1
/
5

なにをやっているのか

法人向け名刺管理サービス「Sansan」
個人向け名刺アプリ「Eight」
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、ビジネスにおける出会いを後押ししています。主なサービスとして、クラウド名刺管理サービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、クラウド請求書受領サービス「Bill One」を国内外で提供しています。 設立:2007年6月11日 URL:https://jp.corp-sansan.com 所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F 資本金:62億81百万円(2021年2月28日時点) 事業内容:働き方を変えるDXサービス(クラウド名刺管理サービス等)の企画・開発・販売 Sansan https://jp.sansan.com  Eight https://8card.net Bill One https://jp.sansan.com/bill-one ◆ 名刺管理から、働き方を変える「Sansan」https://jp.sansan.com/ Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈の管理・共有を可能にするほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能も備えた、働き方を変える「ビジネスプラットフォーム」です。また、オンラインでの名刺交換を可能にする「オンライン名刺」機能により、多様化するビジネスの出会いによって生じる課題を解決します。 ◆名刺アプリ「Eight」https://8card.net/ Eightは、名刺を起点とした国内最大級のビジネスネットワークです。ユーザーは、名刺を正確にデータ化して、スマートフォンアプリで管理することができます。また、登録したユーザー間で情報発信ができる「フィード」、チャットのようにコミュニケーションが取れる「メッセージ」、名刺だけでは伝えることができない経歴やスキルを伝える「プロフィール」といった機能を持ち、ビジネスのためのSNSとして、280万人を超えるユーザーに利用されています。そのほか、Eightからアクセスできる名刺でつながるビジネスイベントメディア「Eight ONAIR」では、Eightのネットワークを活用して、ユーザーのイベントとの出会いを後押ししています。 ◆ Data Strategy & Operation Center R&Dチームについて(https://jp.corp-sansan.com/dsoc/) 2013年より文書画像解析のスペシャリストが専門的な研究を行うR&Dチームをオペレーション部内に創設。OCRに加え、事業のグローバル展開も見越した言語に依存しない独自の画像解析エンジンや、名刺に対する認知に対して機械学習を用いて読み取りを効率化・自動化する研究開発をスタートしました。現在のR&Dチームは、サービスを通じて世の中に価値を届けることをミッションとしています。画像処理・機械学習のスペシャリストやデータサイエンティストなど十数名が在籍し、名刺をもとにした人脈のデータベースの活用という前例のない未知の領域に挑んでいます。

なぜやるのか

ミッション:「出会いからイノベーションを生み出す」
ミッションの実現に向けて、様々なイベントなども積極的に開催しています
■Mission■ 出会いからイノベーションを生み出す いつの時代も、世界を動かしてきたのは人と人の出会いです。 私たちは出会いが持つ可能性を再発見し、 未来につなげることでビジネスを変えていきます。 イノベーションにつながる新しい出会いを生み出す。 出会いの力でビジネスの課題にイノベーションを起こす。 そして、名刺からはじまる出会い、そのもののあり方を変えていきます。

どうやっているのか

オープンスペースを活用して、時にはリラックスしながら仕事に励んでいます
強みを活かすという文化をとても大切にしています
■Values■ -仕事に向き合い、情熱を注ぐ -Lead the customer -体験を想像する -意思と意図をもって判断する -最速を目指す -強みを活かし、結集する -感謝と感激を大切にする -変化を恐れず、挑戦していく ・公式メディア「mimi」 https://jp.corp-sansan.com/blog/ ・Sansan Builders Blog(Sansanのものづくりを支える技術やデザイン、プロダクトマネジメントの情報です) https://buildersbox.corp-sansan.com/