Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

関わる人たちに価値のある提案を! 自分の介在価値を意識しながら、日々業務に取り組んでいます。

こんにちは。a-works 人事部の山口です。
今回は、広告運用グループで働く若手社員に、a-worksで働く魅力をインタビューしてきましたのでご紹介します!

プロフィール
岩本 直樹(いわもと なおき)
大阪大学大学院修了後、専門商社の営業職に従事し、2018年1月a-works株式会社に入社。
現在、広告運用グループで成果報酬型広告の運用業務に従事。


ーーーなぜ転職したんですか?

元々専門商社で営業をしていたのですが、このままでは自分の思う人生が送れないと感じたからです。
裁量も大きくすごく成長できる環境ではあったのですが、将来的に起業を考えるようになり、Webマーケティングのスキルを身に付けたいと思いました。そこで、地元大阪のWebマーケティング会社であるa-worksへ入社しました。


ーーー入社前後でギャップはありましたか?

入社前は、ハロウィンなどイベントが多く、ワイワイしているイメージがありましたね。
規模の小さい会社で平均年齢も若いので、社内の雰囲気に馴染めるか少し不安なところもありました。
でも実際入社してみると、当たり前ですが業務中はみんなすごく真面目に働いていて(笑)、良い意味でギャップを感じました。

仕事の内容自体にギャップは感じませんでしたが、入社直後から担当を持って、最初は正直大変でした。
わからないことは先輩に聞きながら進めていましたが、今30分でできることに4時間くらいかかったこともありました。
ただ、自分が今やっている業務が「なんのためにやっているのか」は理解しながら進められたので、大変ながらも楽しかったです。その時の頑張りが今に繋がっているとも思いますし。


ーーー入社して感じるa-worksの魅力はなんですか?

入社してみて感じたことは、「自由に働ける会社」だということです。「自由」とは、仕事の進め方や優先順位の付け方、やることとやらないことの判断など、自分の仕事を自由にカスタマイズできるということ。
やってもあまり意味がない、取引先に価値を提供できないと判断した仕事には時間を割かず、やると判断した仕事に対して全力で取り組みます。

その分責任は伴いますが、より関わる人たちへの価値提供を意識して働くことができています。


ーーー日々の仕事で意識していることはなんですか?

日々意識していることは、「自分の提案に付加価値を見出すこと」です。
広告代理業は、クライアントの要望をメディアやASPへ横流しにするのでは意味がありません。

例えば、クライアントがメディアに提示する条件に対して、条件改善を提案することがあります。メディア側の目線を持っているからこそ、結果的にメディア掲載数が増え、クライアントの成果アップに繋がると考えるためです。
メディアに対しては、単純に広告掲載依頼をするのではなく、複数メディアとの取引経験があるからこそわかる、商品掲載ページへの各種提案をします。

クライアント、メディア、ASP、それぞれにとってメリットのある提案をすることでこそ、自分の介在価値があると思っています。
なにをやってもいい環境だからこそ、どうやったらより付加価値のある提案ができるかどうかを常に考えながら業務に取り組んでいます。

その結果、クライアントから「ありがとう」と言わることが1番のやりがいです。

ーーー今後の目標教えてください!

自分の担当する企業の案件がどうやったら売れるのか「マーケティング」のスキルを今後もっと高めていきたいです。

a-works株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
関わる人たちに価値のある提案を! 自分の介在価値を意識しながら、日々業務に取り組んでいます。
山口 萌
a-works株式会社 /

今週のランキング

ランキングをみる