1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

一度きりの人生、オモロイかどうかを決めるのは自分自身だ。【a-worksハロウィン2019】

こんにちは!
a-works 人事部の山口です。

今年も盛り上がりをみせたハロウィン。
a-worksでは3年前から仮装出勤が解禁になり、今ではハロウィン当日はたくさんの人が仮装して出社しています。

なぜハロウィンをやるのか?

それは、a-worksが掲げる経営理念「すげぇことしよう」に関係しています。

「すげぇこと」とは、仕事に置き換えるのであれば、相手の期待を超えること。
そんな「すげぇこと」を体現するために、イベントにもおいても自分がオモロイと思うことに全力でコミットしてほしいと考えています。

やった方がオモロイのであればやる。
すげぇことを追い求めるa-worksだからこそ、こんな想いでイベントにも全力を尽くします。

10月31日 ハロウィン当日

いよいよ待ちに待ったハロウィン当日。
オフィスに行くと早速…。

いました!めっちゃ高圧的なガチャ〇ンとムッ〇。
本人たちいわく「全く前見えへん」そうです。

こちらは3人で1つの仮装。
某伝説のコント番組がモチーフとのことで、詳細が気になる方は検索してみてください。

その他にもオフィスを見回していると、

今話題のラグビー選手がいたり…。

あれ、仮装してないやん!と思ったら、

無印の店員さんがいたり…。
いわゆる「地味ハロウィン」というやつですね。

コンセプトのよくわからない人がいたり…。
本人いわく「特に意味はない」だそうです。

みんな思い思いの仮装をしてきていました。

お昼休みになったので、ゴロゴロスペース(絨毯でゴロゴロ休憩できるスペースのことをそう呼んでいます。)へ行ってみると、

なんかふくらみが(笑)

ここにもいました!

テーマは「ゴロゴロスペースの概念」。
ゴロゴロスペースという場所をテーマとして捉えた着眼点に脱帽です。

絨毯のサンプルを家に持ち帰って色の確認をしたというこちらの仮装ですが、完全に絨毯と同化していてわからない!これはクオリティが高いです。
人がいることに気付かず、このあとウォーリーに踏まれていました。

ちなみにこの格好で家からチャリこいで来たそうです。暑そう。

振り返ると、お父さんにミルクを飲ませてもらう赤ちゃんの姿も。

可愛いですね。最近女の子が生まれたので、娘さんのコスプレをしてきたそうです。
ただ、遠目でみるとヤバイ。

こんな感じで毎年たくさんの方が仮装してきてくれるんですが、仕事はいつも通り真面目そのもの。

イベントをしっかり楽しみつつも、仕事は全力で取り組む社風がa-worksの良いところでもあります。

今年のグランプリは

代表の野山が毎年グランプリを発表するのですが、今年はリーチ・マイケルの仮装をしてきた佐藤くんに決定!

カツラによる頭痛を我慢して、見事グランプリを勝ち取りました。お疲れ様でした。


ハロウィンに関わらず、a-worksはONE TEAM(ワンチーム)として、これからもオモシロくてすげぇことを追求していきます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

a-works株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング