1
/
5

なにをやっているのか

観光立国を実現するためには、観光業界におけるアナログ中心の対応を改善し、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することが必須だと当社は考えています。 コロナで苦境に立たされている観光業界を当社がIT技術で支援したい。 当社サービスのHPはこちらです → https://talkappi.com 我々は人工知能(AI)などの技術で、言葉の壁をなくし、外国人観光客へのおもてなしを充実させ、日本の地域を活性化することを目指しています! 人工知能にご関心をお持ちの方、 地域を活性化して、日本をもっと元気にしたいと考えていらっしゃる方、ぜひご応募ください。

なぜやるのか

言語の障壁を取り除き、日本の優れた価値をもっと世界の人々に知ってもらいたい、そして世界の優れた価値をもっと日本の人々に知ってもらいたいというのが当社の願いであり、ミッションです。 社名のアクティバリューズは、世の中の潜在価値(バリュー)を活性化(アクティベート)するという意味であり、世界の人々のコミュニケーションをサポートし、これまで知られていなかったバリューを、いま知らない別の誰かに伝える手助けをすることでアクティベートさせる。そうした事業をしていきたいと考えています。 「グローバルな視点で世の中の潜在価値を引き出し、活性化する」ことを経営理念とし、 「グローバル社会に最も必要とされる企業となる」ことを目指しています。

どうやっているのか

2016年にできた新しい会社であり、フラットな環境で和気藹々とやっています。 AIを使って、訪日外国人観光客(インバウンド)向けの新しいサービスを立ち上げるという挑戦に全力で取り組む、チャレンジ精神あふれたメンバーたちです。 当社のAIサービス「talkappi」は、全国の代表的なホテル・旅館をはじめ、大阪府、沖縄県、奈良市、草津温泉など主な自治体、、地域DMO、350ヶ所以上に導入されています。