1
/
5

井上佳央里(Radiotalk代表)の取材/記事まとめ

Radiotalk代表の井上です。Radiotalkの事業や会社および私個人に関するおすすめの取材記事をピックアップしました。興味を持っていただけるタイトルが1つでもあれば、お目通しいただければ幸いです!

◆井上佳央里 / プロフィール
1990年東京都生まれ。大学で放送を専攻し、2012年4月にインターネット事業を運営するエキサイトへ新卒入社。UGCやC2Cをはじめとしたメディア事業、課金事業のプロデュース・ディレクションを経て、2017年8月に社内ベンチャー制度でRadiotalk(β版)をリリース。2019年3月にXTechの子会社として設立されたRadiotalk社の代表取締役に就任。2019年5月に毎日放送系MBSイノベーションドライブから約1億円、2020年10月にSTRIVEをリード投資家とした4社から約3億円の資金調達を実行。2021年2月「ICC スタートアップカタパルト」、6月「IVS LAUNCHPAD」決勝出場。ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 選考委員。
Twitter: @JD_KAORI 
Radiotalk:社長のコソ電(※ただの配信者)
記事一覧:noteで連載しています


◆6、7分のお時間があればピッチ動画でどうぞ

まずは2021年6月「IVS LAUNCHPAD」Entertainmentに出場した際の録画をご覧ください。


あわせて2021年2月「ICC サミット FUKUOKA 2021」スタートアップカタパルトに出場した際の映像もどうぞ。


◆STRIVEパートナー・根岸氏と話す、「マス狙いではない内容が、かえって熱量の高いファンを獲得する」Radiotalkの優位性


◆2020年10月、約3億円の資金調達ーー投資家と経営陣によるコメント一覧(プレスリリース)


◆衰退産業をディスラプトしたい挑戦者を採用していく(エンタメ人)


◆コロナの影響と、Radiotalkが生み出す「個の熱狂経済圏」(Media Innovation)


◆「個の熱狂経済圏」を生み出す3段階(J-CASTニュース)


◆2019年、毎日放送系のMBSイノベーションドライブから約1億円の資金調達を実行(THE BRIDGE)


◆ラジオを「聴く」から「する」へ。音声の動画との違いは、画面がないことで製作者の層が広がること(NewsPicks 生配信番組「The UPDATE」)


◆立ち上げエピソードと、グロースさせた技術(アプリマーケティング研究所)


▼その他、歴史を知る過去記事(参考)
2017年時点の未開拓市場のリアル(cnet blog)
2017年、β版検証中の「なぜ動画ではなく音声へ?」(Techable)
会社設立直後(Techable)
Radiotalkからカンヌ輩出?(マイネ王)
注目したい「耳の可処分時間」(朝日新聞 / 有料)
着想の背景は実は「ブログ」でした(Media Innovation / 会員限定)
代表井上のパーソナリティ(事業において根暗でも問題ないと思っています!)

▼メディア出演
TOKYO FM 週刊日経トレンディ(ラジオ)
ニッポン放送 有楽町イノベーション井戸端会議(ラジオ)
BAY FM 金つぶ!(ラジオ)
ほか

Radiotalk株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング