Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ブラジル出身の若手エンジニアが、日本のITベンチャーに見出したやりがいとは

<Profile>
2012年にサンパウロ大学材料工学部に入学。在学中に日本に1年間留学。
2018年3月にサンパウロ大学を卒業し、同年4月にアクロクエストに新卒入社。
現在2年目でフルスタックエンジニアとして活躍するガブリエルさんに
これまでの経緯について聞きました。

【日本の文化、素晴らしい!】

- まず、日本に興味を持ったきっかけは何ですか?

そうですねー。まず、ブラジルは日本以外で一番日系人が多い国なんですよ!知ってましたか?笑
さらにブラジルで通っていたサンパウロ大学はブラジルの中でも日系人が一番多い州にありました!

その影響もあり、大学で日本の文化に関連する協会に入ったんですよ。
そこで日本の文化に詳しくなり、日本語も勉強したりしました。
その時点で「日本に行ってみたい!」という気持ちが強くなっていき、
在学中に1年間日本に留学することを決めました!

(芝浦工業大学でよさこいソーランを踊るガブリエルさん)

留学を通して日本を味わっていたし、色んな経験ができました。
最初は銀魂や魔法少女まどかマギカなどのアニメがものすごく好きでしたが、
AKB48などのアイドル、芸能人、漫才など、どんどんのめり込みましたね。笑

(日本の文化にどんどんのめり込むガブリエルさん)

- どういう就職活動をしていた?

留学をとおして、「やっぱり日本に住みたい!」と感じ、
留学から戻った時点で就活のプランを立てました!
2年間、家で日本語を勉強しながらお金をため、1か月間日本に来て、就活活動をしました。

そして職種は、IT!
大学で材料工学を学んでいたけど、講義の中にプログラミングがあって、それで好きになりました!
もともと、自分の住んでる州で数学オリンピックで1位を取って、
全国の数学オリンピックに出場したことあるくらい数学とかロジックが好きだったんです。

インターネットで事前に情報を探し、短いインターン(1~3日)に3つほどいったり、
合同説明会に参加したりしました。

(就活中も少し日本で遊んじゃうガブリエル)

【成果ベースな報酬こそ本質】

- その中でなぜアクロクエストを選んだのか?

大きく3つあります!

1つ目は、最先端技術に挑戦していること!
古い技術ではなく、新しい技術に挑戦しているところを中心に探していました。

2つ目は、一つのプロジェクトだけでなく、複数のプロジェクトに挑戦できるところ。
一つの製品をずっとやらなきゃいけない。とかいうところは自分に合わない、
色々なことに挑戦したい性格だとわかっていたからこの点は重視していました!

そして3つ目は、成果ベースな点です!
もともと、給料は成果を出した分もらうのが当たり前
年功序列みたいなことは本質的でないと思っていました。

ただ、困ったことに「うちは成果ベースです!」と色々な会社が言うから、
「本当か?」とどこも疑うようになっていきましたね、、笑

それでもアクロは「全社員で話して決める」と言うHappy査定360という取り組みがあったから、
本当に成果ベースになりそうだと感じました!
これが決め手でしたね!

(誕生日の花一輪 - 花一輪について→詳しくはこちらの記事内

- これまでにやってきた仕事は?

内容は詳しく言えませんが、これまでに4つのプロジェクトに関わり、
環境構築、フロントエンド、サーバーサイド、テストなどフルスタックな開発をやってきました!

また、アクロはミャンマーにも支社があるのですが、
最近は、英語でミャンマースタッフのマネジメントもやるようになりました。
他にも、日本語でお客さんの対応とか、会議の議事録をとるなど色々と挑戦させてもらっています!
(最近ようやく議事録とれるレベルまで日本語力が向上しました!笑)

業務以外だと、アウトドア同好会に所属していて、山に登ったり、
フォレストアドベンチャーに行ったりと色々アクティビティに参加しました。
去年の夏には富士山にも登りましたよ!

他にも、夏は祭り。冬はスノーボード。そしてコミケは毎回いき、カラオケも頻繁に行きます。笑
会社は残業も少なく、仕事とプライベートのメリハリを重視しているので、
存分に日本を満喫しています!

(会社の忘年会でハリーポッターのコスプレ)

日本で暮らす、アクロで働くのがすごく楽しいですね!

【自分から提案するとより楽しくなる!】

- やりがいを感じるときはありますか?

たくさんありますね!
中でも特に、思っていたよりアクロでの仕事はダイナミックなところ!
というのも、アクロでは上司のそばにいてコミュニケーションをとることが多く、

「システムの仕組みはこっちの方がいいんじゃないか?」
「ここは○○の技術をつかったらどうか?」

という風に自分のアイデアを提案できる機会が多いんです。

そうして自分のアイデアによって作ったシステムもよくなり、社会もよくなっていくという
ダイナミックさにとてもやりがいを感じます!
特にアクロで創るシステムは社会への影響度が高いので(^^;

若手だからといってただ指示されたことをやるだけではなく、自分から提案する、ドリブンすることが
求められるカルチャーがあると、仕事もいっそうやりがいもあり、楽しくなりますよね!

‐ 今後の展望はなんですか?

いつか自分で本を書きたいです!!

副社長が会社の仕組み・社風を本にまとめて出版していたり、
エンジニアの先輩方はJava本格入門とかIoTエンジニア養成読本など技術書の
出版・執筆をしていたり、とても憧れます!!

なので、本を書いて自分が積み上げた知識をシェアしていきたいです!
そのためにも、目の前のプロジェクトに全力で取り組み、最先端技術を学んでいきます!

‐ 最後になにか一言ありますか?

海外出身の皆さん、日本で働くのが不安という方もいるかもしれませんが、
実際すごく楽しいですよ!ぜひ一緒に働きませんか?
少しでも興味あれば、会社に遊びに来てみてください!

■ アクロクエスト社員の働き方がわかるインタビュー記事
 <中堅社員>
東工大機械からITベンチャーへ / 自分が何をすれば最も貢献できるか 〜特性領域主義の大切さ〜
【中途入社】自分の成長に焦りと不安を感じたエンジニアの決断 ~より良い仕事をするために~
エンジニアから営業へキャリアチェンジ!~自分と向き合い天職を見つける~
29歳でミャンマー支社長になったリケジョが得たもの。
【世界規模の機械学習コンペで上位0.1%】法学部出身KaggleMasterの軌跡

 <若手社員>
最先端を追求した若手エースが海外で機械学習セミナーを実施するまでの道のり
最強の検索エンジンこそが、未来を切り拓く鍵 ~3年目・若きデータサイエンティストの挑戦~
大手SIerを新卒1年で飛びだして得られた、やりたいことへ向かって挑戦できる環境
文系学部卒から、理系9割の会社に入った新人エンジニアのリアル~アクロクエストを選んだ背景とこれから~

■ もっと社風・教育・文化を知りたい方はこちら
働きがい全国1位企業の教育大公開!!【前編】~最重要なのは人間力~
働きがい全国1位企業に根付く文化 ~全社員で会社を創り上げる~
なぜ健康経営優良法人に選ばれたのか?健康経営の7つの取り組み公開!

■ 就活に関する記事はこちら
【東工大OB就活対談】理系就活、自分の道をどう選ぶ!?

Acroquest Technology株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
ブラジル出身の若手エンジニアが、日本のITベンチャーに見出したやりがいとは
栗原 恵介
Acroquest Technology株式会社 / コーポレート・スタッフ
14 いいね!
14 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう