1
/
5

<<2019年8月度>>ITプロパートナーズ・MVPトップ3名の対談インタビュー【後編】

中村 崇臣】通称:たか(上:写真右)
2019年7月度・8月度の2ヶ月連続MVP取得者。
7月度授賞記事はこちら
2016年4月当時社員8名のITプロパートナーズへ入社。 アーリーベンチャーへの入社理由はこちら
ITプロパートナーズの黎明期を支え営業部長へ。
現在は、ITプロパートナーズ 事業と新規事業のGraspy事業の営業統括を兼務。
藤井 健二朗】通称:健二朗(上:写真右)
2019年8月度・MVP2位獲得。
横浜国立大学卒業後、2018年ITプロパートナーズへ新卒入社。
2018年10月よりセールス兼新卒採用リーダーに就任。
2019年4月より、2年目にして大阪支社立ち上げメンバーに抜擢され現在大阪での事業拡大に奮闘中。
学生時代は、体育会ラクロス部に所属。趣味は筋トレ。自己紹介はこちら
【東條 泰暁】通称:ヒデキ(上:写真左)
2019年8月度・MVP3位獲得。
2007年新卒で大手証券会社へ入社。
27歳で独立し教育事業会社を運営。4期連続増収の黒字経営や事業拡大を経験。
2019年7月にITプロパートナーズへ入社。
業マインドセットも共に周囲からの高い評価を受ける。
宮武 郁実】通称:いくみん(上:写真中央) 
MVP受賞者インタビュアー
2019年3月ITプロパートナーズへ中途入社。
新規事業Graspy事業部のカスタマーサクセスを担う。



◆◇◆◇月間MVP制度のご紹介◇◆◇◆
ITプロパートナーズでは全社員がその月にValueを最も体現したメンバーを投票して決める月間MVP制度があります。社員一人ひとりが投票し具体的に頑張ったポイントを記載していきます。

定量的な成果はもちろん定性面(Valueの体現を通じた、全体への価値貢献など)も含めて投票されますので全員にチャンスがあります♪(半期ごとの表彰では定量的な成果で表彰する場面もございます。)

チーム力で最大のパフォーマンスを発揮する



宮武:
前回のインタビューで、東條さん・健二郎君の話を聞いてどう思いましたか?
(↑前回インタビューをクリック!)

中村:
健二郎はルーティーンを作るのがうまい。「悩んだ時は、こうする。」とか自分の立ち上がり方を知っている。そこで走っていくのは自分なりにできているなと思う!

ヒデキさんは「要領いいな!」と思うし。

今、定量的に安定してきたタイミングで事業の方にも軸足を伸ばして欲しいなと思います!

まだまだ事業として課題がある中で、独立して事業を見た経験があって、ITプロパートナーズ 事業全体を見て頂くに近い人だと思っている!そんな感じです。(俺は、どの目線から話しているのだろう・・・笑)

宮武:
たかさんは、事業部を兼任しつつ如何にしてタイムマネジメントをしていますか?

中村:
僕は先月と変わらず必死にやっていますよ!
確かに今月は工数が100%じゃ足りない事をやっと自覚できて、だからITプロパートナーズ事業部に関しては、もちろん一人ずつ真摯に向き合うことはブラさず、最小の力で最大のパフォーマンスを発揮できた実感がある

お客様からのご紹介も多く頂いたのも1つの要因だったかな。

宮武:
お客様からご紹介を頂くのは有難いことですよね!

中村:
お客様に対しての時間と、自分以外のメンバーに任せることや依頼の仕方とか《自分×5倍》とか《自分×10倍》の設計ができるよう行動していくのが今後の取り組み目標です。

例えば今の工数割合は、自分のタスクにかかる消費時間を全部把握するようにしていて、今はITプロが3割・Graspyが4割・周りのメンバーに協力してもらう事が3割がベストな時間の使い方かなと。

時間は良い意味で限られているからね。

宮武:
いかにチームや周りの人の協力を得て仕事を進めるかですね!

中村:
本当にその通り!

「自分でやった方が早い」とつい思ってしまう。

それは本当は良くないので、メンバーの成長も考えると周りと協力しながら進めた方が絶対に良いと思う!

任せる時に、快く受け入れてくれる人たちには感謝しなきゃいけないし。

このサイクルで進めると、またMVPとっちゃうよ!(笑) 3連覇だ!

宮武:
3連覇って、創業以来の実績としてありますか?

中村:
3連覇は、今まで一人もいないね。
2連覇は、社員数がまだ15名くらいの時期に経験があるかな。
社員数が50名を目前にして2連覇はいないかも。

人生の転機にあたる重要なサポート

宮武:
東條さんは、入社して間もないですが心に残っているご支援はありますか?

東條:
あるフリーランスエンジニアの方にお仕事をご紹介する際に、希望している条件の案件を中心にご紹介していたのですが、何となく私自身が違和感を感じたことがありました。

私自身がフリーランスエンジニアの方のご志向性やキャリアについて真剣に考え、様々な角度からご提案させて頂いた時に、私の提案をすごく喜んでくださって。

最終的にご提案させて頂いた企業様を全て応募したいというご希望を承りました。

その方は、出来るだけ早く就業することを望まれていたのですが、結果的にリソース不足で開発が進んでいなかった企業様にも、フリーランスエンジニアの方にも喜んで頂く運びとなりWIN-WIN関係を構築出来た時に、この仕事の醍醐味を感じましたね。

起業家の方には、直接お会いしてご面談させて頂いている場合もあるので、感情もひとしおでしたね!

宮武:
起業家・企業様のどちらへに対しても真剣に向き合っているのが伝わります!

東條:
この仕事は「人の人生を変える仕事」だと思っているので。


これは私が自分で教育事業を経営していた時の話なんですけど、子供達の合否を決める時も人生が変わるので。

「人生が変わる」のは、今の仕事も案件を受けてくださる個人の皆様には、「どんな案件と縁があるかは結婚と同じだよ」という話もしますけど、本当にその人の【生きる道】が変わってくるので、人生の転機にあたる重要なサポートをさせて頂いているんだなという気持ちを常に持ってやっています。


そういう気概のある方と一緒に働けたら最高だなと思いますし、弊社だと圧倒的に飛躍・成長すると思います。

この仕事をちゃんと逃げずにやれる人には、個人の方のキャリアを考える力・引き出す力を身につけられると実感しています!



宮武:

たくさんの「人」と出会う仕事ですもんね。

中村:
健二郎は最近、印象に残ったご支援はある? 

健二郎:
僕も起業家・フリーランスの個人の皆様からは感謝の言葉を沢山頂きます。

印象に残っているご支援が1つあるのでご紹介させて頂きたいです!

地方に家族がいて地方で拠点生活をしないといけない起業家の方がいたんです。

最初は正直、ご紹介できる案件が少なくて苦戦してしまい・・・。

というのも、僕が今いる関西エリアは関東と違い、まだまだ「働き方」が固定化しているのが実情です。

「リモートができる」とか「稼働日数が少ない」とかITプロパートナーズでごくごく当然のように提供しているサービスがあまり実現化出来ていない事が多くて。

なので、僕は関西でリモートができる企業を開拓することに力を注ぎ、何とかして起業家の方にリモートで活躍頂ける案件をご紹介させて頂きました。

最終的に、ご満足頂ける収入も得て頂き、やりがいをもって働いているご報告を頂けた時、そんな状況を創れた事が嬉しく、起業家の方には心から感謝されたことが僕にとっては心に残りましたね。 

中村:

健二郎、ちょっと顔赤くなってるよ!(笑)

価値提供というのは、対社外にもそうですし、対社内にも重要ですよね。
どんな仕事でも「人を動かす」「人を巻き込む」という点は、共通して重要なわけで。

弊社に関しては、それが圧倒的な濃度の経験が出来る。

成長するにあたって、本質的にはサービス(何をやっているのか)って関係ないじゃないですか。

何をやっていても「好きな事や、携わりたい事に携わっている人の成長の方が早いのか?」というと必ずしもそうじゃない。

東條:
私、個人的には凄く面白いフェーズで入らせてもらったと思っていますし、メンバー最年長の立場にも関わらず、社員の皆さんは穏やかでとても良くしてくれるなと思っています。

同時に、環境で働く事が出来るチャンスを貰えているなと実感しています。

本当に、この会社に入社出来て良かったなと思います!


関西でシェアNo.1のサービスへ。

東條:
藤井さんに質問したいです!大阪支社の今後の展望を教えてください!

健二郎:
まずはITプロパートナーズ事業を関西でシェアNo.1のサービスにしたいです!

まだまだ、関西ではリモートで仕事ができることが当たり前ではない現状があります。

起業家やフリーランスの皆様も、ご自分の事業を行う一方で、マネタイズの為に仕事を探されている方も多いです。

今は、可能性しかないので僕自身が関西で新しいマーケットを創っていけるよう努めていきたいです。

最近は、起業家やフリーランスの皆様からは、ナレッジが共有できない現状があることを良く聞きます。

例えば《副業サービス》がもっと活性化したら関西エリアに与える影響が大きいなと考えています。 

現状だと、お客様先に訪問を重ねて思うのは《intee》が、かなり魅力を感じてくださる企業様が多く、ご期待頂いている事を感じています。

inteeも関西圏で当たり前のサービスに成長させていきたいです。

東條:
新卒サービスは関西でも沢山あると思うのですが、お客様にとってinteeサービスの魅力は何ですか?

健二郎:
そうですね。
inteeサービスは、ベンチャー・スタートアップに興味関心のある学生やプログラミングを学びたい意欲のある学生、または既にプログラミングを学んだ学生さんも多く利用してくださっているサービスじゃないですか。

そういった学生さんに愛されているサービスって、関西ではまだない気がします。

東條:
完全にシェアをとっていけるブルーオーシャンということですね!

健二郎:
そうですね。

そういった意味では、関東よりもポテンシャルを兼ね備えていますし、事業での接点だけでなく、学生のキャリアを考えられるかのコミュニティ創りとしても取り組んでいるので、そいうサービスも関西では、まだ少ないかなと思っていて。

inteeが提供している情報の量が質の高いサービスになってるので関西圏でも「役に立つ・意味のあること」だと思っています。

東條:
ありがとうございます!

受賞者の今後の展望

宮武:
今後の展望を一言ずつください!

中村:
まずはGraspyで登録者5万人!登録企業を300社を目指します!

今期、会社として大きな売り上げ目標もあるので、もちろんマストで達成しながらもGraspyはマーケットからも求められているサービスだと思うので、まずはまだGraspyを知らない企業人事の方が当たり前に使っていただくサービスにしたいと思います!

東條:
3年後には支社立ち上げの責任を持ちたいです!

中村:
健二郎の野望は?

健二郎:
関西で、テッペンをとる!


ITプロパートナーズシェアがNo1!

大阪を本社にしちゃいたいくらいの!

中村:
素晴らしい!大阪盛り上げてくれよ!!

株式会社Hajimari(旧:株式会社ITプロパートナーズ)では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう