1
/
5

創業初の偉業を成し遂げた元受講生!女性が稼いで自立できる世界へ!

大嶋 美春

株式会社ABCash Technologies コンサルタント

前職は日興証券で営業職として活躍。「金融教育を広めたい」「女性が輝ける環境を作りたい」と思い2021年に株式会社ABCash Technologiesに入社。

女性が活躍できる環境を作りたい

どうしてそう思ったんですか?

地元の友達を見ていて「もったいないな」と感じたのがきっかけです。地元は田舎なので女性は結婚を早くして専業主婦になると言うのが当たり前の環境でした。


周りの友達が結婚相手を職業で選んでいたのを見て驚愕しました。「〇〇会社の人と結婚して..」と言うような選び方。


「そんなにお給料って大事?」と聞いてしまいました。

すると

「あなたは自分で稼げるから。自分で稼げないから」

それを聞いて「すごくもったいな」と思ってしまって...


そこから「もっと女性が自分で稼いで生きていける世界にしたいな」と思ったのが「金融教育を世の中に広めていきたい」と決意したきっかけです。


受講生から見たABCash

前職は何をされていたんですか?

前職が日興証券という証券会社だったのですが「金融教育を広めたいな」と思い入社しました。

日興証券が行っている、大学に金融教育を推進する活動に携わりたいと考えていました。


ただ、入ってみたらそこに行くのに時間がかかるのがわかったんです。

「転職をした方がやりたいことができるのではないか?」と営業しているときに気づきました。


本社に行き携わるという選択もあったのですが、部署移動などもあるのでずっと携わることは難しいと感じていました。そして最終的に金融教育までの道のりが長かったので転職を決意しました。


ABCashは何で知ったんですか?

Wantedlyで知りました。たまたま求人をみたら出てきたんです。

「女性向けの金融教育なんてあるんだ」と思ってすぐ「興味ある」ボタン押してみました。


当時の人事の方と話をしたのですが、その時は転職をしませんでした。面談の時も「もう1年は働こうと思ってる」と伝えたら「そのときにお願いします」となりました。


自分の中で「3年で辞める」と決めていたので。あとは当時の職場で新規開拓営業をしていたので、新しく対応するお客様がいる中でいきなり「辞めます」とは無責任で言えなかったです。


それに結果を出さず中途半端に終わらせたら、他にいっても結果出せないなと思って3年続けました。

正直3年働いてよかった思ってます。今ABCashで話していることは前職の3年間での経験のおかげなので。

前の会社から1年も経たずに転職をしていたら今の活躍はなかったと思います。




そこからなぜ受講しようと思ったのですか?

1年経ちABCashに転職を考えた際に「良さそうな会社だけどサービスのことわからないな」と思って受講することを決めました。

「この会社のサービス大丈夫なのか?」という思いが心のどこかで払拭することができなかったので「自分で試して判断する」と決めて受講しました。


また

「この会社でやっていることは本当にやりたいことなのか?」

「本当に受講するお客さんのためになるのか?」

という確信を得るためにも、受講するしか判断する方法がありませんでした。


当時はちょうど初めての緊急事態宣言も発令され、時間に余裕もできたので「受けてみよう」となりました。


トレーニングどうでしたか?

販売しかしてこなかったので、教わるということが新鮮でした。


ABCashが金融商品を販売していない中立的な立場なので

「これがオススメですよ」ではなく「こういう選び方があるんですよ」がめちゃくちゃ学びになりました。


他にも金融業界にいたものの、知らない内容が沢山ありとても勉強になりました。

実際に保険とか全くわかんなかったんですよ。


自分が保険選ぶとき、わからなくて保険の相談を窓口にしにいった経験があるんですよ。

色々話してもらったんですけど専門知識多すぎて「結局どれがいいかわからん。値段で決める。」という状態になっちゃったんです。今思えば「もっと早く知識をつけておけばよかったなぁ」と思いました。


マンツーマンで受けれるところも私にとっては良かったです。

証券会社ということを担当に伝えていたので、投資のことはやっていません。

・口座の最適化

・住宅

・キャッシュフローの書き方

・保険

を中心にやっておりました。

特に「口座の最適化」は、目から鱗だったのでぜひ受けて欲しいです。


入社してからのリアルなABCash

ギャップはありましたか?

最初のイメージは「人を大切にしている」というイメージでギャップはありませんでした。


証券会社にいると成績出ていないと人格がないと感じてしまっていました。人を数字でしか見ていない人が多くいる気がして....それとは全く逆で人格も見ているのがすごい印象的でした。


目標に対して前職だとできていないと詰められてました。ABCashだと助けてくれる人がいて「一緒に頑張ろう」という気持ちをひしひしと感じています。


だんだんと「自分が足を引っ張らないように周りのために頑張ろう」という気持ちが芽生えてきます。


1番良かったところはどこですか?

働いている人がめちゃくちゃ良かったです。


前の会社は自分の仕事は自分で片付けるという習慣もあり。

「後にして忙しいから」と言われて数字出しているか、いないかで態度変わる人も多かったです。


ABCashでは1聞いたら10返ってくる手厚い人ばかり。

あとはテンション変わらない人が多いので接しやすいです。笑


心に余裕のある人が多くて過ごしやすいというイメージです。金融業界で働いてきて反面教師にしている人が集まってるってのもありますよね!


どの人に話しかけても「あーなるほど!」と否定しないで共感から話してくれる人が多い。コミュニケーションがとりやすい理由の一つだと感じてます。みんな視野が広く学びが多いです。


これからやりたいこととかありますか?

会社の経営に直接携わりたいです。

新規事業で挑戦する0-1に携わりたいと思ってます。


大学のお世話になった先生に

「道を切り開けれるようになってほしい」

と言われたので切り開くようなチャレンジをしていきたいです。


今後は「資産がある人はもちろんのこと、同じ年代の人にも必要性を伝えていきたい」と思ってます。


ABCashでは現在採用を強化しております!

ぜひ一度カジュアルなお話しからしてみませんか?

Wabマーケティング
金融×ITベンチャーで、自分の力を試したい。そんなマーケター募集!
ABCash(エービーキャッシュ)は、オンライン金融教育を軸としたフィンテックベンチャーです。 2018年の創業以来、主にミレニアル世代の女性が家計管理や資産形成について学んでいます。グローバルな視点からみて金融教育が遅れている日本。ファイナンシャルリテラシーを身につけ行動する人が増えることで、消費や投資を通じて経済に新たな活力を与え、日本の次の成長につながると信じています。 ▼これを見ればわかる!ABCashのこと 1.【起業家インタビュー】ABCash児玉隆洋 「日本人はもっとお金に強くなるべき」/ ABCash創業ストーリー GOETHE[ゲーテ] 情熱パーソン https://goetheweb.jp/person/article/20200422-abcash1 https://goetheweb.jp/person/article/20200423-abcash_takahiro_kodama 2.実現したいのは「金融リテラシーの高い日本」。お金の知識がないという理由で、夢をあきらめずにすむ社会を創りたい / ABCash創業ストーリー KEIEISHA TERRACE by 経営者JP「イマ、ココ、注目社長!」   https://keieishaterrace.jp/article/detail/15886/ 3.日経新聞 https://www.wantedly.com/companies/abcashtechnologies/post_articles/305881 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC188QU0Y1A510C2000000/ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC011570R00C21A7000000/ 4.ABCash プレスリリース https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/33541 5.1年で生徒数2.5倍の金融教育 ABCash成長のカギは特化戦略にあり /Forbes JAPAN https://forbesjapan.com/articles/detail/42146 6.テレビ東京 WBS(ワールドビジネスサテライト) https://www.youtube.com/watch?v=P-h4t7wZ2W8
株式会社ABCash Technologies
ファイナンシャルコンサルタント
金融機関での経験活かしませんか?中立的金融教育で社会を変えたい方歓迎!!
ABCash(エービーキャッシュ)は、中立的な立場から金融リテラシーを向上させる「ファイナンストレーニングスタジオ」を提供しています。 貯蓄・住宅・保険・投資などについて、90日間お金のプロとマンツーマントレーニングをしていきます。 また、2019年に週刊東洋経済「すごいベンチャー100」フィンテック部門において選出されています。 https://www.wantedly.com/companies/abcashtechnologies/post_articles/182832 我々の強みは金融業界でありながら中立的な立場でサービスを提供するところにあります。つまり、金融商品の売り込みは一切ありません。 そしてお金の知識をつけるだけでなく、知識を実践できるようになって頂き一生モノのスキルを身につけていただきます。
株式会社ABCash Technologies
株式会社ABCash Technologiesでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう