1
/
5

『何でもやりきることさえすれば、弱みを強みに変えることができる。』不器用だけど圧倒的努力で高い壁を乗り越え続けたストーリー

こんにちは!2021卒内定者のNです!

さっそくですが、前回に引き続き連載ストーリーのテーマ!Waqooってキャラが濃い人しかいないってホント?!です!!笑 

今回からは#新卒1年目 #インタビューシリーズストーリーを公開していきます!21卒と同じく、総じてキャラが濃い顔ぶれが勢揃いしているので、ご期待ください!

ということで、栄えある第一弾は・・

入社1年目にして在籍期間2年半の新規事業立上げ&海外事業チーム所属の、Tさんです!(20卒・21卒の中で最もクセが強いと思ったので1人目に選抜したことは、ここだけの話です。笑)

※想像以上に想い溢れるエピソードばかりで、超大作となりました。笑(特に就活編以降)

コンサルorベンチャー/起業or就職 的な観点がふんだんに盛り込まれているので同じ悩みを持っている方は是非ご参照ください<m(__)m>

連載バックナンバー

▼21卒インタビューシリーズ

【内定者連載Vol.1】ワークアズライフな環境で、月曜日が楽しみになる会社を見つけた話 | <ビジネス職>だから私、Waqooに入社しました。
いよいよ社会人生活まで残すところ3ヶ月となりました...!!!2021卒内定者で、現在内定者インターン2年目のNです。 今後は、Waqooの日常や実態を解剖していくため、ストーリーを定期的に更新していきますのでお付き合いいただけると嬉しいです*(等身大で、ぶっちゃけ内容をふんだんにお伝えしていきます!) さっそくですが、連載ストーリーのテーマ! ということで、まずは手始めに #21卒内定者 ...
https://www.wantedly.com/companies/Waqoo/post_articles/304701
【内定者連載Vol.2】周りの目を気にする優等生だった自分が『自分の限界を超え続けられる環境に飛び込みたい』と思ったワケ | <ビジネス職>だから私、Waqooに入社しました。
こんにちは!2021卒内定者のNです! さっそくですが、前回に引き続き連載ストーリーのテーマ! Waqooってキャラが濃い人しかいないってホント?!です!!笑 ということで、 #21卒内定者 の #インタビューシリーズストーリー 第二弾! 21卒で最もキャラの濃い 、休学を2年間も経験した、S! ※内容盛りだくさんで読み応えたっぷり長文掲載です。が、是非最後までご覧ください!!!(笑) ...
https://www.wantedly.com/companies/Waqoo/post_articles/307165

▼新卒一年目シリーズ

プロフィール

入社:2020年4月新卒 |大学:慶應義塾大学卒(理系)
大学時代はESS代表として1学年100人以上の規模の組織を引っ張る。
サマーインターンはコンサル・ベンチャーを中心に幅広く参加し、2018年10月Waqooへと意思決定。内定承諾数日後からすぐ内定者インターンを開始。海外チームを主所属としながら、国内D2C内の新規顧客獲得チームや物流チーム、社長直下の新規事業構想など多岐に渡る業務に従事。
また、ビジネス職ながら、2020年1月に42東京のエンジニア育成プログラムに参加し、未経験から300人中8位に。
内定者インターンから現在に至るまで、5回以上表彰授賞歴あり。現在は新規事業立上げをメインとしつつ、海外・国内CRM・採用などの業務を担う。

目次

  • 原点         |極度の人見知りと自信がなかった過去
  • ターニングポイント  |難易度の高い壁を超えることに夢中になった高校・浪人時代
  • 大学生活       |コンプレックスを乗り越えるため、逆算思考で自分磨き期間
  • 就職活動       |就活無双してた自分が3年10月にWaqooに意思決定したワケ
  • Waqooでの今とこれから|史上最速での内定者インターン開始を経て、Waqooの0➜1を担う今

原点|大人以外には極度の人見知りで自信がなかった過去

まずは幼少期の自分について教えてください。

同級生と年下に対してとにかく人見知りな子供でした。(大人に対して全然人見知りしないんですが・・)

どれくらい重症な人見知りだったのか具体例を出して紹介すると、隣のクラスにいた近所の女の子へ頼まれたプリントを渡せない。笑 そのときは結局、渡すのに1週間かかってしまうほどでした。そんな状態だったので、小学校では新しい友達をほぼ作れず、授業も含め学校が全然楽しいと思えていませんでしたね。

ただ、授業に関してはクラスで初めて発言した内容を先生が褒めてくれたことをキッカケに授業が楽しくなっていきました。純粋に、褒められたことが嬉しかったんですよね。それ以来、家では特に勉強はしないけれど、授業はいつも集中して楽しみながら参加していました!この頃から、一度好きになったものには熱中し、追求する精神が出来上がったのかもしれません。


優等生ポジションだったのですか?成績も良さそう。

自分の中にある基準からすると、良くはなかったですね。

そもそも自分の中では『勉強できる=全教科満点』的な基準だったことと(この基準が変なことは、だいぶ後に知ります。苦笑)、主要5教科については満点を採ることはできても、運動はできなかったし、音楽も嫌い(むしろ音痴)。美術だってできない。これくらいの年齢のときって勉強ができることよりも運動ができる人が目立っていたし、優秀とされていた傾向にあったので、ある意味勉強しかできない自分に、全然自信がありませんでした(笑)


勉強できること自体すごいことなのに、自分の中でそれを認めることができなかったんですね。。。完璧主義のTさんらしいです。苦笑
中学生活では、どのように過ごされていたんですか?

まず、中学校のメンバーは、ほぼ小学校時代のメンバーの繰り上がりだったので、この頃にはさすがに慣れて、人見知りは発揮しませんでした。初めてのテストでは、まさかの学年6位を取ることができ、勉強は想像以上に得意だということに気が付きました。

一方部活動では、元々運動神経が悪かったものの、卓球が好きで卓球部に入部。同期8人中、ビリという底辺からのスタートでした。しかし、一度決めたことはやり抜きたいという負けず嫌いにも似た精神を生かし、とにかくまずは周りの人よりも多くの練習をすることを意識し徹底練習!

結果としては地道な努力が功を奏し、中2の時に自分だけ先輩の代に混ざって一緒に大会に出場。最終的には部内でも負け知らずの強さにまで成長できました。

成果を残せたこともあり、勉強や卓球を通じて少しずつ自信ができたのですが、このタイミングではまだ、自分から前に出ていくタイプではありませんでした。

ターニングポイント|難易度の高い壁を超えることに夢中になった高校・浪人時代

どんなことがきっかけで人見知りな性格を克服できたのですか?

高校の時に、リーダー経験を沢山積んだことが僕にとってターニングポイントでした。

県内一の偏差値を誇る高校に進学し、入学時あったオリエンテーションの一環で鬼ごっこをした時です。周囲と比較して、身体能力が高くなっていることを初めて認識しました。実際、体力テストをしてみると、中学時代はC評価だったのにAに変化。コンプレックスだった運動神経の悪さを克服できたことが、本当の自信に繋がりました。このことがキッカケで、良い意味で自分から前に前に、出るようになったんです。

まず初めのリーダー経験は、体育祭での団長。目立っているという理由で選抜されたのですが、初めてのことだらけで結果的にはうまくまとめられず、大失敗に終わってしまいました。

しかし、『去年もやってたから』という理由で、高2、高3でもリーダーを務めることに。試行錯誤しながらリーダーをやり続けたことで、3年目でようやく自分が理想とするチームづくりができるようになりました。

こういった経験を通じて、人前に立つことが苦手だった過去の自分とは、全く違う自分に成長できた実感がありました。


結果的には順風満帆な高校生活だったんですね。大学受験も難なくですか?

いえ、大学受験は大苦戦でした。周りの勧めもあり、東京大学を志望していたのですが、結果は惜しくも不合格・・・。

浪人をして、再挑戦することを決意しました。

予備校では同じ東京大学を目指す、全国のトップ高から集まってきた人達と一緒に切磋琢磨。また、教科書に載っていないような、身の回りにある事象から自分で問題定義して解を考えるようなことも意図的にやっていましたね。とにかく難易度の高い問題の解を追求することを通じて思考を深めていくことが楽しかったんです。

最終的には浪人時代の模試で、東京大学A判定を取れるほどにまで成績を伸ばすことに成功しました。

大学生活|コンプレックスを乗り越えるため、逆算思考で自分磨き期間

東大受験は無事成功したんですか?そして、どんな大学生活を過ごしたのか教えてください。

東大受験はあと1点足りず、不合格・・・。

慶應義塾大学進学を決意したのですが、大学生活を振り返って一言で表すとすると、

『打倒東大!社会に出て勝つためにひたすら自己研鑽』でした。笑

受験に失敗したことが悔しくて悔しくて。しかし受験はあくまで通過点。東大に進学した人よりも良い就職先を決め、社会でも活躍して見返したいと気持ちを切り替えました。

この目標から逆算して考えたとき、英語力とディスカッション力を向上させることで携われる仕事の幅を広げたいと考え、Keio ESS(English Speaking Society)サークルに入会し、ディスカッションのチームに所属しました。

▼KEIO ESSとは?世界で活躍する人財を輩出することを理念とし、英語によるコミュニケーション能力の向上を目的として日々活動している団体(300人規模)。

非常に多くの人がいるESSサークルは、全国から集まってきたレベルの高い人たちだらけの刺激的な環境で、自分自身の価値観に拡がりができました。

そうやってのめり込んでいった結果、大会で勝つためにチーム全体のレベルアップを目指した取組などが評価されたのか、2年次には300人ほどが所属するESSの現場を統括する代表に抜擢

過去、経験したことがないほどの規模感のリーダーを務めることになりました。

<サークルの1学年だけで一列に並んでも、こんなに大勢いました!!※写真に映らなかったメンバーもいるほどです。>


かつて経験ないほど大きな組織でのリーダーの役回りは実際、上手くいきましたか?

めちゃくちゃやり甲斐があって楽しかった一方で、ものすごく苦労しました・・。

特に、当時は何でも1人で進めがちなところがあったため、任せることや巻き込むことに苦戦しました。(300人組織を6人ほどの幹部で運営していたこともあったと思います)

しかしながら、周囲の人達からのアドバイスを参考にし、日々改善を重ねたことで沢山の学びと成長実感を得ることができました。

そうして1年間代表としてサークル運営をしたタイミングでサークルは引退し、就活にフルコミット。 サークルの外に出て、成長した自分の力試してみたくなったんです。

<ESSの活動の一環で訪日外国人の方と。英語力を鍛えられたお陰で、英語でのコミュニケーションもスムーズにできるようになりました。>

就職活動|就活無双してた自分が3年10月にWaqooに意思決定したワケ

2年生の冬という、超早期のタイミングで開始した就職活動はどのように動いたのですか?

まずは自分の思考の整理と、目標達成のための行動を計画するところから始めました。ESSで組織を創る経験を通して、自分で組織を一から創って事を成したい、起業したい!という思いが芽生えていました。

その時、すぐに起業することも考えてみたのものの、人生をかけてでも成し遂げたいことがわからなかったこと、それを見付けるには社会を知らなすぎる状況だったため、まずは就職して社会に出てみようと考えました。

今考えると安直でしたが、、その時は「経営者の課題を解決することが出来れば、自分で起業しても自分で問題解決できる!」と思い、コンサルタントになることを目標とし、行動し始めました。

▼腕試し&成長のために行った行動(時系列順)

  • 社員3人の超ドスタートアップで長期インターン開始
  • 海外インターンへの参加
  • 超早期で選考開始しているベンチャー企業の選考参加(とにかく片っ端から)
  • スパルタな就活エージェントのイベント参加(朝から晩まで12時間ひたすらグループディスカッションを行う)

このような行動を通じて、同じ外資系コンサル志望のライバルとしのぎを削りました。

<海外インターンプログラムでの写真です。>


なぜコンサルタント志望からベンチャー志望に変わったんですか?

ベンチャー企業の選考や長期インターンを通じて楽しさを感じていたことから、「起業するためにコンサルタントになることは本当に近道なのか?」という疑問を抱き、ベンチャー企業に就職してその企業を大きく成長させることこそが、起業で成功する一番の近道なのではないか?という仮説が出てきたんです。

▼上記仮説の検証のために行った行動

  • 就活エージェント主催の「コンサルVSベンチャーどっちがいいの?」というトークセッションに毎週参加
  • 登壇されている方に毎回、直接相談(元コンサル出身起業家やベンチャー出身のコンサル企業勤めの方等)

いろんな方のお話をたくさん聞いて分かったことは「コンサルもベンチャーもどちらも間違いじゃないこと」。だからこそ、自分がどうなりたいか?によって進む道は変わってくるということです。

僕の場合、次の2つの想いから、ベンチャーへ就職し、事業創造することにコミットすることを決意しました。

  1. 事業を企画するだけでなくそれを実行し拡大させていくところまでを自分の手でやっていきたい
  2. 第三者の組織に貢献するのではなく、自分の組織に貢献することしたい(自分の特性上、最も自分の力を最大発揮できるためには、と考えた)
ベンチャー志望と確定してからの就職活動の動き方を教えてください。

そうと決まれば年内に納得のいく形で就活を終わらせ、1日でも早く内定者インターンを始めることを目標にしました。(社会人として良いスタートダッシュを切りたかったんです)

そこからとにかく、ベンチャー企業をさらに受けまくりました。

そんな中で自分が一番活躍できる企業、自分に一番合う企業を探すためにやっていたことは、取り繕うことなくまずは思い切って自分を出し「ありのままの自分」を企業に知ってもらうことに特化。それは、限られた時間で行う選考の中で得られる情報はごく一部であるため、企業側に素の自分が合うかを見極めてもらったほうが精度が高く、可能性を狭めないと思いました。

結果的には、十数社のサマーインターン合格。この十数社の企業は素の自分を見た上でサマーインターンに呼んでくれているので、少なくとも素の自分を気に入ってくれているという判断ができ、インターン本番において面接では計り知れないような社員同士のコミュニケーション等やその中での空気感など、五感を使って情報収集めたことが、最終的に早期意思決定に大きく影響を与えました。

<Waqooのサマーインターンでのチームメイトとの写真です!実は同期のMくん(左から2番目)とは同じチームで当時から最強のライバルでした。>


そういった行動の中で、Waqooに3年の10月で意思決定した決め手を教えてください。

最終的な決め手は、シンプルに好きだと思える人たちがいる組織で、本気で大きな事を成すことにとことん向き合っている企業にいきたい。それが自分の将来ポテンシャルを最大化できる。と考え、Waqooに決めました。

そもそも僕の中で、ファーストキャリアにおいて一番大事なことは自分が非連続的な成長を遂げられる環境かどうかでした。人によって成長できる環境は異なると思いますが、自分にとって成長できる環境を要素分解すると以下のようになりました。

  • (Vision)  Visionが一致していること
  • (フェーズ)黎明期にあること
  •        → 自分のvalueが会社そのもにインパクトを与えられるか
  •        → 社長との距離、抜擢ポジションの豊富さ
  • (ヒト)  マスター(師匠)がいること
  • (文化)  挑戦し続ける文化があること
  •        → 失敗をしてもセカンドチャンスがあるか
  •        → 0年目、1年目でも年次関係なく早く掴めるか
  • (海外)  海外を視野にいていること
  • (資金)  資金繰りに余裕があること

その中で全てを満たす企業が2つ見つかりました。

  • (A社)個人で成果を出していくことに特化して成長していく環境
  • (B社)組織で事を成すことに特化して成長していく環境

どちらも自分としては最大限成長し続けられる環境でしたが、成長していくベクトルが異なりました。そのため、新しい観点として、情理と合理の両軸で考えていくことにしました。

▼感情的な側面

  • シンプルに、どちらの企業でどちらのヒトと一緒に理想を叶えたいと思えるか?
  • 心の底からここだ!と思えるか?

▼論理的な側面

  • 将来を鑑みてどちらの企業に行くべきか?

ここで、自分にとって大きな転機となったのがC社でのサマーインターン参加でした。C社のインターンは非常に難易度が高く、チームとしてのまとまりが必要だったためインターンの結果は惨敗。サマーインターンの自分史上、はじめての完敗でした。ここで初めて、どこまでいっても個人としての力は組織の力には敵わない、それほどまでにまとまりのある組織にはパワーがあると痛感しました。

こういった経緯で臨んだ両社(A/B社)の本選考、すぐに心は決まりました。B社の内定が出たわけでもないのに、勝手にA社の最終面接を断りB社の最終面接に臨んだんです(笑)それほどまでにB社は魅力的でした。それが、いまのWaqooです。

<2018年10月、内定承諾した際の社長・専務・先輩方との写真です!この翌日には内定者インターンを開始します。笑>

Waqooでの今とこれから|史上最速での内定者インターン開始を経て、Waqooでの0➜1を担う今

内定者インターン開始から2年半。”これまで”と”これから”についての想いを教えてください。

これまで、海外チームを主所属としながら、国内D2C内の新規顧客獲得チームや物流チーム、社長直下の新規事業構想など、本当に多岐に渡る業務へ尽力してきました。

2年半の間、基本的にはサマーインターンの時から憧れていた事業責任者であるゴンさんの直下で事業を構想したり推進していった経験は、まさに自分が求めていた環境以上だったと思っています。

とにかくがむしゃらに走ってきた2年半ですが、内定者インターンから現在に至るまで有難いことに5回以上表彰していただく機会がありました。純粋に頑張りを評価してもらえたこと、それ以上に、高く期待していただけていること実感できる機会で、受賞の度に嬉しさを噛みしめていました。

しかし、まだまだ道半ば。今は目標へのスタート地点に過ぎません。

僕とWaqooが目指している「偉業を成し遂げるため」には、これまで以上に『最新テクノロジーをいかに駆使できるか?』といった観点が今後の要になると思います。

だからこそ、現在従事している新規事業チームで、D2C支援のプラットフォームビジネスを成功させることは非常に重要だと考えています。

最終的には自分自身の手で世の中を変えるサービスを生み出すべく、引き続き『予想のつかない飛躍的成長』を遂げられるよう、邁進していきたいです!

<決算総会で表彰していただいた時の個人表彰の時の写真です!>

興味を持ってくださった方へ

選考関係なく、まずは気軽にお話しましょう!ここでは公開できない話(ここからが面白かったりします)もいっぱいあるので。
「話を聞きに行きたい」を押してくださった方から、順にご連絡させて頂きます!^^

▼新卒採用

22新卒:ビジネス職
新卒通年採用!テクノロジーの力で新たなインフラとなる事業を創る22卒募集!
――――――――――――――――――― ビジョン 世界史の教科書に載るような偉大なことを成す ――――――――――――――――――― 私たちはこのビジョン達成のために、 大きく以下、2つの事業選定軸を持っています。 ――――――――――――――――――― 事業選定軸 ・成長市場であること ・最先端テクノロジーが活用できること ――――――――――――――――――― 現在は、巨大なEC市場の中でも、 とりわけ急成長を遂げているDtoC領域で、 自社ブランドの展開を中心に、今後の事業多角化を見据えながら推進しています。 【事業内容】 ■ D2C×サブスクリプション事業 日本発のグローバルブランド「HADA NATURE」を展開。 ■D2C×SaaSソリューション事業 自社で培ったノウハウ、データをベースに、 D2Cブランドの企画検討から事業のグロースフェーズまで ブランド運営のあらゆる工程を支援するD2Cワンストップソリューションを提供。 【今後の展望】 事業とは、あくまでもビジョン達成のための”手段”であるため、既存ビジネスに良い意味で固執することなく、新しい挑戦をし続けていきます。
株式会社Waqoo

▼キャリア採用

アカウントセールス(法人営業)
LOFTベスコス受賞ブランドで全国へ!店販拡大を担うアカウントセールス募集
――――――――――――――――――― ビジョン 世界史の教科書に載るような偉大なことを成す ――――――――――――――――――― 私たちはこのビジョン達成のために、 大きく以下、2つの事業選定軸を持っています。 ――――――――――――――――――― 事業選定軸 ・成長市場であること ・最先端テクノロジーが活用できること ――――――――――――――――――― 現在は、巨大なEC市場の中でも、 とりわけ急成長を遂げているDtoC領域で、 自社ブランドの展開を中心に、今後の事業多角化を見据えながら推進しています。 【事業内容】 ■ D2C×サブスクリプション事業 日本発のグローバルブランド「HADA NATURE」を展開。 ■D2C×SaaSソリューション事業 自社で培ったノウハウ、データをベースに、 D2Cブランドの企画検討から事業のグロースフェーズまで ブランド運営のあらゆる工程を支援するD2Cワンストップソリューションを提供。 【今後の展望】 事業とは、あくまでもビジョン達成のための”手段”であるため、既存ビジネスに良い意味で固執することなく、新しい挑戦をし続けていきます。
株式会社Waqoo
株式会社Waqooでは一緒に働く仲間を募集しています
223 いいね!
223 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう