1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「陰から陽に変われたのは、間違いなくこのリバラボのおかげ」/埼玉4連覇に大きく貢献した期待の新人・Yudai が味わった、昇格までの苦悩

こんにちは、広報部のきこりんです。
雄大は今年の1月、リバラボにジョインしたばかりの新人。入社当時は「暗すぎる! 」と言われていた彼は、この3ヵ月で大きく変化し、新人にして最速のLEADER昇格を果たします。まさに「陰から陽への覚醒」。一体何が彼を突き動かしたのでしょうか? 活躍の謎を紐解いていきましょう!

 <LEADER昇格の条件>
月間売上1,000,000円を、2ヵ月連続達成することが条件になります。

■本来の自分を取り戻した3ヵ月

-最初の頃に比べて笑顔が増えたね!
【雄大】
 それは三浦社長にも言われました、「雄大、表情違うね! 」って。最初は誰とも話せなかったんです、別に話したいとも思わなくて。営業だし、自分一人でやっていけるっしょって内心思っていました。

※入社当時の雄大 (左) と現在 (右) 。

 埼玉に配属されて2週間が過ぎた頃、翔太さん (雄大の直上) と友基さん (現在の埼玉支局長) と木村さん (営業本部 部長) に事務所でのあり方をすごく叱られたんです、「何で自分を出さないの? 」って。その時初めて自分の中で、何で自分ってこんなに暗いんだろう、と考えたんです。そこで気付いたのが、自分が学生の時怒られるのが嫌いで、いつも先生や周りの顔色を伺ったり、機嫌を取って生きてきました。そしてもし、本当の自分を見せた時に拒絶されたらどうしよう…と思っていたんです。それを木村さんたちに伝えると、「絶対拒絶なんてしないから、出していけよ! 」と言われて。

-ふむふむ。そして?
【雄大】
 受け入れてくれるんだと嬉しかった反面、どう変わればいいか分かりませんでした。でもふと周りを見回した時、成績がいいメンバーや先輩って、発言量が圧倒的に多いなって気付いたんです。なので、その日からそんな先輩達をとにかく真似していくようにすると、素の自分が自然と表現できるようになり、本来持っていた明るさを出せるようになりました。

 最初は誰とも話したくなかったのに、今では対策中にもメンバーに電話をして相談したり、上手く売上が取れていない人に電話して励ましたりするようになったので、自分でもビックリしてます。(笑) でもこれって、今後自分の将来でも必要になるスキルですし、強みにもなるので今身につけられて良かったと思います。

※左から文人、雄大、翔太 (雄大の直上)

-そっか~、覚醒したのね!
【雄大】
 そうッスね~! 今ではメンバーからよく「特異点」って言われます。(笑)

-特異点って何? (笑)
【雄大】
 なんか、皆よりちょっとずれてるんですよね、自分。(笑) なんか盛り上げようとしても皆から「雄大どうした? 」ってなるし、なんだろう、ちょっと人と違うんですよ…。

-……OK! (あんまり分からなかった)

■成功イメージを掴むまで

-売上も最初は伸び悩んでたよね。どうやって100万プレイヤーまで持っていたのかな?
【雄大】
 これに関しては本当に文人さんに感謝しています…!

-お~! なぜ?
【雄大】
 配属されて1ヵ月が経っても全然売上が取れなくて。お客様を目の前にすると全然上手く話せないんですよね。そんな時に文人さんから「1回一緒に出ようか? 」と帯同 (一緒に営業に出ること) の提案があり、一緒に回ったんです。その時、文人さんが1日で8万の売上を獲得する背中を見せてくれて、初めて売上獲得までのリアルな成功イメージを掴むことが出来ました。

 でも2月って、実は文人さんも売上をあまり出せてなかったんです。そんな中で帯同してくれたこと、そして結果を出して背中を見せてくれたことにとても感謝しています!

※研修生の1日の平均売り上げは2~3万と言われています。


※文人 (左) と雄大 (右) 。

-それからは順調だったの?
【雄大】
 成功イメージも掴めたので、途中まで上手くいっていたのですが、3月に2回沈んだ時がありました。

 1つ目は、「スタンスのブレ」です。お客様とフルトークすることにこだわってしまい、話を聞き過ぎたり、逆に話を遮ってしまったりと、自分の中のスタイルがブレてしまい、それが売上にも響いていきました。3月の中旬までそれが続いたので、まずは毎日10人のお客様に会うことだけを意識するようにしたら売上がどんどん伸びていきました。

 2つ目は、陰の自分が出てきてしまって。(笑) 3月終盤、LEADERになるにはあと18万を残り3日で取る必要がありました。1日の平均売上を考えるとかなり絶望的で1人で落ち込んでいたところ、支局長の広太さんが帯同についてくれました。そしたら文人さん同様、目の前で1日8万を取ってくれたんです。上の人が諦めないでいるのに、なんで自分が勝手に諦めてるんだ! と勇気づけられ、翌日、広太さんと直上の翔太さんの助けもあり、10万取ることができ100万達成、このLEADER昇格が決まりました。

※表彰される埼玉支局メンバー。右から廣太、将司、雄大、広太 (支局長) 、太一、翔太、文人、雄大。埼玉支局は同じ名前が複数いるみたいですね!

■埼玉支局のヒミツ

 埼玉支局は3月、全支局売上ランキングで1位を4連覇するというリバラボ始まって以来初の偉業を成し遂げます。これに新人にして大きく貢献した雄大に、最強埼玉の秘密を聞いてみました。

-雄大からみて、今回の4連覇は何が起因してると思う?
【雄大】
 文人さんが決めた支局理念「One for all, All for one」を全員が意識できていることと、「分析力と行動力」じゃないですかね! 一人一人が言われたことだけでなく、考えて行動しているんですよ。例えば一つの課題を立てた時、必ずその理由を考えるんです。なぜそれが課題なのか、その課題をクリアすると何が改善されて、自分たちがどうなるのか。

-わ~それって出来そうでなかなかできないよね…きこりんも意識しないと…(ボソッ)
【雄大】
 (笑) そうなんです、出来そうで難しいんですよ~。自分もまだまだ勉強中ですが! 数値を追うだけなら誰にだって出来ますが、何のために追うのか理由を考えて、出来なかった時はその理由を分析する、そして次回にいかしていくっていう綺麗なPDCAを、埼玉支局は回せてるのかなと思います!

-逆に課題はある?
【雄大】
 やっぱり支局長だった広太さんがずば抜けてすごかったで、(笑) 広太さんが抜けた後も今以上の雰囲気を成績を取れるかだと思います。でもそれは、埼玉支局がいかにすごいか証明するチャンスだと思うので、もっと上をめざして頑張ります。

※中央でケーキを持つのが支局長の広太。3月にリバラボを卒業しました。4月より左下の友基が埼玉支局の支局長です。

 LEADERになったということは、部下がついてマネジメントのフェーズにも入りますので、先輩たちが自分に見せてくれたカッコいい背中を、自分も見せてあげれるように頑張ります!

-うんうん! これからが楽しみだ!

LEADERに最短で昇格した雄大の次の目標はMANAGER。
達成には個人の売上はもちろん、部下の育成というマネジメント力も必要とされます。
飛躍し続ける彼の、次なるインタビューをお送りする日も近いかもしれませんね。

次回は埼玉支局の理念を作り、MANAGERへと昇格した文人に話を聞きますよ! お楽しみに!

→Click to Yudai's Profile

株式会社3Backsでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう