1
/
5

マーケティング経験がなくてもアプリマーケターとして活躍できる理由とは【社員紹介vol.1】

はじめまして

6月からインターン生として働いている志間です!

  • アドバンってどんな会社なの?
  • そもそも、働くってどんな感じか実感できない
  • インターンを始めてみたいけど、どんな仕事をしているのかホームページだけじゃ伝わらない

などなど就活や転職、インターン先を見つけたいと思っている社会人の方や学生さん達に少しでもアドバンについて知ってもらえたらいいなと思ってはじめてみました☺

記念すべき第一回目のメンバーは、もともとインターン生として活躍していてそのまま社員として働いている

水沼さんを紹介します!



ー呼び名:水沼くん・水沼さん

ー出身地:栃木

ー趣味:スプラトゥーン・投資

ー職種:マーケター・企画

ー在籍期間:社員として2年3ヶ月(インターン時代を含むと3年)

目次

●インターン先としてアドバンを選んだ理由

●水沼さんの大学生活について

●アドバンで働いていて壁にぶち当たったこと

●これから頑張っていきたいこと

●インターン生志間からの声

ーインターン先としてアドバンを選んだ理由

志間「インターン先としてアドバンを選んだ理由を教えて下さい!」

水沼「まずフィルターをかけて検索したんだよね」

志間「水沼さんの仕事選びの条件は何だったんですか?」

水沼「IT系・金融系・少人数・スーツを着なくていい会社かな」

志間「なんでスーツ着たくないんですか?笑」

水沼「スーツ嫌いなんですよ笑」

志間「なるほど…笑 他に面接に行ったインターン先はありましたか?」

水沼「他に3つほど行きました」

志間「3つ選択肢があったのに、アドバンにした決めてはなんだったんですか?」

水沼「インターン生としてやるべきことが明確に示されていてイメージがしやすかったってことですかね。実際にやるべきことを代表が見せてくれたので、これならできるかもと思ってアドバンに決めました!」

水沼さんの大学生活について

志間「大学ではどんなことを学んでいましたか?」

水沼「メディア学部という学部でネット・コンテンツ、映画などデジタル系のことを学んでいました。その後、アントレプレナー専攻の大学院に通いました。いわば経営のビジネススクールのようなところでした」

志間「もともとパソコンが好きだったんですか」

水沼「パソコンが好きかって言われたら、ハイとは言いたくないですね笑」

志間「!?爆笑」

水沼「パソコンが好きってよりも、ITだったり新しいサービスみたいなことに興味がありました」

志間「なるほど。アドバンで働く上でIT関係のスキルがないと働けないと思いますか?」

水沼「そんなことはないと思います。別に自分もエクセルとか名前があって住所があるような単純な表しか作ったことしかなかったですけど、それでもちゃんと使えるようになってます!でもできるようになろうという気持ちは大事でならったことは積極的に使って覚えていました」

ーアドバンで働いていて壁にぶち当たったこと

志間「アドバンで働いていて辛かったことやうまくいかなかった事業などありますか?」

水沼「最初は何もわからなかったので辛かったですね。スプレッドシートとエクセルの違いもわからなかったですし、クリックカウンターもそうですし、Repro、Adjust、それぞれのASPの管理画面があって…」

志間「!?(何を言っているの🌀)」

水沼「これらの意味とどういうものかをまず理解して、その上で中に何が入っていてどう使うのかの把握をするのが大変でした。感覚的に使えるようになるまでが非常に辛かったです。」

志間「アプリ企画の中で伸びないなど、そういうことでの困難さはなかったですか?」

水沼「そういうのは今でもずっとあります。基本的にこれでイケるでしょっていうのでイケなくて、これでウケるのっていうのでウケたりっていうので、本当にやってみないとわからないなって思います。読みとか予想とかが当たらないのは、まだまだありますね」

ー水沼さんが手掛ける自社アプリについて教えてください

志間「自社アプリの特徴や強みってなんですか?」

水沼「今までは初心者向けのアプリを作っていたので常にユーザーってこのくらいのレベルだよなっていうのを意識していました。初心者向けのサービスという点では非常に強みだと思います」

志間「なるほど。今後、自社アプリをどのように展開させていきたいですか?」

水沼「今でいったらテクニカルブックとランチャっていう制作途中のものですかね」

志間「テクニカルブックとランチャってどんなサービスですか?」

水沼「すでにリリース済みの自社アプリと違って、投資の中・上級者向けのサービスです」

志間「新しいアプリのリリースに向けた意気込みなどありますか」

水沼「今言った初心者向けっていう強みじゃなくて、どちらかというと中・上級者向けの新しいサービスなので、ユーザー視点ということを忘れず頑張っていきたいです」

志間「どういう経緯で中・上級者向けのアプリを作ろうと思ったんですか?」

水沼「初心者向けの金融アプリの卒業生のユーザーたちを流していって、またマネタイズできたらいいよねってことで作ることになりました。テクニカルブックはウェブサイトで今までアプリばっかり作っていたのでアプリからランチャに流すことはできてもウェブから流すことは今の段階ではできないのでウェブサービスも考えました」

志間「どんな人におすすめですか?」

水沼「初心者アプリの卒業生っていうのもあるんですけど、うちの初心者アプリを使っていない人でもFXやトレードをやりたい人全員におすすめできます。じゃんけんと一緒で一回も損しないことなんてないんですよ。だから本物のお金を使う前にランチャっていうトレード練習アプリで練習するってことはうまい下手に関わらず使えるアプリなので全ユーザー対象です」

ーインターン生志間からの声


インターン生として働き始めてからまだ1ヶ月程度ですが、

アットホームな雰囲気ですぐに皆さんが受け入れてくれました。

写真からも伝わると思いますが、インタビューが楽しすぎてニコニコです笑

インターン先としてアドバンを選んで本当に良かったなと思っております😌

以上、第1回目は水沼さんへのインタビューでした!

少しでも、気になりましたら気軽にエントリーください☺

株式会社アドバンでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう