1
/
5

総額約21億円の資金調達を実施!CLASのビジョン、「"暮らす"を自由に、軽やかに」を実現するためには?│第2回ボードメンバーインタビュー

この度、CLASは総額約21億円の資金調達を実施いたしました。

<プレスリリース>
CLAS、総額約21億円の資金調達を実施。「サブスクリプションサービスのマーケットプレイス」へ
~採用を強化し、循環型でサステナブルな「ものを捨てない社会づくり」実現を加速~

資金調達によってどんな世界をCLASが実現しようとしているのか、また、そのためにどんな組織でありたいか。
CLAS代表の久保と取締役CTOの山下をはじめ、ボードメンバーにインタビューしました。
全3回にわたって、それぞれの想いを語ります。(第1回第2回、第3回)

(左から中島、早川、山下、久保、太田)

第1回では、CLASが注目されている背景や、これからどんな組織でありたいか?について、回答いただきましたが、CLASで働くメンバーとして、どのような意識を持つことが重要でしょうか?

(取締役CTO:山下)Value、Value、Value!!

(EC運営チーム ジェネラルマネージャー:早川)バリューへの共感!

─被りました(笑)。CLASで働くメンバーは、とにかくバリューが大事、ということですね!?

                  CLASの5つのバリュー
(※CLASでは行動指針となる5つのバリューを重視し、半期に一度バリューAWARDで表彰しています。)

(執行役員兼管理部長:中島)そうですね。CLASで働くメンバーで重要なことは、一言で言えばバリューの体現、になると思います。特に「主体的であろう」「変化にしなやかに、したたかに」は重視したいと考えています。今までの3年間もですが、今後も成長のスピードは速く、変化もめちゃくちゃあるので、その変化を上手く利用しながら、主体的にチャンレンジしていく、ということはとても大事ですね。

(法人チーム ジェネラルマネージャー:太田)私はバリューの体現、そしてスキルアップを意識することが大事だと思います。私も日々自身に言い聞かせていますが、特に「最高以上を目指そう」は意識だけではなく、かなりの努力も必要になります。

─なるほど。具体的にどうあれば、バリューを体現できるでしょうか。

(代表取締役社長:久保)繰り返しになりますが、”成長”への意識は重要ですね。成長をするためには、自分の殻や限界を超えた挑戦と、それをやり遂げることが必要になります。そして、そういった挑戦を、会社としても組織としても、きちんと後押しできる様にいたいと常に思っています。
(※CLASでは、マネージャー研修やメンバー向けの研修を実施し、成長と経験の機会を最大限提供しています。)

─バリューを体現した先に、CLASの「"暮らす"を自由に、軽やかに」というビジョンを実現するためには、何が求められますか?

(中島)前回もお話した通り、世の中の流れとして、お客さん視点、社会的な視点でもニーズが顕在化している中で、いまCLASが向かっている方向性は間違ってないと思います。
あとは一つずつ愚直にやっていくこと。また、今後社内の人数も増えていくと思うので、ビジョンを崩さず、浸透していること、が大事かと思います。

(太田)既に「軽やかに暮らす」時代は始まっていると思います。今以上に時代に沿ったサービスの向上を実直にやり続けることで実現できると思います。家具・家電やインテリア製品だけでなく、インフラから食材まで生活のすべてを支えるサービスになっていくことが、ビジョンの実現と考えています。

─まさに、「サブスクリプションサービスのマーケットプレイス」ですね!

(早川)本質的にお客様の暮らしにどんなお手伝いができるのかを知ることが必要です。商品・物流・カスタマーサクセス/サポート…全てが連動して、誰もがお客様の暮らしのためにお手伝いできることに想像力を持つことが大切だと思います。

(久保)お客様に最高以上のUX(ユーザー体験)を提供することを最優先に、がむしゃらに突き詰めて行くことで、「"暮らす"を自由に、軽やかに」というビジョンが実現できると思います。お客様の声にきちんと耳を傾け、その期待値を超えるUXを開発していきたいと考えています。

(山下)そのためにも、ビジョンに共感してくれる仲間を増やして行くことが必要ですね。

─それでは、最後に。ビジョンに共感する仲間を増やして行く…との事ですが、応募いただいた方の、「ここを見てます!」などあれば教えてください!!

(太田)CLASのバリューに合いそうな方、結果にコミットできる方。あとはやはり、人柄です。

(早川)人への興味ですね。人に興味がなければお客様のことは想像できないと思っているので、良いストーリーでも、悪いストーリーでも経験を素直にお話しいただきたいです。

(山下)スキルはもとより、バリューへのフィットをしっかり見ています。そしてスタートアップベンチャーの一員として、挑戦する気概。

(中島)色々ありますが、スキルやバリューは皆さんみると思うので、あえてそれ以外で言うと、成長意欲・可否(素直さや自分を客観視できる)みたいなところですね。
やはり、会社が成長していくためには個人の成長が不可欠ですし、入社してくれる人もクラスを通じて成長することで自分の可能性を広げて欲しいと考えると、「成長できるか」という観点は大事と考えています。
成長していく人を考えると、自分の足りてないところを理解・認識し、自分での振り返りや他の人の行動・意見、などを素直に受け入れられることポイントかなと思います。ここは性格的な部分もあるので、一定みさせていただいたりしております。

(久保)最終的には、それぞれがどんな人生を歩んできて、今後どんな人生を歩みたいのか。CLASでの時間が、その人の今後の人生にとってポジティブなものであるのかどうか、を見ていますね。

第3回では、代表久保と取締役CTO山下によるCLAS創業時の裏話や、今回出資を決めていただいた方からCLASへの期待などについてお話いたします!

【資金調達について、複数のメディアに取り上げていただきました。】

日本経済新聞:家具サブスクのクラス、商品拡充へ21億円調達
CNET Japan:クラス、総額21億円の資金調達--100名規模採用でサブスクのマーケットプレイスへ
DIAMOND SIGNAL:家具サブスク「CLAS」が約21億円の大型調達、2年で商品数を10倍へ
BRIDGE:家具・家電サブスクのクラス、GCPやモノフルから21億円を調達——2年後のIPOが目標、取扱ジャンルは生活インフラに拡大へ
TechCrunch:家具と家電のサブスク「CLAS」が約21億円調達、提供エリア・取り扱いジャンル・商品点数を拡大しマーケットプレイスとして加速

株式会社クラスでは一緒に働く仲間を募集しています
29 いいね!
29 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング