1
/
5

680時間の勉強する超人!「習慣化のコツ5選」を教えてもらいました!

大野 友耀

株式会社ABCash Technologies コンサルタント

2021年に株式会社ABCash Technologiesに入社。


いつ勉強しているの?

680時間の勉強って!?

680時間は数字にすると大袈裟に聞こえますが、平日1時間と休みに4時間という意味です!

毎回これをやると1週間で13時間、1日あたりで考えると1.85時間になります。

1.85時間×365日は677.85なので毎年680時間ほど勉強している計算になります。

680時間を仕事の8時間で考えると85日分になるので、仕事以外でも85日分は勉強に時間の自己投資をしている考えです!


いつ勉強してるんですか?

仕事がある日に1日1時間の勉強をしていますが、全て隙間時間に勉強している感覚です!

朝仕事に行く前に、昼休みに、仕事後にと区切って合計すると1時間くらいだと思います。


休みの日にも1日4時間の勉強をしています!

2時間を2回のイメージで勉強するようにしています。


コツは「逆算」と「休憩」です。

平日は逆算を意識するようにしています。

仕事もあり、まとまった時間も取りにくいので「何時までにここまで終わらせる」と自分の中で決めてから逆算して終わらせるように取り組んでいます。


目標があるとやる気が出ますし、何より「できた!」の積み重ねができるのでやりがいがあります!


休日も逆算はしますが、それよりも休憩を心がけています。

長くやっても集中が続かないので定期的に休憩し好きなことしてリフレッシュしてからまた再開します。

習慣化のコツ5選

勉強を習慣にするためのコツってありますか?

そう言われると自分のことなんであまり考えたことなかったですが...

私の中でコツは5つある気がしています!


①時間を決める

結構重要ですが、なかなか難しいのが時間管理かなと。


仕事だと

「◯時に始業で◯時からMTGで...」

という感じでスケジュール通りに進めることが多いじゃないですか!


それが仕事じゃなくなると「結構難しいな」と感じる人が多そうだと感じています。

プライベートでも「◯時に◯◯を始める」と思えば意外と行動できるのでおすすめです!


②「できた!」を体感する

やっぱりやるからには目標達成をしたいじゃないですか!

だからこそ毎回「小さな目標」を作って取り組んでいます。


「できた!」「できるようになった!」ということが多ければ多いほど楽しく感じるんです!

特に長く続けることってゴールがないことが多かったりするので、どれだけ「できた!」の気づきを作れるかでモチベーションも変わったりしますよね!


③目標を決める

小さな目標を決めるためにも大きな目標を作るようにしています!


自分がどこを目指して

何ができるようになりたくて

どのような成果をあげたいのか

をしっかりとブラさないように大きな目標を目指して進めるようにしています!


④誰かと一緒にやる

なるべく一緒に取り組む人を見つけてやるようにしています!

隣でずっとやる必要はないんですが、進捗共有をできるような人がいると「自分も頑張ろう」と思えるのでとてもやる気になります!ABCashは勉強熱心な人が多いので環境にはとても助かってます。

他にも、「報告したいから!」という気持ちが芽生えてとても継続をしやすくなります!


⑤誰かのためにやる

私が勉強をここまできている理由で1番大きいのは「誰かのために必ずなる」からです。


私が勉強をすればするほど

お客様のためになり

チームのためになり

会社のためになり

そして全て回り回って自分自身のためにもなります。


誰かに期待されるとやる気が上がりますし、自分の成長も感じることができるので良い事づくしです。

そしていつかは、私自身も「誰か」の支えになれる存在を目指しています!


結局のところ「勉強を頑張る」という気持ちよりも「誰かの力になりたい」と言う気持ちがあるからこそ継続していられるんだなと今日気づくことができました。笑


これからもお客様と仲間のために勉強をし続けていきます!

ABCashでは現在採用を強化しております!

ぜひ一度カジュアルなお話しからしてみませんか?

ファイナンシャルコンサルタント
本当にお客様のためになる金融教育を!金融業界経験者 Wanted!!
ABCash(エービーキャッシュ)は、オンライン金融教育を軸としたフィンテックベンチャーです。 2018年の創業以来、主にミレニアル世代の女性が家計管理や資産形成について学んでいます。グローバルな視点からみて金融教育が遅れている日本。ファイナンシャルリテラシーを身につけ行動する人が増えることで、消費や投資を通じて経済に新たな活力を与え、日本の次の成長につながると信じています。 ▼これを見ればわかる!ABCashのこと 1.【起業家インタビュー】ABCash児玉隆洋 「日本人はもっとお金に強くなるべき」/ ABCash創業ストーリー GOETHE[ゲーテ] 情熱パーソン https://goetheweb.jp/person/article/20200422-abcash1 https://goetheweb.jp/person/article/20200423-abcash_takahiro_kodama 2.実現したいのは「金融リテラシーの高い日本」。お金の知識がないという理由で、夢をあきらめずにすむ社会を創りたい / ABCash創業ストーリー KEIEISHA TERRACE by 経営者JP「イマ、ココ、注目社長!」   https://keieishaterrace.jp/article/detail/15886/ 3.日経新聞 https://www.wantedly.com/companies/abcashtechnologies/post_articles/305881 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC188QU0Y1A510C2000000/ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC011570R00C21A7000000/ 4.ABCash プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/33541 5.1年で生徒数2.5倍の金融教育 ABCash成長のカギは特化戦略にあり /Forbes JAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/42146 6.テレビ東京 WBS(ワールドビジネスサテライト) https://www.youtube.com/watch?v=P-h4t7wZ2W8
株式会社ABCash Technologies
Wabマーケティング
金融×ITベンチャーで、自分の力を試したい。そんなマーケター募集!
ABCash(エービーキャッシュ)は、オンライン金融教育を軸としたフィンテックベンチャーです。 2018年の創業以来、主にミレニアル世代の女性が家計管理や資産形成について学んでいます。グローバルな視点からみて金融教育が遅れている日本。ファイナンシャルリテラシーを身につけ行動する人が増えることで、消費や投資を通じて経済に新たな活力を与え、日本の次の成長につながると信じています。 ▼これを見ればわかる!ABCashのこと 1.【起業家インタビュー】ABCash児玉隆洋 「日本人はもっとお金に強くなるべき」/ ABCash創業ストーリー GOETHE[ゲーテ] 情熱パーソン https://goetheweb.jp/person/article/20200422-abcash1 https://goetheweb.jp/person/article/20200423-abcash_takahiro_kodama 2.実現したいのは「金融リテラシーの高い日本」。お金の知識がないという理由で、夢をあきらめずにすむ社会を創りたい / ABCash創業ストーリー KEIEISHA TERRACE by 経営者JP「イマ、ココ、注目社長!」   https://keieishaterrace.jp/article/detail/15886/ 3.日経新聞 https://www.wantedly.com/companies/abcashtechnologies/post_articles/305881 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC188QU0Y1A510C2000000/ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC011570R00C21A7000000/ 4.ABCash プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/33541 5.1年で生徒数2.5倍の金融教育 ABCash成長のカギは特化戦略にあり /Forbes JAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/42146 6.テレビ東京 WBS(ワールドビジネスサテライト) https://www.youtube.com/watch?v=P-h4t7wZ2W8
株式会社ABCash Technologies
株式会社ABCash Technologiesでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう