1
/
5

オフィス設計した人が自慢のオフィスを紹介してみた!

ABCash Technologiesの宇佐美です。

今回は渋谷マークシティ本社オフィスをご紹介いたします。

本社オフィスのご紹介

オフィスプロジェクト担当の宇佐美です

入社して2ヶ月後のことです。

社長から「創業以来最高額のプロジェクトを任せる」

と言われ0から場所選定、業者選定、デザイン、施工、仕上げ全てを担当しました。


施工会社さんにも

「一般の人でここまでオフィス移転に詳しくなった人はいないんじゃないですか?」

と言われるほどのリサーチをし、業者と対等に話せるほどのインプットをしました。


そんな私の汗と涙の結晶と言っても過言ではないABCashオフィスをご紹介します。

※オフィス移転についてご相談のある方は気軽にご連絡ください。笑


自慢のオフィス紹介

出入り口には上記の光景が広がります。

ポイントは

  • 上にはネオンの会社ロゴ
  • 正面にはサーフ系のソファとテーブル
  • 右には圧巻のフォンブース
  • 左にはMTGで使えるブース
  • 奥は遮るものを置かない抜け間

なんとなくに見えているかもしれませんが、全て計算し尽くされた設計なのです。

ご来客いただいた際には左手にある受付にてご連絡を貰えば社員が迎えに行くシステムとなっています。

こちらはただソファとデスクがあるように見えるかもしれないが、クッションの数や本などは計算し尽くした結果のこの形になっています。

受付を終えたらこちらに座り、お出迎えをお待ちください。

ソファ左側には7つのテーブルを用意しています。

MTG用のスペースや個人で集中するためのスペースとして活用されています。

右手にはフォンブースがずらっと並んでいます。

圧巻の39台ご用意しております。


外部とのオンラインMTGやサービス提供の空間として使われています。

なんとなく見えている扉下側の数字やロゴも

「どんな大きさで、何色で、どの透明度で、どこに」

と持てる力を限界まで振り絞って設置したことを昨日のことのように覚えています。


ここまで個室を作成している企業は他にあるのでしょうか?

あるのであればオフィス作成者としてぜひ見学をさせて欲しいです!

こちらがフォンブースの中になります。

ただの机とソファですがここにもこだわりが詰まっています。


ソファは長時間座っても腰が痛くならないようにし

見栄えが空間に合うような素材を選び


机は誰でも使いやすい73cmの高さに設定し

ブースに入りやすくなるように角を切り取り


ソファの高さは45cmに設定し

机とソファの隙間が約30cm開くようにしています。


みなさんが今座っている机と椅子も約25-30cmの隙間になっていると思います。

これは使う人が使いやすい高さを想定して設計されています。


ちなみにそんな都合の良い椅子と机はなかなかないので、ソファはインターネット上のありとあらゆる家具を検索し愛知県から取り寄せました。

ちなみに中には有線コードを常備させているため、弊社の電波が悪くなるということは相当な電波障害がない限り起こりませんのでご安心ください。

真ん中にはドドンと大きな特注テーブルを用意しております。

裏話ですが、実はここにハイチェアを置いておしゃれにする予定でしたが発注元から取り寄せることができずにそのままとなりました。

現在はスタンドテーブルという形で取り合いが起こるほどの場所になったのでむしろハイチェアがなくてよかったのかもしれません。笑


大人の都合で画像をお見せすることはできませんが、奥には24時間年中無休で弊社のアンバサダー、ローラさんの動画が大迫力で流れております。


そして社内各所にもローラさんのポスターなどが飾られているので、気になる方はぜひ直接見にきてもらえたら嬉しいです。


おわりに

執務室エリアにあるのでここでしかお見せすることができませんが、みんなの寄せ書きなども社内には飾っています。

これを見るたびに「オフィス移転頑張ってよかった」と元気をもらえます。

ぜひ、これをみているあなたもABCashの一員となって働いてみたくはありませんか?

ABCashでは現在採用を強化しております!

ぜひ一度カジュアルなお話しからしてみませんか?

ファイナンシャルコンサルタント
金融業界なのに、カジュアル!フランク!楽しい!最強の環境で圧倒的成長!
ABCash(エービーキャッシュ)は、オンライン金融教育を軸としたフィンテックベンチャーです。 2018年の創業以来、主にミレニアル世代の女性が家計管理や資産形成について学んでいます。グローバルな視点からみて金融教育が遅れている日本。ファイナンシャルリテラシーを身につけ行動する人が増えることで、消費や投資を通じて経済に新たな活力を与え、日本の次の成長につながると信じています。 ▼これを見ればわかる!ABCashのこと 1.【起業家インタビュー】ABCash児玉隆洋 「日本人はもっとお金に強くなるべき」/ ABCash創業ストーリー GOETHE[ゲーテ] 情熱パーソン https://goetheweb.jp/person/article/20200422-abcash1 https://goetheweb.jp/person/article/20200423-abcash_takahiro_kodama 2.実現したいのは「金融リテラシーの高い日本」。お金の知識がないという理由で、夢をあきらめずにすむ社会を創りたい / ABCash創業ストーリー KEIEISHA TERRACE by 経営者JP「イマ、ココ、注目社長!」   https://keieishaterrace.jp/article/detail/15886/ 3.日経新聞 https://www.wantedly.com/companies/abcashtechnologies/post_articles/305881 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC188QU0Y1A510C2000000/ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC011570R00C21A7000000/ 4.ABCash プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/33541 5.1年で生徒数2.5倍の金融教育 ABCash成長のカギは特化戦略にあり /Forbes JAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/42146 6.テレビ東京 WBS(ワールドビジネスサテライト) https://www.youtube.com/watch?v=P-h4t7wZ2W8
株式会社ABCash Technologies
Wabマーケティング
金融×ITベンチャーで、自分の力を試したい。そんなマーケター募集!
ABCash(エービーキャッシュ)は、オンライン金融教育を軸としたフィンテックベンチャーです。 2018年の創業以来、主にミレニアル世代の女性が家計管理や資産形成について学んでいます。グローバルな視点からみて金融教育が遅れている日本。ファイナンシャルリテラシーを身につけ行動する人が増えることで、消費や投資を通じて経済に新たな活力を与え、日本の次の成長につながると信じています。 ▼これを見ればわかる!ABCashのこと 1.【起業家インタビュー】ABCash児玉隆洋 「日本人はもっとお金に強くなるべき」/ ABCash創業ストーリー GOETHE[ゲーテ] 情熱パーソン https://goetheweb.jp/person/article/20200422-abcash1 https://goetheweb.jp/person/article/20200423-abcash_takahiro_kodama 2.実現したいのは「金融リテラシーの高い日本」。お金の知識がないという理由で、夢をあきらめずにすむ社会を創りたい / ABCash創業ストーリー KEIEISHA TERRACE by 経営者JP「イマ、ココ、注目社長!」   https://keieishaterrace.jp/article/detail/15886/ 3.日経新聞 https://www.wantedly.com/companies/abcashtechnologies/post_articles/305881 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC188QU0Y1A510C2000000/ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC011570R00C21A7000000/ 4.ABCash プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/33541 5.1年で生徒数2.5倍の金融教育 ABCash成長のカギは特化戦略にあり /Forbes JAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/42146 6.テレビ東京 WBS(ワールドビジネスサテライト) https://www.youtube.com/watch?v=P-h4t7wZ2W8
株式会社ABCash Technologies
株式会社ABCash Technologiesでは一緒に働く仲間を募集しています
28 いいね!
28 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう