え、タクシーに乗って台湾名物「夜市」に出かけました。
私たちが向かったのは台北最大の人気夜市「士林夜市」。地上だけでもすごい数の屋台がびっしりと軒を連ねているのですが、なんとここの夜市には地下もあり、椅子に座って飲食出来る飲食店街が広がっていました。店に負けないくらいに人も沢山いてとても活気に溢れていました。
飲食店の他にも、洋品店や電気屋、的屋などもあり、お祭り気分満載な場所でした!見たことない食べ物を沢山食べて、現地の食事を楽しみました。


DAY 1 |臺北戲棚(タイペイ・アイ)観劇

夕ご飯を夜市でいただいたあとはホテルに、、、帰りません!もう一声あるところが、add more流です。私たちがタクシーで向かった先は、中国伝統の舞台芸術を楽しむことが出来る、人形劇と民族舞踊の2本立ての「臺北戲棚(タイペイ・アイ)」です。
舞台ももちろん良かったのですが、ホールでは実際に衣装を身につけて撮影が出来たり、日本の琵琶の祖先である、琵琶(ピパ)の生演奏を聴けたりなど、文化的でとても優雅なひとときを過ごしました。


DAY 2 |龍山寺(ロンシャンスー)散策

2日目は創建約270年という台北で最も歴史のあるお寺「龍山寺」にやってきました。朝一で寺に来るというこの清さもadd more流ですね。
緻密な装飾がびっしりと施された本殿からは、この寺院が台湾の人々にとってどれだけ重要な役割を果たしてきたかを感じられました。参拝とおみくじを引いて、とても有意義な時間を過ごせました。


DAY 2 |西門町(シーメンディン)散策

寺院を後にして、朝から良いことしたな感に包まれながら一行が向かったのが次の目的地、台北の渋谷と呼ばれている若者の情報発信基地「西門町」です。
タピオカあり、服屋もあり、映画館もカフェもあります。石像が持ってるのスタバっぽく、後ろにH&Mも写っているし、余すとこなく渋谷の要素がぎゅっと詰まった「西門町」を自由に散策しました。若者にホットな場所だけあって、バラエティーに富んだ町でした。台北の今の20代がどんなものに興味を持っているかを肌で感じてきました。ゲーセンも多めでした!(景品の魅力は弱め!)


DAY 2 |九份(キュウフン)散策 / ティータイム"茶芸館・海悦楼茶坊"

ナウい町「西門町」を後にして向かったのが2日の本命、宮崎さんのあれのモチーフの場所「九份」です。今回の旅の最大の移動距離、西門付近からバスで約80分!フットワークの軽さもadd more流です。どんどん市街地から離れて行き、鬼怒川のような観光地を抜けてさらにバスは進み、山を登りに登って「九份」にたどり着きました。
着いてまず目に飛び込んできたのが、ものすごい絶景!ここも観光地なだけあってとても沢山のお店が軒を連ねているのですが、特徴的なのはこの絶景を眺めながらいただく本格的な台湾茶です。みんなでワーキャー言いながら、しっかり台湾茶を体験してきました。


DAY 2 |ディナー 欣葉(シンイエ)

今日は沢山移動しました。山も登ったり下ったり、とても沢山歩きました。お疲れ様です!そろそろディナーでまったりと団欒の一時といきましょう。向かったのはトリップアドバイザーでも星4つの台湾料理の老舗「欣葉」です。
食べたいものを食べよう!ということで、肉、魚介、アルコールなど贅沢三昧です!美味しかった!もうそれ以外の言葉はございません。お酒ももちろんですが、1日歩いた体にすっと浸みてくる台湾茶がもう格別でした。このあとは言うまでもなく夢見心地で解散です。各々夜の時間を楽しみました!(ちなみに一人顔が光ってるのが私です)


DAY 3 |自由行動

最終日は朝から昼までたっぷり自由時間です!自由です。何しても良いんです。その証拠にほら、めいいっぱいはっちゃけてます。だって、自由行動ですもん。それぞれの個性をしっかり尊重するのもadd more流です。
カフェを回る人も入れば、台北で流行っているリノベーションを施した商業施設を回る人もいたり、楽器屋で笛を買う人もいたりと、各々最後の台北時間を満喫しました。


DAY 3 |ホテル集合 荷物受け取り・空港へ

各自で楽しんだあとは、だれ一人遅刻することなくホテルに集合。(時間守るのもadd more流!)
みんなで空港に向かって2019年の社員旅行を締めくくりました!来年もいけるようそれぞれの思いを胸に、解散!!

旅を終えての、あとがきのようなもの。

2泊3日の社員旅行は、写真を見れば感じていただけると思いますが、とてもプランも社員も濃く充実した旅となりました。また、日本と違う文化や流行など様々な刺激を受けて、個々の視野が広がったことは間違いないと思います。とても貴重な機会でした!
add moreは、社員一人ひとりのスキルアップに繋がることであれば、会社としてどんどんサポートして行く姿勢がありますので、社員旅行を通じて個々の経験値を積むというのも、そんなサポート精神の現れかもしれませんね。目的意識を持って前向きに取り組んでいける方がいれば、是非ご連絡くださいませ!

株式会社add moreでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう