Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

入社3年目で取締役へ!躍進の若手ホープ!

こんにちは。

トレンド・プロ内定者の川崎です。


5月も下旬になり

この春新たなスタートを切った方々も

少しずつ慣れてきた頃でしょうか。


今では新たなスタートを切るのに

年齢という壁は薄くなっていますが

やはり“若さ”という武器は依然存在していますよね。

そんな武器を持ちながら

ディープインパクトのような快走で

取締役に抜擢された人物。

興味ありませんか?


今回はそんな若干26歳の取締役の方に

インタビューしてきました。

是非、ご覧ください。


【プロフィール】

川崎(以下、「川」表記):本日はよろしくお願いします。

伊勢村(以下、「伊」表記):よろしくお願いします。

川:まずはご自身のプロフィールをお願いします。

伊:年齢は26歳。

  愛知県出身で両親と兄の4人家族です。

【大学時代】

川:大学時代は具体的にこれを頑張っていた、注力していたということはありますか?

伊:頑張っていたことは2つあります。

  1つは演劇、もう1つはアルバイトです。

川:まずは演劇に関して…どの役割を担っていたのですか?

伊:全部です。

  役者もしたし、脚本も書いた。演出や広報もしていました。

川:演劇に疎いので、みなさんどれか1つを担当されるものと思っていました…。

  その中で経験として学んだことにはどのようなものがありますか?

伊:役者の経験からは人前で話すこと、脚本でものを書くこと、

  演出と広報の経験は、相手の気持ちを想像して物事を考えること。

川:大学時代バイトも頑張っていたということですが?

伊:アルバイトは10個経験しました。

川:10個!?

  それではダブルワークも結構あったのではないですか?

伊:同時に4つくらいしていました。

川:具体的には何をやられていましたか?

伊:家電量販店の販売員、マーケティング会社の下請け、引っ越し業にホストもしましたね。

川:ホストもされていたのですか!


【トレンド・プロへ】

川:そんな様々なご経験をしてこられた伊勢村さんだからか

  傍から見ていると他の社員の皆さんとは

  少し違うお仕事をされているような印象を受けるのですが。

伊:そうですね…

  入社後半年は編集業務を主体的にしていましたが

  半年でウェブマーケティング部を立ち上げて、

  それから採用業務、広報業務、新規事業業務も担当していました。

川:その間も編集もされていると?

伊:してますね。

  といっても編集業務は大分減らしています。

川:そして現在の役職が取締役ということですか。

伊:トレンド・プロでの役職は『社長付特命担当』で

  取締役をさせていただいているのは

  幻冬舎さんとの共同出資会社である『幻冬舎ブランドコミック』においてですね。

川:僕の見ている範囲でも

  伊勢村さんは既存のルートにないところからも

  お仕事に繋げてこられているという印象があります。

  それは様々なところに顔を出されているのでしょうか?

伊:僕はむしろ、いろんなところにとりあえず手を伸ばすのは

  時間効率として悪手だと思っています。

  まず、情報収集をして

  ある程度どう進展するかを考えたうえで

  現実的なところに注力していますね。

【入社前】

川:少し話を戻すのですが、

  伊勢村さんが入社前にやっておいてよかったことはありますか?

伊:強いて言うなら忙しくしたことです。

川:それはどういう…?

伊:大学最後の年は

  40単位のこしていた授業、演劇、ホスト、家庭教師、飲食店のアルバイト

  そしてトレンド・プロのインターンを

  すべて頑張りました。

川:…僕には不可能に聞こえます。

伊:きついけど自分に課した試練と思い頑張りました。

  平日は授業と演劇とインターン、夜中にホスト。

  休日は家庭教師と飲食店のアルバイトをしていましたね。

川:そのご経験が活きているということですか?

伊: 社会人になると週5日毎日8時間働きますよね!

  最初は、それがきついとなるじゃないですか!

  でも僕は、週7日寝るとき以外は

  ずっと稼働できるようになっていたので、社会人になってから体が軽いです。

川:なるほど…?

【これから】

川:現在はバトンタッチされていますが、

  人事をされていたご経験から

  今後どのような方が会社に増えてほしい、というのは

  ありますか?

伊:社会人、会社人として

  会社の方針を守れる。

  そのうえで個性的であり、

  ほかの方々の個性も受け入れられる方が良いですね。

【リフレッシュ】

川:最後に

  これほど多忙な伊勢村さんのリフレッシュ方法を

  お伺いしてもよろしいですか?

伊:週末出掛けることですかね。

  僕は、基本週末は食フェスか美術館にいます。

  その場所まで10キロくらい歩くのも

  いいリフレッシュになっています。

川:体力が続かないなんてことはないんですか?

伊:ないですよ(笑)

  毎日夜寝てますから。

川:なるほど…。



アグレッシブでポジティブ、ストイックな反面

周囲を癒す効果を持っている

社長付特命担当兼取締役のお話

いかがでしたか?


僕は今回のインタビューを経て

なぜか今まで以上に伊勢村さんが謎めいた存在に

なってしまってような気がしていますが

人間には不可能なんてないのかもしれない。

時間の使い方と休息の取り方でいくらでも

できることは増える。

そう思わされました。



次回はトレンド・プロが製作している

ビジネスコミックとはどういうものなのか。

その内側に迫ってみましょう。

ではまた。

川崎

株式会社トレンド・プロでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous
1 いいね!
Anonymous
Anonymous
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう

Page top icon