This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

実は知らない?正しい接遇!より良い顧客体験のために、接遇研修を行いました。

こんにちは。CAPSです。突然ですが、クリニックのスタッフさんに皆様どういった印象をお持ちでしょうか。私たちCAPSは、「クリニックはホスピタリティ溢れる場所でありたい」という考えを持っています。正しいホスピタリティを提供するためには、患者さんの様子を察する為ある程度の医療的知識や、正しいサービスを行う為の接遇を知る必要があります。

ここでいう「患者さんの様子を察する為のある程度の医療的知識」は、毎月新入職者に向けて医療基礎研修を実施しています。


そして、正しいホスピタリティを提供するための接遇に関しては「接遇研修」を行うことでその目標の実現を目指しています。

今回は接遇を知り尽くしたプロフェッショナル、元客室乗務員の先生をお招きして、1日で接遇について学びを深めました。

内容は、こんな感じ。


そして、研修の最初はこんなワークから。新卒で入社したての頃にこのワークを行ったことのある方もいらっしゃるかもしれません。社会人の基礎として、改めて自分自身と向き合うワークです。


そのあとは、インプットを行って、


ひたすら実践、実践、実践!


受講者全員の前でそれぞれ実践。みなさん最初はとっても緊張している様子ですが・・・

挨拶の仕方や、お辞儀の仕方から、正しい対応の仕方など、ホスピタリティに関するいろはをまるっと学ぶことのできる1日でした!


こういった研修の積み重ねが今日のクリニック運営を支えています。一人でも多くの患者さんに気持ちよく、元気に、幸せになってもらえますように。

世界中の幸せの総量の最大化、これがCAPSのミッションです♪

CAPS株式会社(旧:メディカルフィットネスラボラトリー株式会社)では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう