Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なんのために働くのか?新卒で入社した大企業からベンチャー企業へ転職して感じた「会社を選ぶうえで大切にしてほしいこと」

こんにちは!
a-works 人事部の山口です。

私は新卒の2015年4月~2018年9月まで某大手保険会社の商品企画部で働いていていたのですが、2018年10月にa-worksへ人事として中途入社。
約8ヶ月が経ちました。

会社規模も業界も職種も全く異なる会社への転職で、不安も大きかったし、正直最初は辛いと思うこともたくさんありました。
入社してから約半年が経ち、まだまだ未熟で日々勉強!の毎日ですが、転職してよかったと心から思っています。

新卒の時は、誰もが知っている有名企業ばかりを受けて、いくつか内定をもらい、その中の一社である某保険会社を選びました。

「働くなら絶対大企業がいい。安定してるしかっこいい!」

そう考えていて(今思えば当時はすごく思考が浅かった)、自分がやりたいことや、なりたい自分像が全くイメージできていませんでした。

入社して3年ほど経ち、仕事に慣れてきたときに、ふと
「私ってこうゆう仕事がしたかったのかな?このままこの会社で何十年も働くの?もしくは寿退社?」
と考え、違和感を覚えて転職活動を始めました。

そこから約2か月後、まさか自分が従業員数45人の、いわゆるベンチャー企業であるa-worksへ転職するなんて思いもしなかったです。

このブログでは、誰もが名を知る大企業から、a-worksへ転職して感じたことや、会社を選ぶうえで大切にしてほしいことを書きたいと思います。

今転職を考えてる人や、就職活動をしている方の参考になれば嬉しいです!

コーポレートデザイングループ・人事 山口萌
Twitter:@awjinji_moe
<略歴>
2015年4月  神戸大学卒業後、新卒で某大手保険会社へ就職。商品企画に携わる。
2018年10月 前職を退職し、a-worksへ人事として入社。現在に至る。

a-worksへ転職してどう変わったか

結論からお伝えすると、転職して前より仕事が楽しくなったし、やりがいというものを感じるようになりました。

それまでは、仕事は”こなすもの”と思って働いていたので、言われたことをやって、終わったら帰る、の繰り替えしだったんです。
そんなマインドだから面白みなんてないし、1日がとても長く感じました。

転職してからは、仕事量が増えたのもありますが、”どんな風に進めたらより価値のある提案ができるか”、”どうやったらみんなにとって1番良いか”を考えまくる毎日で、1日があっという間に終わります。忙しいけど楽しい!

チームリーダーの山根とともに採用など、人事業務を担当しています。

転職に至った経緯を簡単にお話すると、新卒の時はなんとなく、”ベンチャー企業=起業したい人が働く”みたいなイメージを持っていたんです。

私は特に起業には興味がありませんでした。
それと、ベンチャー企業ってとにかく労働時間が長くて、ろくに教育もされないまま仕事を無茶ぶりされるっていう勝手な固定観念があって(笑)

また、周りがそうだったこともありますが、大企業に入ることが「正解」、「優秀」というイメージもなんとなくありました。

そんな理由から、冒頭でお話した通り、新卒のときは大企業ばかり受けていました。

希望通り第一志望だった某大企業に入社しましたが、入社して3年たった頃から、採用活動など、仕事を通じて人の人生に影響を与えられる「人事」という仕事に魅力を感じ、転職することを決意しました。

ご縁があってa-worksへ入社することになりましたが、前職と比べて、働き方も企業文化・風土もなにからなにまで全然違う!

前職とa-worksで働くことを通じて私なりに感じた、

”大企業とベンチャー企業の違い”

をいくつかピックアップしてみました。

・・・

>>続きはA-WORKS BLOGにて

a-works株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう